« 映画リハビリまたたび | トップページ | ライスバーガーの巻 »

2007年7月10日 (火)

映画リハビリたびたび

「プライドと偏見」を観ました。

この原作の大ファンだった作者が現代風に直して書いた小説が
「ブリジット・ジョーンズの日記」だそうです。
へー!
「ブリジット〜」も観たことはないのですが、似てる話なのかなー??

こちらは18世紀イギリス。
中〜上流?階級だけど貧乏なベネット家には5人の妙齢の娘さんたちが。
お隣(といっても馬車で行く距離)にミラクル大金持ちの独身男がやってきた!
舞踏会だ!合コンだ!
…そして、誤解や遠回りをして最後は誰が誰と結ばれるのか…??

18世紀ですから、コスプレ映画です。
衣装がかわいい〜〜〜!
ゴージャス貴族のお話ではないので、ドレスもあんまりキラビヤかではなく
それがまた手が届きそうなワンピース風だったりして
可愛い楽しい♪
主役はキーラ・ナイトレイ。コスプレ似合いますね。。
くっきりと意思のある眉、睨みつけるような目つき、
ぎこちない笑顔。。。
思ったのですが、この人はなんとなく栗山千明に似てませんか?
目力とか、佇まいが。
似てませんか、そうですか…。

お話は静かに進む品のあるラブロマンス。
めくるめく舞踏会で踊りながら愛を確かめていく過程が
ロマンチック。
イギリス映画なので、ハリウッドのラブものほど
ジェットコースターラブではないですが、
美しい田園風景と、夢のような貴族の生活と
銀色の縦ロールのオジサマたちで
楽しめました。




プライドと偏見

DVD
プライドと偏見

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

発売日:2006/11/30

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 映画リハビリまたたび | トップページ | ライスバーガーの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/7091403

この記事へのトラックバック一覧です: 映画リハビリたびたび:

« 映画リハビリまたたび | トップページ | ライスバーガーの巻 »