« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

ホロホロと、いちごムース

今日はいちごムースを作りましたよ。
070331_
前回作ったカシスムースよりも酸味が少なく、
淡い桜色が女の子らしい優しい味わいです。

ムース系はグラスに盛って、一人分にしてもいいかもしれません。
苺を飾ったりして。
わあ、可愛い♪

070331__1

その名も桜木町の桜は、今が見頃のようです。
桜並木は通り過ぎる人が皆、ほんのりと笑顔になって
幸せそうです。
春はいいですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

桜マニア?

今日は朝は雨がしとしとで桜が心配でしたが、
お昼にはしっかり元気に咲いておりました。
えらい!

これは昨日撮った写真ですが。
070329__1

もひとつ!
070329__2

桜の花道。おっと、スラムダンク…ニアミス。

近所の川沿いの桜はまだ三分咲きくらいでした。
東京と横浜で、そんなに温度が違うのかな。
日当たりの違いもあるのでしょうね。

ランチに若者向けおしゃれカフェに行ったら、
おじいちゃんとおばあちゃん、とか
おばあちゃんと孫、とか
普段と客層が違っていて、
なんだかほのぼのしました。
いいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、咲き誇る

目黒川沿いの桜並木、満開です!
070329_

夢のようにきれいでした〜〜♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

タイガーと呼ばないで

タリーズコーヒーのブックレット
070326_21
コーヒー豆の説明で
「フレンチロースト」の欄にはエッフェル塔など、
そのネーミングや収穫する土地などに合わせた
イラストが描いてあります。

おやおや?
070326__1
いけませんなあ。

スマトラと言ったら
トラでしょう、やっぱり。

以前NHKのニュースで
真面目な顔でアナウンサーさんが
「絶滅が危ぶまれるスマトラトラ…」と言った時の
インパクトといったら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

早よ咲きたいと待っている

会社のご近所を流れる目黒川の桜並木に、
ほんのりとピンクの霞がかかってきました。

つぼみもだいぶふくらんで、
あと2、3日で咲きそうです。
070326_

去年の4月はまだこの会社にいませんでしたが、
目黒の会社に勤めていたので
この先の目黒川沿いの桜を見物していました。

そんなに目黒川好きか!と突っ込まれそう(笑)。

今日は、いつも空いているお店も
お散歩のおじいちゃん・おばあちゃんや
家族連れで賑わっていて、
危うくランチ難民になりかけました。
ちょっと離れたカフェに落ち着き、一安心。

開花がニュースになる素敵な国花は
人の心を浮き足立たせるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

イラスト日和

強風吹きすさぶ今日、
レイモン・サヴィニャック展→リサ&ガスパール展→ムーミン展
に行ってきました。
イラスト&絵本三昧の日。うふふん♪

まずはbunkamuraギャラリーのサヴィニャック展。

ガラス張りの会場の近くに寄った時点でもう
「可っ愛いい〜〜〜☆」
女子高生か!と突っ込まれそうな黄色い歓声を上げてしまいました。
分かりやすく、遠くからでも目を引くポップな色使いに釘付けです!
この大胆さとコンセプトの深さが、見る人を魅了するんですねー。

きゃあきゃあ言いながら見ていたら、
ハイカラなオジサマが声を掛けてくれました。
「サヴィニャック好きなの?」
作品や、作品集の解説をしてくれて、でも
物を売りつけるっぽくはなくて
誰だろう? 何だろうこの人??
と思っていたのですが、
帰り際チラシの裏を見てみたら
この日講演予定のサヴィニャックコレクターの方でした!
女の子がきゃあきゃあ言いながら見ているのを、
微笑ましく見てたんだろうなあ、と思うと
ちょっと恥ずかしい。。。へへ。

念願のサヴィニャック、
ポスターのサイズでいっぱい見る事ができて、
とても楽しかったです。
本のサイズで見るのとは迫力が違いました。
やっぱりポスター作家ですもの!

それから銀座へ移動。
松屋ギャラリーで「リサとガスパール展」ですが、
これが!予想以上に大混雑!!
リサとガスパールが、こんなに人気あったなんて!

そして、あまり本の内容はちゃんと読んだ事のなかったわたしたち。
リサとガスパールが、こんなにやんちゃな子たちだったなんて!
「ほのぼの仲良し」さんたちかと思っていたら、
結構ケンカもするし意地悪もする。
そして、本当に「コドモ力」溢れるいたずら小僧どもでした。
これは子どもに人気あるわけです。
友達の誕生日プレゼントがうらやましくて意地悪したり、
雨の日おウチにいるのが退屈で家の中をめちゃめちゃにしてみたり。
子どもらしさがリアルですもの。
そしてリサ。あんなに点目・無表情で愛くるしいのに、なんと獰猛なこと。
こういうキャラだったのですねー。
いろいろ突っ込みを入れつつ周り、
楽しかったです♪
絵は油彩とアクリルで、あんな単純な線のキャラクターなのに
立体感や空気感があって素敵でした。
この原画だったら部屋に飾っていてもとてもおしゃれだと思います。

ちなみにリサとガスパールは犬でもウサギでもない、不思議な動物、
だそうです。
ウサギかと思ってた…。

外のミュージアムショップも黒山の人だかり。
愛くるしい風貌はグッズになりやすいようで、
かなりの種類のグッズでいっぱいでした。
しかし本当にすごい人気あったんですね…。

その後、三越催事場でやっていたムーミン展のポスターを
偶然見つけ、行ってみました☆
リサ&ガスパール展と比べるとすごく落ち着いた展示場。
トーベ・ヤンソンの原画は少しでしたが、
あのウツロな感じ&カラフルに色づけされたもの、があり
北欧ってまたバランスが違うんだなあ。。と新鮮でした。
(前の二つがフランスものだったので)
全体的に物悲しい雰囲気があるように感じるのは
気のせいでしょうか。
「長い冬」みたいな。
070325_1815
これは記念撮影コーナー。
このコーナーを撮影している人はいましたが、
一緒に写真をとってる人はいませんでした。。

雑貨コーナーが大きくとってありました。
ムーミンはデザイン性もある可愛い雑貨がたくさんありますものね。
やんわりと廻って目の保養。
画集とかあったらいいのに〜。

さすがに3つの会場を廻るとちょっと疲れましたー。
でも好きなものばかりで面白かったです!
こういうの見ると、また絵を描きたくなってしまうのですよね。
うん、がんばろう☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サムライトーク

佐藤可士和講演会に行ってきましたよーー!
場所は可士和さんのロゴが眩しい、
黒川紀章氏設計の国立新美術館。
070324_2
3階まで吹き抜けの天井、その天井までの大きな窓、
板張りの床、透明なエレベーター。。。
海外の空港のロビーみたい。
おされーー☆
070324_3
3階にも中庭(?)があったりして、すごい凝ったつくりです。
この日は講堂で講演会だったので展示室は見れず。
好みの企画展があったらぜひ行ってみたいなあ。
展示も凝ってそう☆

さて可士和さんの講演会は、個人事務所「サムライ」の名前の由来とか
今までの作品の解説とか、各可士和本を読んでいる人には
だいたいもうわかってる内容だったのですが、
この講演はデザイン業界の人、というよりは
美術館に来る一般の人向けだったので、こういう内容になったのでしょう。
すでに知ってる内容でも、本人の口から改めて作品コンセプトとか
発想のツボなんかを聞くと、改めてすごいなあ…と思うのです。
そう、発想の視点とかを、惜しみなく公開してくれるんですよねー!
かっこいい!
すんごい余裕があるのでしょうねー。

そして、今回は特に一般向けだったからかもしれないんですが、
本当に分かりやすく、専門用語とかほとんど使わないで
解説してくれるのです。
これだけ同じ業界に長くいて(しかも第一線で!)、
自分の仕事と全然関係ない人に、自然に説明ができるって
すごいことですよ!!

本を読んでも、講演でも、一環して流れる理念は
「デザインとは、視覚を使ったコミュニケーションである」

そう!
全てはそこに行き着くんですねぇ。

デザインに限らず、
ものをつくる人は全てに於いてコミュニケーションツールを
つくっていると、意識しなければだめだよなぁ。
すごく充実した2時間でした。楽しかった!

木と土と風を材料に、”こどもはあそぶのが仕事”と
「あそびに行くのが楽しくなる幼稚園」を作り上げた可士和さんが、
今、着手しているのは病院のデザインだそうです。
「”行くのが憂鬱だから”と病院へ行かないで、無理してしまう人々の
ハードルを低くすることができたらいいと思う」って。

きっと気持ちいい病院なのでしょうねえ。楽しみですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

立場逆転

以前買った短編集「御手洗潔のメロディ」を
途中までしか読んでいない事を思い出し
電車の中でちまちまと読んでいます。

…石岡くんて、こんなにダメだったっけ!?
こんなにイライラするキャラだったかしら??
初めて「占星術殺人事件」を読んだ時は、
エキセントリックな御手洗に振り回されて
気の毒な一般人、というイメージで読んでいて
同情すらしていたのに。

今では御手洗が極普通の人に見えます。
石岡くんの方が「変わった人…」という感じです。

時間の経過って怖いわあ…。



御手洗潔のメロディ

Book
御手洗潔のメロディ

著者:島田 荘司

販売元:講談社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

まだ途中までしか読んでません。
頑張ります…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

春来たりなば

ずっとぼんやりしていたこの3ヶ月間が嘘のように
なんだか頭がクリアになってきました。

喘息の発作を抑えるという薬は吸引しているのですが、
鼻炎の薬が切れたので飲まなくなったのですよ。
ずーーーーっと、昼も夜も眠くて眠くて
ぼんやりと霞がかかったような生活だったのは、
どうやら薬のためだったようです。
薬とは合わないんですかね…。
鼻詰まりは薬以外で何か考えようかな。
鍼灸とか……。ううむ。

昨日、やたら張り切って掃除をしたのは、
気分が前向きになってきた証拠かもしれません?
キレイな部屋へ帰るのは気持ちがいいです。
うふふ。

春に向けて模様替え、したいなあ。
まずはカーテン!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

磨け!そうじ力

今日は昼からのっそり起きだして、
ゆうるりとお風呂に入った後は
ガッツリ部屋の片付けをがんばりました!

かなり床のスペースが広くなってホッと一息。
まだ時間も気力もあるので、と
ひざびさに加湿器のお掃除をすることに。
なぜか今日はやる気満々です。
いざ!!


…うわあ………。


溜まった水垢を布と綿棒でこそぎ落とし、
ちょっと半泣きでお掃除。。
ここから出る空気をずっと吸っていたわけですよね…。
ああ………。

お部屋も空気もキレイになったあとは
なんだか体調まで良くなった気がします。

単純。えへへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

カシスムース

今日はお菓子教室。
070317_
カシスのムースです。

甘酸っぱくてふわふわ☆で美味しい〜〜の!
3時のおやつに、食後のデザートに、と
1日で1ホール食べてしまいました………。

作っている時のボウルや泡立て器がピンク色に染まって
可愛かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸術の春

春、興味ある企画展は。

◆「リサとガスパール&ぺネロペ展」 3/14~3/26 銀座松屋ギャラリー

◆「レイモン・サヴィニャック展」 3/18~4/1 bunkamuraギャラリー

◆「挿絵画家 志村立美展」 1/3~4/1 弥生美術館

◆「モダン日本の里帰り 大正シック」 4/14~7/1 庭園美術館


4月には「ジャポニズムのテーブルウェア展」と「動物絵画の100年」展も
行きたいし、東博でダヴィンチ展もやるんですよねー(混みそう。。)。
忙しい週末になりそうです。

ところで、今の会社に入ってから
確実に美術展に行く回数が増えた気がします。
やはりストレスかしら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

情けは人のためならず

まだまだ体調は万全ではないですが、
だいぶ咳も治まってきましたよー。

しかし、今朝電車でおばあさんに席を譲ったら
「まあ!アナタどこで降りるの?
○○?まだ遠いじゃない!大丈夫?」
と、心配されました…。
端から見ると、まだまだ具合悪そうなのでしょうか。
いや、だいぶ良くなってきているのですよー。

ところで通勤に使っている東横線、
優先席の若者着席率が高い気がします。
しかも乗車後一目散に席に座り、速攻で寝る。。
横浜市営地下鉄ではわりと席を譲る人を見かけますが、
東横線では見た事ないかもです。。
(老人自体も少ないのですけど)
わたしがお年寄りに席を譲った時に
お菓子を貰う率が一番高いのも東横線です。
(「本当にありがとうねー」と、今買ったばかりという高級菓子を貰ったり…)
それを考えると、本当に譲る人が少ないのかもしれないですね。

そんな東横線ですが、ここ最近の体調不良で呼吸困難になった時
席を譲っていただいて大変助かったことがあります。

情けは人のためならず。
人に情けをかけると、巡り巡って自分に帰ってくる、ということわざ。
昔の人はうまいこと言ったものですねい☆

あんまり情がからむのも面倒ですが、
いい感じで「小さな親切」が循環するといいですねえ。
人にさりげなく優しくできる余裕がある人って
成熟してて、カッコイイですしね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

ここは紅天女のふるさと…

タイトルに偽りあり。

昨日は青梅市梅の公園に行ってまいりましたー!
この日は朝方かなり雨が降っていましたが、
現地に着いたらまた、雲一つない快晴。
さすが晴れ女でしょ、わたし!

青梅の町は、すごかったです。
まず、公園に行くまでの道のりずっと梅!
神社にも梅!
お店にも梅!
一般家庭の庭にも梅!
町全体で、梅の公園に協力しているようで
本当に梅の香り溢れる素敵な町でした。
(わたしは鼻詰まりでしたが)

そして真打、その名も「梅の公園」
山一つ、すべて梅!
070311_2

上を見ても梅!
070311_1518

下を見ても梅!
070311_3

前を向いても梅!
070311_4

後を向いても梅!
070311_

日頃の行いがいいせいか、ちょうど見頃の満開で!
それぞれの木で、枝で、競うように咲き誇っていて可愛いやら美しいやら。
どの花に狙いを定めていいやら、シャッター切るのも迷う迷う!
家族連れも、老人カップルも、さわやかな若いカップルも、
なにやら事情のありそうなアベックも、犬も鳥も、みんな幸せそうに
香りを楽しみながら散策していて、楽しそうなの♪
わたしたちも写真だ香りだとテンション大盛り上がり
すごく疲れたけど楽しかったーーー!

むせかえるような梅の中、梅の品種に「月影」という名前を
見つけてしまったからさあ大変☆
「…わたしは死ねない!紅天女を育てるまでは!」

ああ、始まってしまいましたよ、セリフが。
マヤ、恐ろしい子…。

しかし、本当に梅の木の精霊と出会ってもおかしくないほどの
幽玄な世界でした。
そりゃあ創作意欲が湧きますよ、こんなところだったら。
まさに桃源郷という感じ。いや、桃ではないですが。

体の中の空気を全部入れ替えて、毒素が排出された感じです。
お腹いっぱい胸いっぱい、梅の香りを吸い込んで、
ナチュラルデトックス!
体内はかなりリフレッシュ!
相変わらず咳もすごかったので、一緒にいた友人たちは心配してましたが、
わたしとしてはかなり元気になったのですよ。
体力的なことはさておき、気持ちがね。
春が来たーーー!元気出たーーーー!! って感じに。わかんないか(笑)。
でも自然のパワーってすごいわあ☆ありがたいありがたい。

コーフンしてグルグル優雅に観てまわってしまったもので、
「時間があったら行こう」と言っていた吉川英治記念館も
きもの博物館も結局時間切れで回れませんでした。
またリベンジ行かなくちゃ☆

いつか会うその日まで、さようなら紅天女。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

レーザーでやっつけろ!

会社からの帰り道、通りすがりのヴィレッジヴァンガードで
以前の職場の先輩と遭遇☆
同じような趣味ってことかしら。あはん…。

久しぶりにお茶などしました。
この先輩、来月視力回復のレーザー手術を行うそうです!
わーー!
「失明した事例は1件もないんだよ」
と聞いても、怖いものは怖いです。
「これから一生分のコンタクト代を考えたら、
手術代くらい安いもんだよ」
と聞いても、怖いものは怖いです。

ちなみに、以前は60〜80万円ほどした角膜のレーザー手術、
今はだいぶ安くなり、一番安いランクは10万円程度から
あるそうです。

…ん?ランク??
ランクがあるの??
どーゆうことでしょう、先生の腕でしょうか。
松竹梅、みたいな。
インターンは10万円、とか。
または、定年間近の大ベテランは10万円、とか。
あひゃん!

「わっこさんもやりなよ!」とのオススメに、
あと半年後くらいに、手術後の経過を聞いてから…と
お答えしたのでした。

手術の無事をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

お笑い漫画道場…?

昨日は森美術館の「笑い展」に行ってきました。
「笑い」をテーマにした現代アートの「笑い展」と
考古遺物から20世紀初頭までの
「日本美術が笑う」展。
in六本木ヒルズ内森美術館です。

鼻炎の薬のおかげでかなり眠くてフラフラになりながら、
ぐぐりと周りました。
森美術館、順路が複雑で周りにくいかも。。

「日本美術が笑う展」は、笑う埴輪(かわいい!)や
岸田劉生(怖い…)や、宗達や若冲の江戸絵画など。
埴輪は「笑ってる〜〜♪」という感じで、とても可愛かった。
昔から、笑顔の表現の基礎は変わってないんですね。
絵画は表情が読み取れないものが多かったです。
作者不詳の、あんまり筆運びがウツクシクないものが多かったような…。
民間の美術館だから?
その中にあって、教科書で見たほどの有名な絵と言えば岸田劉生。
「麗子像」、、、、笑いというより呪いです。
怖いよう!

若冲の、精密な鶏とはかけ離れた、リアルに描こうとは
欠片も思ってないような簡単な僧侶の絵を見て
通りすがりのカップルの男の子が
「団吉・なおみのおまけコーナー…」
とつぶやいていたのが印象的(笑)!
なるほど、テーマは「笑い」ですしね☆

現代アートはやっぱり何がなんだか分からなかったです。。
わたしには、「日本美術が笑う」展で充分☆ごちそうさま!

順路もわかりにくいですが、学芸員さんの解説も読みにくかったです。
黒地に白文字が多かったのですよ。文字が小さいと読みにくいのです。
場所柄、「オシャレ展示」を意識しすぎのなのでしょうか。
そのかわり、展示ケースは見やすかったです。(展示物の距離感がよかった)
どっち、と言われたら解説よりも展示物の方をよりきちんと見たいので、
これはこれでよし、としますかね。。

美術館を出ると展望台。
この日は天気が良くなかったけど、東京タワーを中心に
箱庭のような東京の街を眺めて、世界征服気分に☆
いつか、この街を隅から隅まで歩き回りたいものです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

愛すべき名作

またもや咳がぶり返してきたので、
午前中お休みをいただいて病院へ行ってきましたよー。
ほわー、疲れたです…。

今回は診察にあまり待たなかったので早めに終わり、
お昼を食べようと渋谷マークシティをウロウロしていたら
オシャレ雑貨&出版社「プチグラ・パブリッシング」さんの
リアルショップが設営されてました☆

通りすがりに躊躇なくタッチ&バイ。



ダーシェンカ

Book
ダーシェンカ

販売元:プチグラパブリッシング

Amazon.co.jpで詳細を確認する

だってホラ、タイムリーですし…。

子犬も遊べるブーメラン付きですよ!
パラパラ見た感じでは、雑貨屋さんの本らしく
絵や写真の多いアートブックなイメージです。
これからじっくり読みますですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »