« もうすぐ芸術の秋 | トップページ | ブルーベリー狩り »

2008年8月14日 (木)

対決!巨匠たちの日本美術

東京国立博物館の
対決 巨匠たちの日本美術
を観てきましたよー!

絵画、陶芸、彫刻等それぞれの巨匠たちを
モチーフごとに比べて展示する、という
ものすごく贅沢な企画。

友人ひぐっちさんが
「最初から最後までメインディッシュって感じ」
とかなんとか言っていたのですが、
ほんと、前菜なし!な感じで
最後はもうおなかいっぱいfullでしたー。

ざっと書いても

運慶vs快慶
雪舟vs雪村
宗達vs光琳
円空vs木喰
若冲vs簫白
歌麿vs写楽…

すごいメンバーですsign01
この、浅学なわたくしでも、ほとんど名前知ってるbomb
展示のほとんどが国宝&重要文化財。
それがまた膨大な量で、そして
有名(観たことある)作品が多くて、サイズが大きい!
むーーー!ゴージャスshine

一人の作家の展示とは違って、いろいろなものが
そして普通に考えたら無理でしょうこれは!というほどの
ラインナップを一度に観れるのは
とても疲れるけどとても楽しかった!
いろんな芸術家の、いろんなパワーに圧倒される。。
企画展はこれだから面白いのですよー。
見習ってほしいよ新国立…。

個人的に面白かったのは
円空vs木喰の木彫りの仏像さん。
円空はダイナミックな彫りで、
荒々しい自然の「神」が人の形をとったもの、
それを木の中から取り出した、って感じ。
木喰の彫りは全体的に丸く、にこやかに笑っていたりとか
表情があるので人間らしく。。
「人が死んで神になった」という感じ。
同じモチーフでも、表現によってこんなに与えるイメージが
違うんだなあー、と面白かったbell
自分なりの表現方法を研ぎすませていくことは
必要なんだなあ、と思ったのです。
それが「作品」という形でなくても、何らかの自己表現は
他人に対してイメージを与えていくことだとしたら、
やっぱり表現のレベルは上げていきたいですもんね。

光悦の茶碗の解説が
「『茶碗とは何か』を考え続けた光悦の答えがここに!」じゃじゃーん!
みたいな書き方をしていて、
菊池秀行の「そもそも美とは何だ!」という記述を思い出しました。
重文があっという間にB級エンタメに。ごめん。。
比べてみると、わたしはvsの長次郎の作の方が親しみが持てました。
光悦って普段にはちょっと使いにくそうなんだもん。。
ごめん。。。
(もうなんか、水族館に行ってマグロの大群見て
「美味しそうー」って言うのと同じ感覚に…)

応挙の猫…ちがう、虎はとてもモフモフしていて可愛かったし、
解説に「狂気スレスレ」と書かれた簫白の描き込みはさすがに素晴らしかった。

大雅の詩&絵のイラストエッセイ色紙(?)が
楽しそうで可愛かったーsign01好き!
やっぱり、絵と文で構成された表現方法が大好きです、わたし。
ところで、与謝蕪村て絵も上手かったんですね…。

そして、若冲の鶏の前で
「これよ!これが観たかったの!これを観にきたのよー!」
と感激しているおばあさんがいて、
微笑ましかったなあheart01

結構混んでいたのであまりちゃんと観られなかったものも
ありましたが、概ね観ることができました。
いちばん混んでいたのは
宗達vs光琳の対決「風神雷神」で、
これは過去に出光美術館で比較展示をやっていたのを
観に行ったので、ざっくりと流しました。
でもやっぱり、比べてみると全然違ってて
面白いなーー。

大きな展示会場は疲れるので、
体調が良くない時はあまり行かない方がいいかな?と
思っていたのですが、観れてよかったですnote
満足満足、ふふheart02

|

« もうすぐ芸術の秋 | トップページ | ブルーベリー狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/22988634

この記事へのトラックバック一覧です: 対決!巨匠たちの日本美術:

« もうすぐ芸術の秋 | トップページ | ブルーベリー狩り »