« 中目黒ランチ | トップページ | グリーンプロジェクト_その後 »

2008年11月 3日 (月)

琳派って誰?

雑誌ブルータスで琳派が特集されていたので
買ってみました。
曰く「日本美術史上、最も華麗なる系譜。これが琳派だ!」

BRUTUS (ブルータス) 2008年 10/15号 [雑誌]BookBRUTUS (ブルータス) 2008年 10/15号 [雑誌]

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


マガジンハウスらしい洒脱なタッチの文体で、
すごく簡単にわかりやすく琳派の解説をしています。
酒井抱一を「光琳チルドレン」と呼んだりするところ、
ウマイなーと言うべきか、軽いなーと言うべきか。

橋本治氏や、会田誠氏が寄稿されています。
軽い文体…。わ、わかりやすい…。

会田誠氏がインタビューの中で
「少女漫画の中のリボンの描き方が
「源氏物語絵巻」の組み紐の描き方を彷彿とさせたり、
奈良時代の仏像の足もとが石ノ森章太郎っぽいな、と思ったり。
それは、無意識レベルで継承されている
かたちや線の日本人の癖みたいなもので、
そういうものが文化的血脈ではないか」
というようなことを仰っていて。

ああ、なるほど!
古き伝統は後の世代に
しっかり伝えていかなければならないけれど、
それと同時に、生活の中で脈々と受け継がれていく
様式美が、無意識の中にあるのだ。
日本てやっぱり懐の深い国だなあ、と誇らしく思ったりもして。

写真が多くて見応えがあるし、
琳派in京都の特集もあって、
薄いわりには楽しめた本でしたheart01
鈴木其一のページがなかったのが残念gawk

|

« 中目黒ランチ | トップページ | グリーンプロジェクト_その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/24994734

この記事へのトラックバック一覧です: 琳派って誰?:

« 中目黒ランチ | トップページ | グリーンプロジェクト_その後 »