« 本音こそ、福音(帯より) | トップページ | デザインは面白い »

2008年2月24日 (日)

強風の中の芸術

今日はすごい風でしたね! 飛ばされそうでした・・・airplane
そんな北風ピープーの中、謎の画家・小林かいち展を見に行きました。

場所は東大前の弥生美術館/竹久夢二美術館です。
弥生美術館の方では、高畠華宵展も開催。
こってりした華宵の後に見ると、夢二やかいちが
ものすごくモダンで現代風に見えます。

本日のお目当て小林かいち。
この企画展開催中に遺族が名乗りをあげ
没年も判明したそうで、本当に謎の画家だったんだなーsign01
教会とかクロスとかのモチーフが多く、クリスチャンだったのかな?という感じ。
そう見ると、なんとなくストイックさも感じたりして。

めちゃめちゃアールデコなんですが、やっぱりちょっと日本風でもあり。
でもDIC色見本でいうと「フランスの伝統色」に近いものもあり。
色のセンスと、空間の使い方が尋常じゃないほど格好いい!lovely
押しつけがましくなくてクールdiamondな優美、かつエレガント。
当時の日本の作家で、こんなデザインする人みたことない!
くっきりはっきりしたライン、ずっと同じ太さの描線が、グラフィックっぽくて
それがモダンさを強調しているのかもしれないです。
これ、手描きですものね!すごいーーーcoldsweats02

もともとは、着物の裾絵の絵師?だったようです。
やっぱりデザイナーだったんだな〜。
「ドマーニ」でも特集されたし、今年はきますよ、小林かいちgood
こういう、実力があるのに知られてない作家さんてまだまだいるんだろうなー。
作家の発掘って大事ですねぇ・・・。

小林かいちの世界?まぼろしの京都アール・デコBook小林かいちの世界?まぼろしの京都アール・デコ

著者:小林 かいち,山田 俊幸,永山 多貴子

販売元:国書刊行会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 本音こそ、福音(帯より) | トップページ | デザインは面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/10736572

この記事へのトラックバック一覧です: 強風の中の芸術:

« 本音こそ、福音(帯より) | トップページ | デザインは面白い »