« 今日の鞄の友 | トップページ | ビームス雑貨を見つつ »

2007年12月 5日 (水)

考える葦だもの

今、読んでる本はこれ。

考具?考えるための道具、持っていますか?Book考具?考えるための道具、持っていますか?

著者:加藤 昌治

販売元:阪急コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


お、面白いです〜〜〜!!
タイトル通り、「考える」ための道具(方法)を
惜しみなく公開してくれます。
読んだだけでアイデア湧いてきそう(笑)。

方法のひとつ、「カラーバス」と「とにかくメモ」は
無意識によくやっていることで、自分のアイデア出しの方法は
理に適っていたのだわ〜と嬉しくなります。
あと、「メモに絵を入れる」のも。
むしろ絵のないメモはないくらいですもの、わたしのメモは(笑)。

著者は、博報堂でPR戦略のお仕事をされている方らしいです。
雑誌「広告」といい、「コンセプトメイキング」といい、
わたしが面白いと感じる本は博報堂関係が多いですね。。
佐藤可士和さんもですね(笑)。
なんだろう、広告関係のお仕事が好きなのかなー。
やっぱり、「企業と人とをつなぐコミュニケーション」と
いうところが好きなのかもしれません。
そして、やっぱりきちんと筋の通った人の話は面白いんだわー。

「考具」は、まだ読みはじめたばかりなので
サクサク読んで早く実践したいですー!

|

« 今日の鞄の友 | トップページ | ビームス雑貨を見つつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/9269474

この記事へのトラックバック一覧です: 考える葦だもの:

« 今日の鞄の友 | トップページ | ビームス雑貨を見つつ »