« おしえてくれたえらいひと | トップページ | 楽園天国 »

2008年4月11日 (金)

葉桜の季節の展覧会

友人いっちゃんが本を出しました。
自身の好きな音楽に関するエッセイとイラストを手がけた著書↓で

レコード買いにBookレコード買いに

著者:落合 恵

販売元:mille books
Amazon.co.jpで詳細を確認する


その原画展に行ってきました〜〜。

会場となったのは、

こんな本や

絵本の中のレシピ (Gakken Mook?BOOKS POOKA)Book絵本の中のレシピ (Gakken Mook?BOOKS POOKA)

著者:Goma

販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する


こんな本や
Gomaと子どものものづくりBookGomaと子どものものづくり

著者:Goma

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


こんな本を出している
ゴマのパリとこどもとキュイジーヌBookゴマのパリとこどもとキュイジーヌ

著者:Goma

販売元:ジュウドゥポゥム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

かのお料理ユニット「GOMA」さんのアトリエnote
すりガラス窓の、古ーい村の小学校のようなイメージの木造アパートの、
水色に塗られたサッシや古いオーブンや、ル・クルーゼの赤いお鍋や
棚いっぱいのスパイスの間を縫って
壁面に飾られた手作業の味わいのあるいっちゃんの切り絵。
すーーっごく雰囲気が良くって、期待通りのおしゃれな和み空間でした〜〜heart01

いっちゃんの絵は今までのイラストとは傾向が変わっていて、
音楽にインスパイアされたらしき、あまりモチーフのない切り絵。
ざくざく感性にのおもむくままに切って、貼って…な感じがすごくかっこいい☆
(…とか言ってたら、「一応下書きしたのもあるんだよ〜〜」だって。あは。)

わたし(と、友人)の他に、やっぱりいっちゃんの友人らしき
カップルがいらしていて、その方々もクリエイターな雰囲気を漂わせていて
会話もとても気持ちが良くてheart
マイナスの感情が一切無い感じ。
なんだかすごく開放感あふれる素敵空間でした。。
ふう、すごい和んだわあ…happy01

それで気がついたんですが、
わたし、「絵が描けてすごいねー」とか
「いいな〜〜」とか言われると緊張するみたいなんです。

「絵を描く」とか「ものをつくる」ということが
特別なことではなく、ごく当たり前。。。という空間にいると、
心底安心します。
はあ、開放感。。

いっちゃんの展示を観にいったのですが、
自分のエネルギーチャージにもなって
元気になってGOMAさん宅(?)を後にしました。
いっちゃんありがとう〜notes

展示は各地を巡回するみたい。どんどんおしゃれな人になっているのに
学生時代から雰囲気が変わらないいっちゃん。
多分、自分の肌に合わないものを、緩やかに、穏やかに
遠ざける術を心得ているのだと思うの。
(意識的か無意識かわからないけど)

これからもどんどん、大きなエネルギーをゆる〜〜く
発信していって欲しいな。
影ながら応援しているのです。

本にはサインもらっちゃった。わあいnote

GOMAさんを出て、フラフラと散歩をしつつ
明治記念館でお茶して帰りました。
080409_
白桃のケーキ。
さっぱりと上品な甘さで美味しかったです。
ティーカップも可愛かったcafe

お天気も良くて、美味しいもの食べて
いいオーラをいっぱい浴びて、あぁ、しあわせだなぁheart04

|

« おしえてくれたえらいひと | トップページ | 楽園天国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/20120599

この記事へのトラックバック一覧です: 葉桜の季節の展覧会:

« おしえてくれたえらいひと | トップページ | 楽園天国 »