« ブルース・ブラザーズ | トップページ | 花粉の頃を過ぎても »

2008年7月17日 (木)

時をかける少女

各所で評判の高い、現代版「時をかける少女」を観ましたー。

爽やかですね!
雲が、空の描写がとてもきれい。
タイムリープできる主人公が、極々くっだらない事に
その能力を使ってしまって(夕飯が鉄板焼きの日に戻るとか!)
「笑いが止まりませんなあ!ガーハハハ!!」と
オヤジになってるのとか、現代っ子ぽくて可愛いです。
筒井康隆の原作とは別物ですが、
青春の1ページをほろ苦いハッピーエンドにすると
ああいう落としどころとなるんだろうなあ、という感じ。

わたしは、言われているほど甘酸っぱさは
感じなかったんですが…。
甘酸っぱさのハードルが高いのかしら…。
それは問題だわ…(笑)。
あと、声優が、ちょっと…。
あまりにも声に感情が無さすぎです。
画面では、活発な主人公が元気に動いているのに、
覇気の無さ過ぎる声でどうにも感情移入できないです…。

字幕だったら感動できたかも。。。


時をかける少女 通常版DVD時をかける少女 通常版

販売元:角川エンタテインメント

発売日:2007/04/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ブルース・ブラザーズ | トップページ | 花粉の頃を過ぎても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/22346836

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

« ブルース・ブラザーズ | トップページ | 花粉の頃を過ぎても »