« アニメ「魍魎の匣」 | トップページ | パウンドケーキ »

2008年9月26日 (金)

転職マンガを読みました

「ドラゴン桜」の作者の描いた転職マンガ
「エンゼルバンク」を読みましたよー。

エンゼルバンク 1 (1) (モーニングKC)Bookエンゼルバンク 1 (1) (モーニングKC)

著者:三田 紀房

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


初回は主人公の転職話から。
ふとしたきっかけで転職エージェントとなった主人公は
先輩エージェントからヒントをもらいつつ、
キャリアアドバイザーとしての仕事をはじめることになる。
果たして、求職者の転職を成功させることができるのかーー?

といった内容です。
漫画としてはそこそこ面白かったです。
ウンチク系好きなので。
年功序列や女性の転職に対する考え方が
ちょっと画一的だなあ、と思う部分もありましたが
それはまあ、エンタメだから。
ビジネス書ではないですもんね。

間に入る、実在するカリスマエージェント 笑の
コラム(「模擬面接」と銘打ってます)が面白い☆
面接に対しての考え方を
わかりやすく書いてあります。
「面接官は、あなたの『知識』ではなく『意見』を知りたいのです」
はグッときますね!
そーなのよー、一生懸命模範解答覚えてもしょーがないのよー!

そもそもがコレ、タイアップ企画なんでしょうね。
Rエージェント社の広告冊子が入ってるし(笑)。

Rエージェント社の業務に対する考え方を
知ることができるカンジの内容となっております。
そういうことでいうと、これに書いてある
「転職エージェントを使うメリット」の各種、
自分にとっては別にメリットでもないなあ、と思っちゃって
わたしには刺さらなかったのだけど、
これ読んでエージェント登録しよう!って思うひとは
やっぱりたくさんいるんでしょう。
頼りになりそうだもん。
R社ってホントにうまいね、メディア戦略が。

続きを読んでみたい気もするんですが、
何しろ絵が、すごいインパクト! で
続きを手に取る勇気がなかなか出ません。
デッサン狂いすぎてて頭がグラグラします…。
このヒトたちの頭蓋骨はどうなってるんだ。
脳の入る場所がありません。
本来、耳であるべき位置に目があったり。
夢に出そうです。こわいよう。。。

|

« アニメ「魍魎の匣」 | トップページ | パウンドケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/24044221

この記事へのトラックバック一覧です: 転職マンガを読みました:

« アニメ「魍魎の匣」 | トップページ | パウンドケーキ »