« 秋晴れ・芸術日和 | トップページ | 考える葦だもの »

2007年12月 4日 (火)

今日の鞄の友

今日読んだ本。

コンセプトメイキング 変化の時代の発想法Bookコンセプトメイキング 変化の時代の発想法

著者:高橋 宣行

販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

元・博報堂プランナーの著者が、古今東西の
さまざまな広告コンセプトを紹介しています。
とにかく、広告は「どう言うか」より「何を言うか」だ!
という軸のもと、その発想方法をわかりやすく細かく
解説されています。
事例として挙げられている広告コピーのボリュームがあって、
コピー好きなわたしは楽しめました。

広告の本質を見失い、迷走しかけた時に
読んでみると目が覚めます(笑)。

ほんとにねぇ、モノを作る仕事は
コンセプトメイキングにかかっているんだな…。
マーケティングに踊らされちゃいけません。

|

« 秋晴れ・芸術日和 | トップページ | 考える葦だもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/9240864

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の鞄の友:

« 秋晴れ・芸術日和 | トップページ | 考える葦だもの »