« グラフィック折り紙 | トップページ | 天上の剣 »

2008年10月14日 (火)

再読

以前読んだ本を再読しています。
読んだのに忘れていることが多々あり、
また同じ箇所で、目からウロコ! ポロポロポロ。
って、何度も曇りすぎです、わたしの目。。。


あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)Bookあなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

著者:山田 ズーニー

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


やっぱりわかりやすい、山田ズーニーさん。
最初読んだ時は「そうかーーー!!」と超納得したくせに、
また「そうだったのかーーー!!」と激しく首を振るわたし。
…「話を通じさせる」ことよりも、忘れっぽさを直す方法を
勉強した方がいいのでは…。

■「考える」とは「問い」を立てること、
「問い」が立たない状況が思考停止。

■「何を言うか」より「誰が言うか」

■正論はなぜ通じにくいのか→上から目線になっているから。

等、普段の生活のコミュニケーションに即役立てられるような
トピックがわかりやすく解説されています。
個人的には
“考えることに行き詰まった時、「時間・人・世界」の
三つの視点から俯瞰する”というのが参考になりました。
山田さんの著作には「読者に「通じる」幸せを味わってほしい」
という熱意があって、いやそこまで言われるのでしたら、と
実践してみようという気になります。
やっぱり山田さん好きだなあ…。



よつばと! (1)Bookよつばと! (1)

著者:あずま きよひこ

販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


漫画に関しては、年をとるごとに執着心がなくなっていき
買って読んだ次の日にはブックオフ、という行いをしてきている
最近のわたしですが、処分しよう…でももう少し置いておこう、
と心を悩ます漫画もあるわけで。

「よつばと」は、もう全く普通の日常の日々を描いていながら
(ただ「レンタルビデオを返しに行く」とか)、
普通に面白いのがすごいです。
ネタが普遍的だからこそ何度読み返しても面白いんだろうなー。
(もちろん、構成力とかアングルを描き分ける画力があってこそです)

そしてちょっと切ないノスタルジーを感じるのは、
自分も子どもの頃は、周りの大人たちや近所のお兄さんやお姉さんに
こうやって気を使ってもらってたんだろうなあー、と
改めて感謝の気持ちを起こさせるから。
「子ども嫌い」の人が10代とか20代前半に多いのは、
そういう「周りへの感謝」の気持ちがまだ出来上がってないから
なのかなー、と思うのです。



ドールズ 闇から覗く顔 (角川文庫)Bookドールズ 闇から覗く顔 (角川文庫)

著者:高橋 克彦

販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「ドールズー闇から来た少女」の続編ですが、
こちらは短編です。
前作(長篇)をお風呂の中で読み返していて、
夢中になってのぼせてしまった前科ありですspa

こちらの短編集の方は本格推理になっていて、
表紙のイメージと合わないです。。。
江戸のからくり人形職人・目吉センセーの、
江戸文化を元にした推理が面白い。

現代に蘇ったセンセーの口調が好き。
「兄さん、火遊びはそこまでにしときなせえ」




海馬?脳は疲れない (新潮文庫)Book海馬?脳は疲れない (新潮文庫)

著者:池谷 裕二,糸井 重里

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これもお風呂の中で読み返してますが、
ちゃんと休み休み読んでるから大丈夫scissors

読み返すと「よし、がんばろう!」という気分に
なってくるから素敵heart01
読み返してて思ったけど、
糸井さんがちょっと暴走?しはじめても
「その考え方はおもしろいです」
と、穏やかに認められる池谷さんの人柄がまた素敵です。

アマゾンの書評で素敵なコピーがあって、
ちょっと感動しました。

「華麗なる加齢へ」

スバラシイ!


そして、再読した本は処分できないのでした…。
まあいいか。

|

« グラフィック折り紙 | トップページ | 天上の剣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/24500220

この記事へのトラックバック一覧です: 再読:

« グラフィック折り紙 | トップページ | 天上の剣 »