« ハリウッド版ドラゴンボール | トップページ | パリの空のポスター描き »

2008年11月16日 (日)

ボストン美術館・浮世絵名品展

江戸東京博物館へ、ボストン美術館・浮世絵名品展を観に行きました。
これは、アメリカのボストン美術館が長持ちに入れて放っておいた
浮世絵版画の中から厳選された、大部分が日本初公開! という
豪華な浮世絵の歴史です。

長持ちに入れっぱなしだった、というだけあって
保存状態がとても良く、他の浮世絵展などで観る版画では
たいてい色が飛んでいる黄色や淡い桃色もちゃんと残っていて、
鮮やかな色合いが版画の良さを際立たせています。
かっこいい!
歌麿、写楽、北斎、広重などビッグネームの作品はもちろん、
今まで聞いたことのない(恐らく一介の職人さん?)の
きめ細かい彫りや刷りの技術力の高さに、
江戸文化の豊かさが偲ばれます。
細い細い髪の毛の線とか、
白い紙にエンボス加工した着物の柄とか、
ホントにすごいよ!
名が残らない一介の職人さんが、
これだけの技術を持ってたってことでしょう?
ホントにすごいよ!!

すごい混雑ではありましたが
1点づつメモ取りながらじっくり観ているオバサマや
北斎の版画の前で「デッサン上手いなあ…」とつぶやくオジサマなど、
研究熱心な方が多く、押すな押すなの混乱もなく
ゆっくりと観ることができました。
版画だからかな? ガラスケースではなく額縁での展示だったので
思いっきり近くに寄って観ることもできたし。
(肉筆画はガラスケース展示でした)

江戸の風俗を描いたものが面白かったなー。
市井の人々の情景を観ることが、好きなのだわ、わたし。
人気役者の出る舞台に群がるファンの女の子たち、とか
大店(日本橋三越?)の中でソロバン片手に困った顔の番頭さん、とか。
人のやってることはいつの世も変わらないのが、おもしろい!

日本のマイケル・ダグラスこと光源氏も
あいかわらず噂の美女に逢いに行ったり人妻に逢いに行ったりしてるし。
この合間に幼子を育てているのか。。
セックス依存症だよ……。


びっくりしたのは、
「これ、海老蔵に似てるね」と言っていた浮世絵が
市川家の人を描いたものだったこと!
「市川八百蔵」さんだそうで。
すごいな、市川家!
顔立ちが似てる、のもあるのかもしれませんが、
やはりあの「にらみ」の表現が江戸の時代から連綿と受け継がれていて、
それが定着してるってことなのでしょうね。
すごいよ、市川家!


そして、大琳派展を観に行った時も思いましたが、
日本人にはこういう「情緒を表しディフォルメする」感覚が
DNAに組み込まれてるんですよ!
マンガ的表現はマンガが描かれる以前から、
日本人に刷り込まれているのですよ!
大衆文化に過剰な規制はしちゃなんねえ。
モンスターペアレンツなんて、てやんでぇだ!(江戸っ子風)
(今は、対象年齢の低いマンガ雑誌等では
学校で習う以外の漢字は使っちゃいけないそうです。
ルビふってもだめなんだって。親から出版社にクレームがくるんだって。
わたしは、マンガで漢字を覚えたことが多かったけどなあ…)


閑話休題。
根こそぎ持って行ってずっと放っておいたボストン美術館もアレですが、
日本に残ってたら戦争で焼けてたかもだしね、まあまあ、それは。
豊かな江戸文化に触れられて、日本が誇らしくなる展示でしたよ。
おなかいっぱい、面白かったです!

|

« ハリウッド版ドラゴンボール | トップページ | パリの空のポスター描き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/25393923

この記事へのトラックバック一覧です: ボストン美術館・浮世絵名品展:

« ハリウッド版ドラゴンボール | トップページ | パリの空のポスター描き »