« 目白押し | トップページ | 眠り姫の一日 »

2007年5月20日 (日)

いつものところで

先週買った



Book
パリからの旅?パリとフランスの町々

著者:堀内 誠一

販売元:マガジンハウス

Amazon.co.jpで詳細を確認する


これが面白そう♪なので読みたいのですが、
久しぶりに小説気分も盛り上がってきましたよ。

今、これを読んでいます。



Book
ゲイルズバーグの春を愛す ハヤカワ文庫 FT 26

著者:ジャック・フィニイ

販売元:早川書房

Amazon.co.jpで詳細を確認する


この翻訳物特有の言い回しが懐かしいです。
短編集で、まだ2編までしか読んでいないのですが、
名作と名高い「愛の手紙」が楽しみ☆

最近会社の人に「地球へ…」と「風の谷のナウシカ(原作)」を
借りたので、SF&FT気分になっています。
でもハヤカワや創元の、FTの棚が少なくなってますねー。
わたしが子どもの頃は、もっといっぱい本が陳列されてたような。
日本人サスペンスが頑張ってる感じですね☆

そうして本屋を徘徊していると、前の職場の同僚(?先輩?)の
Nホーミさんに遭遇します。
おとといはルミネのY隣堂で。その前はE松堂で。
いつも会うたびに「最近何か面白いのあるー?」
しかも「今日はコメディ」「今日はファンタジー」と細かい指定をするわたしに
「そぉねえ…最近だとこれかなー」とオススメしてくれるNホーミさんはいい人です。
いつもありがとう。わたしのシューフィッターならぬ、読書フィッターよ。

しかしわたしの周りには、なんてマニアが多いのでしょう(笑)。

|

« 目白押し | トップページ | 眠り姫の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/6491474

この記事へのトラックバック一覧です: いつものところで:

« 目白押し | トップページ | 眠り姫の一日 »