« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

真実は語尾に宿る

「インタビュー術!」という本を読みました。

インタビュー術! (講談社現代新書)Bookインタビュー術! (講談社現代新書)

著者:永江 朗

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

曰く、「世界はインタビューでできている」。

新約聖書はイエス・キリストへのインタビュー集であるし、
仏典はブッダへのインタビュー集だ。
プラトンはソクラテスへのインタビューとして自分の本を書いた。
現代のテレビ番組や新聞や雑誌も、
多くはインタビューによってできている。
取材、調査など呼び方はいろいろあるけれども、
基本にあるのは人の話を聞くこと。
(「はじめに」より)

インタビューがわかればメディアへの接し方も鍛えられる!
とのことです。
著者が実際に仕事で使った、
テープ起こしの元データから掲載原稿へまとめたものが
載ってるんですが、ずいぶんイメージの違うものになっています。
物理的な事情(文字数制限とか)もあるでしょうが、
インタビュアーの立ち位置、ターゲット、企画意図などにより
まったく見方の違う原稿も作れちゃうんだろうな。
メディアリテラシーという意味でも勉強になりましたよー。

また、インタビュアーが同じでも、
相手によって口調を変えることにより
相手のキャラを立たせるテクニックも。
昨日の映画の感想?でもちょっと書いたのですが、
カラミのあることって、本当に相手によって随分
仕上がりが変わってくるものだわあ。。。と
再認識です。

インタビューの実践方法というよりは
インタビュー記事の読み込み方の解説、といった
感じでしたが、実際のインタビュー本や対談本の中からの
抜粋も多くて、わかりやすく楽しんで読めました☆
面白かったですよ。

ところで、
インタビューする人=インタビュアー
インタビューされる人=インタビュイー
って呼ぶんですね、知らなかったーflair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

JJレジェンド

出演者の名前が「J」を頭に
縦横に配列されるオープニングから
涙が出そうです。

「ドラゴン・キングダム」を観に行きました。

ジャッキー・チェンとジェット・リー、
待ちに待った、2大アクションスターの競演!
そしてアクション監督は「酔拳」のユエン・ウーピン!
それはもう、カンフー映画オタクの部屋に貼られた
なんちゃってブルース・リーのポスターのアップの
オープニングから、胸を熱くします。

よろりよろり、千鳥足でいともたやすく敵をなぎ倒す、
のっけから酔拳炸裂のジャッキー!かっこいい!!
先日「ラッシュアワー3」を観たばかりだからかもしれませんが、
明らかに近年のハリウッド映画と動きが違う!
衰えていたんじゃなかったんだ!
ただ手を抜いていただけなんだ、ジャッキー(笑)!

中盤での二人のアクションは、
瞬きするのももったいない!
ジェット・リーはリー・チンチェイ時代を思わせる
軸の通った身体から繰り出される華麗な足技、
ジャッキー・チェンは逆に柔らかな曲線を描く拳、
闘いのスタイルは違うのに、舞っているかのような
美しい東洋アクション。
これよ、これ!
これが観たかったのよーーーーhappy02!!

雑誌のインタビューによると、
二人の息が合いすぎてカメラで追えないほど早くてNG。
わざとスローペースにして撮影しなおしたとか。
あははははは! なんだそれ!

近年のハリウッド映画のジャッキー・チェンを観ていて、
ジェット・リーとのアクション対決は
見劣りするんじゃないかしら…と懸念していましたが、
全くsign01問題なかったです!
むしろ、ジェット・リーとの相乗効果で
「新国際警察」(←香港映画)よりも足取り軽く
スピード感溢れるキレのいいアクションでしたよ!

それはジェット・リーも同じで、
ああ、今までハリウッドであまり動けない役者さん相手に
動きを抑えていたんだなあ…。と可哀想になってしまった程に
生き生きとした素晴らしい動きでした。
(無駄なカット割りとかスローモーションがないのが
また素晴らしい!)
やっぱり、会話には会話の、演技には演技の、
そしてアクションにはアクションの。
カラミのあることって、相手とのテンションで
出来が変わってきますよねー。

ジェット・リーは「ダニー・ザ・ドッグ」とかの
キュートheart02な役柄も良かったですが、
やはり坊主! ストイックな坊主が似合う!
袖を翻す所作が美しく、かつての黄飛鴻での名演を思い出させて
んもー、泣いちゃう!うわあぁん!(←興奮)

女の子も可愛くて、ちゃんとアクションしていたし、
なんというか、ハリウッドものなのですが
2大スターに対する敬意がすごく感じられて
とても好印象なのです。
賛否両論あるストーリーですが、
わけのわからない部分は、古い香港映画へのオマージュだと
思っておけばいいじゃない。
昔の香港アクション映画の意味不明さは、
こんなものじゃなかったよ(笑)。

そうそう、主人公がね、二人からカンフーの特訓を受ける
場面があるのですが。
超うらやましい!
この二人から教わったらそりゃあ強くなるでしょう!
いいなあ、わたしも教わりたい…。
やあー! あちょーー!
楽しそうheart04

あと15年早く実現していたら!
という声も聞かれる夢の競演ですが、
なんか、今くらいの方が二人とも自己顕示欲が取れてて
円熟した名匠の妙技を堪能させていただいた、というカンジで、
わたしは好きです。
むしろ責めるべきは、なぜあと15年早くジェット・リー主演で
「ドラゴンボール」の実写を作っておかなかったのか!
というところでしょう。。。

個人的に、主人公の少年を脇に置いて、二人で中国語で
ヒソヒソ話をするところと、
少林寺の小僧さんたちの連携プレーが
お気に入りです。

でもいちばんはやはり二人の対決シーンpunch
あと2回くらい観たいです。
そしてDVDもきっと買う(笑)。
生きてる間に観れてよかった。
ありがとう、ありがとうスタッフさんたち…diamond
乾杯!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

おかたづけ

そして日曜日は!

すごーく部屋が片付いた夢を見て、
いい気分で昼頃起きました。

起きると、部屋は散乱。
なぜ!?

なにやら非常に理不尽なものを感じ、
片付けだーーー!
と火が付きました。
やるぞ!

ベッドの裏の奥の方まで掃除機かけて、
床を雑巾がけして、
いらない本をどっさりまとめて外に出して。。。
と、夢中になって片付けていたら、
気づいたら夜中の1時night。ひゃあ!
真夜中に掃除機かけちゃった…。
隣のお部屋の方、ごめんなさい…。

とまあ、そんなにがんばったお掃除DAYでしたが、
本の量は見た目そんなにかわらず。。。
すごーーく処分した!と思ったのだけど、
本棚から溢れていた分くらいの量しか
処分できなかったみたい。しょぼん。

でもがんばった!から
部屋はだいぶ広くなりましたよ!
やっぱり、帰ってきてお部屋がキレイだと
嬉しいですねnote
棚の上には、ベランダから切ってきた
ミントの葉が飾ってあって涼しげです。
そこだけ切り取ると、インテリア雑誌に載る部屋みたいです。
(そこだけね…)

片付けたあといつも思うけど、
この状態をキープしたいものですよねえ…。

がんばるぞう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火大会・その後

先週末の花火大会ね!
すごーく混んでましたね!
行きの電車の中がもう、浴衣のお嬢さん方でいっぱいheart01
うはうはです(笑)。
やっぱり浴衣姿の女の子は可愛いなnote
そして、友人宅へ行くバスの中から
浴衣で自転車に乗っているお嬢さん発見!
わー、初めてみた…coldsweats02
上手に乗りこなしていました…。
慣れてるのでしょうねー。すごいー!

そしてそして、
毎年のことながら豪華手料理の数々。

080726_
菜っ葉おにぎりriceball(五穀や豆も入ってて食べごたえあり)
おいしかったよ!
ぱくぱくもぐもぐ。
おひたしも、ぱくぱく。

080726__3
もちろん、毎年恒例の
冬瓜とトウモロコシ&ヒゲスープも。
ごくごくぱくぱくごっくん。

080726__2
豚肉のオクラ巻き、梅肉添え 
が、また梅が効いててね!
おいしーんです!
みんなが揃う前につまみ食いしちゃったりして、
ぱくぱくぱくぱくぱく。

焼き鳥もジューシィです。ぱくぱく。

そして、ズッキーニのミントマリネ ってのがね、
ほんのりミントの風味がさわやかで、酸味が効いていて
いくらでも食べられちゃいます。
ぱくぱくもぐもぐぱくぱくぱくもぐもぐもぐ。

隣にいたうさこちゃんが気づいた頃には、
ズッキーニは一人で平らげていました。
「わたし、1個しか食べてない…」と
悲しそうなうさこちゃんの声が。
ご、ごめんよ。

ありがとうMっち。。。
美味しかったよ。。。shine

080726__4
お酒やジュースやデザートは
みんなで持ち寄って。
ひぐっちさんがもってきた小玉スイカのゼリーが
圧巻ですup

そして、最後のデザートが終わろうとした時。

…なんと、食べ過ぎでダウン!
わ、わたしとしたことが……衝撃sign03bearing

お部屋でちょっと休ませてもらって、
浴衣をあ〜れ〜〜と脱がされてheart02いやん。
(うそ。自分で脱ぎました)
ちょっと横になってたら楽になりましたよー。
このトシで、ヒトサマのうちで、食べ過ぎで動けないって!
はじゅかちいーcatfacesweat01

帰り間際には体操するくらい元気になったので
(お腹たぷたぷゆってましたが(笑))
良しとして、
これもひとえに、お料理が美味しかったおかげです、と
まとめておきましょう。うふheart01

Mっちからは、おにぎり&ズッキーニ禁止令が
出てしまったけれど(笑)。

でも凝りずにまた食べまくりますよ。
だって夏だもの!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

花火大会☆準備!

今日はこれから、隅田川花火大会を観に
友人宅へ行ってきますwink

浴衣はこんなカンジ☆
080726_
渋いでしょー。
赤い半幅帯が欲しいのですけど、
今売ってるのを見て回ると、
どーも「THE・化繊!!」といった感じのが多くて、
渋い浴衣に違和感が…。

取り急ぎ持っている帯で合わせて、
行ってきまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月25日 (金)

ナイトミュージアム

DVDを見ましたよー。

ナイト ミュージアムDVDナイト ミュージアム

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

発売日:2007/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する


いやー、王道王道!
くっだらなかったです(笑)!

面白いか面白くないかと言われると、
面白いわけではなかったんですけど。
夜の博物館で動き出す人形たち、
わかりやすい話運びと、わかりやすい悪役、
親子愛にほんのり恋愛風味、
騒動を治めるのは愛と勇気と、歴史のお勉強の成果!!
子どもと一緒に観るのにぴったりdiamondの夏休み映画ですねー。
こういう映画は、ごちゃごちゃと文句をつけてはいけない気がします。
単純に楽しめばよい、という映画ですねい。

最後のシーン、好きです。
アメリカンてホント陽気だなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

切手展に行ってきました!

恵比寿の小さな雑貨屋さん
Akorat(アコラート)」さんへ、
友人カヨちゃんも参加している
「クリエイターによるオリジナル切手展」を
見に行きました。

昨年も行ったのですが、
アコラートさんは小さな雑居ビルの5階。
エレベーターなしthunder
2階ですでに体力使い果たし(笑)
しばらく呆然と立ち尽くしていたら、
そのフロアの会社?の人らしきオジサマに
「登ってる途中で行き倒れないでねwink」と
声を掛けられましたよ…。
が、がんばります…。

がんばって階段を登りきって、アコラートさんへ。
クリエイターさんのオリジナル切手、
これ、すっごい可愛いんですけど
実際に使うこともできるんですよー!
最近なにげに切手使うことが多くて、
相手によって、封筒によって、
切手もいろいろ変えることができたら
楽しいですよねーtulip
わたしは、以前の会社でいっぱい封書(請求書(笑))
来た時に、可愛い切手だと嬉しかったなー。
記念切手以外にも、デザイナーズ切手がもっといっぱいあったら
いいのになっ!

とか思いつつふにゃふにゃ観てましたが、
各クリエイターさんは、昨年も参加した方が多いみたいで
今年もリスのクッキーがあって可愛かったheart01
あと、しろやぎとくろやぎの切手があって!
きゃー! か、可愛い!
これで手紙貰ったら食べなくちゃですよ!

こじんまりとしているんだけど、
手作り感の溢れる素敵な展示でしたよ。

お店オリジナルの馬のクッキー型も
欲しいなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

日本人の正体

こんな本を読んだのですが。

日本人の正体 (宝島社新書) Book 日本人の正体 (宝島社新書)

著者:養老 孟司,テリー伊藤
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あれ?なんか読んだことあるなー?と思ったら。

すでに持っている、この本と一緒でした。

オバサンとサムライ Book オバサンとサムライ

著者:養老 孟司,テリー伊藤
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

だってタイトル違うじゃん!
中身おんなじだよ、もう!とか言いつつ
最後まで読んじゃいました。
サクっと読めます。

養老さんの言う、「日本人は日本にもっと誇りを持つべき」
という理由が、非常にわかりやすくて良いです。
別にエラそうにする必要はないと思うけど、
変に卑屈になりすぎてる感じはしますよねー。

あと、「オバサン」がナゼあんなに元気なのか。
それは、完全に自己を肯定しているからだ!
という件は、ああ、なるほどねえ、と。
(いや、一回読んだんですけど)
自己啓発やら、宗教関連やらで
さんざん言われることじゃないですかー、
「あなたは愛されている」とか、
「そのままの自分を好きになりましょう」とか。

その体現者が、「オバサン」であると。
それは無敵だわーーsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

アップルパイ

お菓子教室で、アップルパイを焼きました。
080720_
時間かかりました…。
4時間ちょっと!ううーん、大変。

パイ生地とバターの層をきちんと作るには、
バターが溶けて馴染まないようにしなくちゃいけません。
ということで、
クーラーガンガンに入れて
お水も冷水、生地をつくる台も冷やして冷やしてpenguin
さ、寒かった〜〜〜!

そのおかげか、
パイはサクサク☆りんごはシャクシャクで
美味しかったですheart01

冬の方がいいかな?とも思いましたが、
今のりんごもなかなか身がしまっていて
歯ごたえがありました。

バターで炒めたりんごや煮りんごは
大好きheart02なので、
冬にまた作りたいな〜〜note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

日本を創った12人

こんな本を読みましたよー。

日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書)Book日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書)

著者:堺屋 太一

販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する


歴史上の人物が行ったことが、
現代まで受け継がれている「日本の常識」を作った、
という伝記っぽい歴史裏話?

聖徳太子は、世界で唯一
「一人の人が複数の宗教信じてもいいじゃん」
という思想を作った人。
これにより、日本人の「ええとこどり」思想が
育まれた、とか。
日本人は「無宗教」ではなく「多宗教」なんだという
解説も面白いわー。

日本の「上品」の概念を作ったのは
光源氏に代表される平安貴族。
それにより、
「位が高く上品なひとは小さなことにこだわらない」
=無指導力
という日本独自の「上品」が生まれた、とか。

自分の「日本人てこうだから…」的な発想&常識も、
かつて誰かが作った政策の中の一つから
生まれてるのだなあ、と、興味深く読みましたー。
面白かった!
こういうの、自覚してるのとしてないのとじゃ、
生き方に違いが出てきそう、な気がします。

ところでわたし、「聖徳太子」って名前を
すぐド忘れしちゃって、
「厩戸の皇子」って言っちゃうんですけど。。

「日処の天子」の弊害…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰がために…

ひーーー!
なんじゃあこりゃあ!(松田優作)
「7月19日は「サイボーグ009の日」 石ノ森章太郎展も開催」

素敵な記念日ができたものです(笑)。。
ウチの兄がファンだったため、
物心ついた時にはコミックス全巻読破し、
日本の歴史よりも先に
サイボーグ戦士の闘いと哀しみの歴史を
先に覚えました(笑)
わたしがよく外国人に道を聞かれるのは、
幼少時のこの記憶が異文化への壁を
感じさせないでいるのかも!
石森正太郎(当時)すごーーいsign01

この記念日、島本和彦氏がどう吠えるかも
楽しみですねheart01

新吼えろペン 1 (1) (サンデーGXコミックス)Book新吼えろペン 1 (1) (サンデーGXコミックス)

著者:島本 和彦

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


どのコミックスにどの話が入ってるか忘れちゃったよ…。
石ノ森先生に「続き描いてくれなきゃ、俺が描いちゃいますよ!?」
って吠えてたのはどれでしたっけ…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉の頃を過ぎても

今日も暑かったですねー、バテてませんか?皆様chick
わたしは今日は久々に耳鼻科に行ってきましたヨー。

喘息が治まりつつありますが、
そしたら鼻が気になってきちゃって。
鼻の粘膜がひどく腫れてて、
「誰が診てもアレルギー性鼻炎good
とのことなんですが、
アレルゲンが分からないのです〜〜。
とりあえず、薬いっぱいもらいました。。
これで治らなければレーザーかな〜。
鼻炎のレーザー治療って永続的なものでは
ないみたいなので
(持ち年数平均2年ですって。。)
なかなか踏み切れないんですけども。

ひとまず2週間、薬で様子みます〜〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

時をかける少女

各所で評判の高い、現代版「時をかける少女」を観ましたー。

爽やかですね!
雲が、空の描写がとてもきれい。
タイムリープできる主人公が、極々くっだらない事に
その能力を使ってしまって(夕飯が鉄板焼きの日に戻るとか!)
「笑いが止まりませんなあ!ガーハハハ!!」と
オヤジになってるのとか、現代っ子ぽくて可愛いです。
筒井康隆の原作とは別物ですが、
青春の1ページをほろ苦いハッピーエンドにすると
ああいう落としどころとなるんだろうなあ、という感じ。

わたしは、言われているほど甘酸っぱさは
感じなかったんですが…。
甘酸っぱさのハードルが高いのかしら…。
それは問題だわ…(笑)。
あと、声優が、ちょっと…。
あまりにも声に感情が無さすぎです。
画面では、活発な主人公が元気に動いているのに、
覇気の無さ過ぎる声でどうにも感情移入できないです…。

字幕だったら感動できたかも。。。


時をかける少女 通常版DVD時をかける少女 通常版

販売元:角川エンタテインメント

発売日:2007/04/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

ブルース・ブラザーズ

また観ちゃった…。
「ブルース・ブラザーズ」。

多分、これを小学生の頃にTVでやってたのを観て以来、
映画の嗜好性が決まってしまったような(笑)。
無茶苦茶な展開&ハタ迷惑なキャラクター
でも憎めない愛らしさ。
いろいろと伝説はありますが、
単純に血湧き、肉踊ります。
全力で遊ぶ大人げない大人は大好きです(笑)。

あと、「ペンギン」ていう呼び方が大好きhappy01
おっさんなのに、男の子だなあ。

ブルース・ブラザースDVDブルース・ブラザース

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

発売日:2006/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する



えー!なにこれ!
欲しいぞーー!!

ブルース・ブラザース1/36コーギー社ブルース・ブラザースブルース・ブラザース1/36コーギー社ブルース・ブラザース
販売元:グッディーズパラダイス
グッディーズパラダイスで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

不機嫌な赤い薔薇

DVDを観ましたよ〜。
「不機嫌な赤い薔薇」

ニコラス・ケイジ演じるシークレットサービスと
シャーリー・マクレーン演じる元大統領夫人の
「ボディガード」なお話。
邦題タイトルが素晴らしい!
原題をカタカナで表記しただけの邦題が多い中、
このタイトル(古典っぽいけど)に惹かれて
観たくなってしまいます。

最初は反目し合っていた二人が
最後は心を通わせる、という
ありきたりと言えばありきたりな話なのですが、
主演二人の演技力とチャームで
ほのぼのとした仕上がりに。

元大統領夫人の未亡人のワガママっぷりがんもー、
本当にパワハラで!
(現大統領に電話でチクったりする)
観ててイライラするんですが、
こっちが癇癪を起こす寸前にちょっとした寂しさを見せたり。
シャーリー・マクレーン、上手いなー!
皆に歓迎されてはしゃぐ笑顔もキュートだし、
現大統領にも息子にも毅然とした態度を崩さない、
高貴な人オーラがすごい。
キリキリ働きだしたら俄然生き生きするところが好き。
役割を持つって癒しにもなるのだ。

ニコラス・ケイジは、啖呵切って辞めるのに
権力に負けてまた舞い戻ってきてしまう
ダメ警備員がとても上手いです。
後半、お互いに信頼し始めてからは
彼の真骨頂。
彼女を守るために取り乱したり
彼女の心を思いやったり、
いや、取り乱すところがやっぱり上手いー(笑)。

大きな盛り上がりはないけど、
短いですし(95分)、気楽に観るのにはちょうどいいですー。

 不機嫌な赤いバラ 不機嫌な赤いバラ
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の読書

最近は雑誌とかビジネス書とかばっかり読んでるのですが、
そういう情報系ではなく、小説が読みたくなるです…。

二人で探偵を (創元推理文庫 105-12)Book二人で探偵を (創元推理文庫 105-12)

著者:アガサ・クリスティ

販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


おしどり探偵トミーとタッペンスが開いた
国際秘密探偵社に持ちこまれる難事件、怪事件の数々。
二人は持ち前の才知を発揮しながら、
ホームズ、ブラウン神父、フレンチ警部、アノー探偵、
隅の老人、ソーンダイク博士、ポワロなどの
捜査法を巧みに利用して事件を解決する。
推理小説史上の名探偵の手法をパロディ化した
クリスティの異色作。

…だそうですが、元ネタを知らないものもいくつか。
あとがきによると、まだ日本では出版されてない作品を
元ネタとしているものもあるらしいです。
そりゃわかんないわー。
なんとなくわかるのはホームズくらいかな…。
「これがわたしたち最後の事件よ、
隠退して蜜蜂を飼うのよ」とか(笑)。

翻訳ものの独特の言い回しに目が回りそうでしたが、
これがウィットに富んだ会話というやつですか。
難しい…。
1編はすぐに読める短編集。
どんでん返しは単純なものが多くて、見当も付くんですが
古典の雰囲気が楽しくパズルゲーム的に楽しめました。
犯人に向かって「君はもっと古典を読むべきだ!」とか、
事務所の本棚が足りない、とか、
端々にマニアらしいセリフが出てきて好印象です(笑)。



Rのつく月には気をつけようBookRのつく月には気をつけよう

著者:石持 浅海

販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


湯浅夏美と長江高明、熊井渚は大学時代からの呑み仲間。
毎回誰かが連れてくるゲストは、
定番の飲み会にアクセントをつける格好のネタ元だ。
酔いもまわったところで盛り上がるのは恋愛話で。
小粋なミステリー連作短編集。

学生時代からの仲間による不定期の飲み会の会話の中から
ちょっとした謎を解きほぐす、連作短編ミステリ。
だいたいいつも、「○○が手に入った。これを肴に飲もう」
「じゃあ酒は任せろ」と、まず肴、そしてそれに合ったお酒の
セレクトから話が始まります。
ので、食事のシーンがとてもとても美味しそう〜heart01
熱々のチーズフォンデュにシャルドネワイン、
とろとろの豚の角煮に泡盛、
バターたっぷりのそば粉のパンケーキにブランデー…
そんなに飲めない自分が恨めしくなるくらい、
食べ合わせの妙が魅力的に描かれています。
美味しそう…。

肝心の推理は、「悪魔的な頭脳」と
謳われている探偵役の長江さん…を
活かしきれていなかったような気も。
「これしかない!」というよりも
「ああ、そういう解釈もできるね〜…」といった感じ。
日常の中のちょっとした謎系(?)ミステリでは
しょうがないのかもしれないけど、
ちょっと納得いかない感じも残りました。
北村薫の円紫師匠シリーズは、謎解きそのものよりも
その謎を作り出した人間の心を
解いていくことを主題としているし、
猫丸先輩は最後に「な〜〜んちゃって☆」とか
言ってるので(笑)
そんなに違和感はないのですけど。

日常の謎ミステリ、大好きなのですが
盛り上げるのは難しいのかも〜〜。

(でも、美味しそうだったから良いです…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

鎌倉へ行ってきました

あんみつが食べたい!と思い立ち、
鎌倉へ行ってきました。
和田塚の線路沿いの甘味屋さんへ行きたかったのですが、
夏休み中でした…。しょぼん。
19日までお休みだそうです。
行こうと思ってた人は注意してねbell

それじゃあ、と長谷まで行って
長谷寺の観音様をお参りし、
展望台のレストランで冷やし白玉ぜんざいを。
080713_
白玉が、つきたてのおもちみたいに
ふわふわcloudで、小豆もくどくなくて
美味しかったですよ〜〜。

長谷寺の観音様は十一面観音。
両手の指でも数えきれない、ってことで、
「十一」という数は「たくさん」って意味なんですって。
そして、観音様は「音を観る」と書きますね。
観る=聞く、で、観音様はたくさんの人々の訴えを
聞くことができるのだそうです。
お守り売り場のお坊さん(?)が教えてくれましたー。
厩戸の皇子みたい?

長谷寺では、ヤマユリも咲いていたし
なんと萩も咲いていました!
えーー。秋の花なのにー。
季節感のおかしな花々が咲き乱れていて
なにやら不思議空間でしたよ。

080713__2
これは桔梗。この後ろにはとんぼが飛んでいました…。

080713_
これは、本覚寺の蓮。
なにやら合成写真のようになってしまいました…。

今日もいいお天気でしたね〜sun
夏ですね〜〜〜coldsweats01
プール行きたくなっちゃうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

空腹解消

ハラヘリがいつまで経っても
治まらなかったので、
葉山牛ステーキを食べてきました。

………。
さすが!!
それ以降、あまりにも激空腹には見舞われず、
深夜のおやつもプリッツ小袋1個くらいで済んでいます。
肉ってすごい!!

肉不足だったのか〜〜coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

ggg7月恒例

ggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)に
ADC(東京アートディレクターズクラブ)展を見に行ってきましたよーnote

会場に小さなモニターがあり、受賞作のCMシリーズを流してました。
伊衛門シリーズと、サントリーウーロン茶シリーズと、
ソフトバンクのブラッド・ピット&キャメロン・ディアスシリーズ。

この、ソフトバンクのブラッド編、FDがウォン・カーウァイ?
えぇー!そーなんだ!
ウォン・カーウァイ作品は見たことはないんですが、
イメージ的に極彩色の…今でいうと蜷川実花みたいな。
(ちょっと古いか?)
ソフトバンクのCMを観ていて全くイメージ湧かなかったので
びっくりしました。
自分があまりTV観ないこともあり、
観たことがないバージョンもあって面白かったです。
全バージョンをいっぺんに観ると、なんだか短編映画を観たような
充実感があります。
キャメロン・ディアスのホワイトプラン編が好きheart01

他、グラフィックも大変素晴らしかったですよ〜。
D–brosってやっぱりすごいし、
佐藤卓さんのデザインはやっぱり可愛いし、
とらや(和菓子)の紙袋ってカッコイイーー!って再認識したり。

いろいろなグラフィックを一度に観れて面白かったですheart
やっぱりわたしは、所謂「絵画」よりも
広告グラフィックの方が好きだな〜。


アートディレクションの可能性?ADC大学2007トークセッションBookアートディレクションの可能性?ADC大学2007トークセッション

販売元:美術出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まだ最初の3ページしか読んでない、これ…。
(面白そうなんですが〜〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

おなかがすいたぁ!

なんなんでしょ、最近、ハラヘリでしんぼーたまりません。

朝起きて、ゴハン食べるでしょ、そーすると10時にお腹空くでしょ。
買っておいたおやつ(マフィンとか)を食べるでしょ、
しばらくしてランチでしょ、そーすると15〜16時頃お腹空くでしょ。
「肉食べたい!肉!!」とか悲痛な声を上げるので
誰かが何かを買ってきてくれて(たこ焼きとか)
それを食べるでしょ。

時間になって夕飯食べたあとに、なぜかおせんべいとか食べてしまいます。
そしてしばらくしてまたお腹が空くので、お菓子一袋とか空けてしまって。

そして深夜。寝る間際。
お腹が空いて眠れないので、冷蔵庫をあさって、
ロールケーキとか食べて。

いけないー! こんな生活いけないわー!!

食べるのがやめられないならば、せめて運動しなくてはー!
もうすぐ夏なのにぃpig

濃厚!和三盆糖のロール(1本)濃厚!和三盆糖のロール(1本)
販売元:果子乃季 Yahoo!店
果子乃季 Yahoo!店で詳細を確認する

和三盆ロールはおいしいねbell

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

すごいぞ、出光美術館

出光美術館サイトのオープニングがやけに凝っています。

出光美術館

Flashのトップに来る仙厓師匠のダンシングおやじ
(禅画です。念のため)。
静止画が入る時、ちゃんとひよこ(?)が隠れないように
レイアウトしてあります。
なんなの、この無駄な凝りようは(笑)!


収蔵品の紹介」の中に、「仙厓」というジャンルがあるのもおかしい。
もう、ひとつのカテゴリになってるのですね〜〜happy01

また観たくなっちゃうなあ、仙厓師匠。
展示やって欲しいな〜〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

日本のソウルフード!

たまに見に行くビジネスブログさんに貼付けてあったリンク。

「ゴーゴーカレーNY店」
カレー=コカイン説!
あはははは!!すごい面白い、このコラム☆

日本のカレーは最高ですね〜〜happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリディ

ちょっと心が穏やかになってきたら、ラブコメだ(笑)!
「ホリディ」を観ました。

失恋した女二人が家を交換し、
それぞれに大切なものを見つけるドラマ。
大切なものって、もちろんテーマの軸である「ラブ」がメインなんですが、
家族であったり、自信であったり。
スレた生活で失ってきたものを取り戻す、心温まるヒューマンドラマ風味。
人によって傷ついた心は、人でしか癒せないってことですねえ。

決して女性ばかりが癒される話ではなく、
女性も男性も老人も。
関わる人によって、一歩ずつ踏み出していく様子が
暖かく描かれていて好印象ですー。
そしてジュード・ロウ、たとえ田舎にいても、やぼったい格好していても!
かっこいいぞーhappy02

オリジナル・サウンドトラック ホリディオリジナル・サウンドトラック ホリディ

販売元:楽天ブックス

楽天市場で詳細を確認する

ジュード・ロウがぶちゃいくだったら、この展開にはならなかったはず!
と、頭の片隅では思うのですが、
映画には華やかshineさがないと納得できないですものね。
素敵なクリスマスストーリーでしたよheart01
(時季外れですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

映画の日

映画の日slateなので、
インディージョーンズを観てきましたよ〜〜note

さすが、安定した話の運び。偉大なり、マンネリズム。
きちんと盛り上がるところは盛り上がり、
笑えるところは笑い、ハラハラするところは…
あまりハラハラしなかったけど(笑)
主人公は絶対死なないという安心感から、
娯楽としてとても楽しめました☆
ハリソンフォード、年はとったし後ろ姿は本当に
ヨボヨボのおじいちゃんの風情だけど、
誰よりも強い、そしてそれを納得させてしまうパワーがあるのが
すごいなあ。
面白かったですーsign01

そして、「クライマーズ・ハイ」のCMにこっそり泣いてしまいました…。
マイノリティーが自分の正義を貫こうとする話には
弱いんだってば。あううcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »