« 大人力アップ作戦 | トップページ | アラビア釜の謎 »

2006年6月11日 (日)

松本かつぢを知っていますか?

日本のキャラクターグッズの元祖、松本かつぢ展へ行ってきました。
場所はおなじみ東大前の弥生美術館。東大はカッコイイですねー。
いつものように併設のカフェでお昼を食べ、割引券をもらって(笑)入場しました。

きっとわたしと同世代の人は「この絵、見たことある!」と思うと思います。
それだけ当時は大人気で、きっとこの人に影響を受けた弟子の絵のグッズとか、
きっと持ってたと思うの。
グッズによく描かれた2頭身の天使ちゃんのバランスなんかは
本当になじみがあって懐かしいです。

で、こんなマンガっぽい絵を量産していながら、抒情派の絵も描ける!
シルエットのみの影絵のような絵も描ける!西部劇の汚いオヤジの絵も描ける!!
基本デッサンがしっかりしているので、どんなバランスの絵も自由自在に
描けるんですねー!
いろんなタッチを描き分けた、マルチなイラストレーター&アートディレクターです。
(なんか、同じようなこと岩田専太郎氏の時も書いたような…。この時代の人は
すごいなあ。勉強量がちがうのでしょうねー。浅学なこの身を反省するのです。)

少女雑誌の挿画では、中原淳一と人気を二分していたそうです。
ヨーロッパ調のおとなびた女の子は中原淳一、アメリカ風の元気な女の子は
松本かつぢ、と、好きな挿絵画家で性格もわかっていたそうな。
今でいうとジャニーズ好きとバンド好きのような感じかな?

いちばん目を奪われたのは「真夏の夜の夢」の挿画。
ステンドグラスのような色使い!とても好みの人体デッサン!
山田章博のような影のつけ方!(←ポインツ!(笑))
色もすごくキレイに残っていて、原画はすばらしく美しかったです。
欲しいーーー!!

そのすぐ横に2頭身のカルタが展示されてるのが、学芸員さんの心意気(笑)。

いちばん展示が多かったのは、代表作の「くるくるクルミちゃん」。
かわいーーーんですよ!等身のバランスが!手足のポーズが!
子供たちからは「可愛い妹分」として迎えられたとのことですが、
今だったらロリータ趣味のお兄さんたちもメロメロです。間違いないです。
基本ロリータ趣味のわたしもメロメロです(笑)。
かわいいーーー☆
子供の頃、こんなグッズがいっぱいあったら大興奮だっただろうなあ…。
アイデアマンなんですよ、松本かつぢ。
少女雑誌の付録のアップリケの原案集、欲しいなあ。いいなあー、当時の子供!

駄目押しは、オットコマエなんです、松本かつぢ(笑)!
昔の写真ていい感じに褪せてて、雰囲気があるじゃないですか。
それも相まって、カッコイイんです!モダンボーイです!鼻筋通っててね!
しかも人にプレゼントするのが大好き(=人に喜んでもらうのが大好き)な
サービス精神溢れた人!こりゃあ、人気出ますよねえ!

雨の中友人水っちと二人、メロメロしながら美術館を後にしたのでした。
可愛かったーー!美しかったーー!かっこよかったーーーー!!!

その後、白金へ移動し庭園美術館へ。
その話はまた後日。

|

« 大人力アップ作戦 | トップページ | アラビア釜の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人力アップ作戦 | トップページ | アラビア釜の謎 »