« またも、有楽町へ | トップページ | 恵比寿ブコ »

2006年11月 6日 (月)

表参道クルーズ

連休最後の今日、今の会社の同僚と待ち合わせ、
芸術巡りをしましたよ☆

まずは、スパイラルホールのD−BROS「GとPのあいだ」展。
グラフィックデザインの会社のブランドの展示だったのですが、
「気持ちを明るくするためのグラフィックデザイン」というコンセプトが
よく伝わる、アイデア満載の楽しい展示でした!
面白かった〜〜!
ガラスケースの中に花や鳥のイラストを展示して、
どこまでも続く大平原にしてみせたり。湖も深ーーく!
(文章にするとありきたりなんですが、すごく目からウロコだったのですよ!)
モチーフ自体はものすごくリリカル。赤ずきんとかね。可愛かったですー!
「誰にでもわかる言葉やモチーフを使って、わかりやすく、”刺さる”ものをつくる」って
すごーーくカッコイイと思うんです!
難しい言葉や、英語とかでなんとなくいい感じに見せよう、というのは
すごく安易だと思うのですよ。
カタカナ使えばカッコいいと思うなよ!と熱くなってしまう事がしばしばあります…。


スパイラルを出てご飯を食べたあとは、
現在企画展示中の岡本太郎記念館へ。
061105_
お出迎えしてくれる、奇妙などうぶつ。

ドアノブが足の形をしていたり、
椅子のタイトルが「座る事を拒否した椅子」だったり
岡本作品では、立体造形の方が好きです。

企画展では、大量の絵が床から天井まで張り出されていました。
…こわいよう(泣)
人の感情のほとばしりを目の当たりにするのは、
大変怖いです。
でも岡本作品って、「他人に対する怒り」で描いてる
わけではない気がします。
自分との闘い、とか。自分の心の中の葛藤、とか。
言葉にするとまたありきたりですが、
心象風景を忠実に描いているような感じ、で
圧倒されます。
しばらく二人で口を開けて放心状態。ぽかーーん、と(笑)

061105__1
常設展では
太郎の仕事部屋の復元が。
ほら、立体の造形は可愛い。
大きすぎるリボンがキュート☆

そんな芸術オーラを浴びたあとは、
「うっかり着物買っちゃいました!(帯その他持ってないのに!)」
という同僚を引き連れて、表参道アンティーク着物屋さんクルーズを。
途中、小さいギャラリーに寄っては名刺を配ってみたり(笑)
おお、ワーキングガール風!←?

同僚は、最初に行った「agaru」で帯をゲット!
次に行った「大江戸和子」できものベルト(腰紐ゴムバージョン)をゲット!
そのまた次の、「原宿シカゴ」で半幅帯をゲット!!
いける!もう着られる!取り急ぎ、長襦袢いらないから!肌襦袢に半襟でいいから!
着付けも慣れだから!と叱咤激励。着物仲間が増えて嬉しいなー♪

その後寄ったインド・ネパール料理屋さんのカレーとナンが
すーーんごく美味しかったです!!びっくりするくらい!
好きな絵やデザインをいっぱい観て、いい買い物をして、美味しいご飯を食べて、
なんて充実した連休の締めくくりでしょう!
幸せーーー♪

負のオーラが落とされた感じです♪
今週は気持ちを新たに、頑張るぞ〜〜〜☆

|

« またも、有楽町へ | トップページ | 恵比寿ブコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/4079372

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道クルーズ:

« またも、有楽町へ | トップページ | 恵比寿ブコ »