« 軽いパウンドケーキ | トップページ | ガジェット魂 »

2008年11月25日 (火)

ガーリーフォト修行

フェリシモカタログで知られる、可愛いもの写真家・長嶺輝明さんの
こんな本が出ていたので買ってみました。

長嶺輝明の「かわいい」写真術?誰も教えてくれなかった「被写体探し」と「空気感」のつかみ方! (MARBLE BOOKS)Book長嶺輝明の「かわいい」写真術?誰も教えてくれなかった「被写体探し」と「空気感」のつかみ方! (MARBLE BOOKS)

著者:長嶺 輝明

販売元:マーブルトロン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本の撮影に使っているカメラ、
一眼レフも二眼レフもコンパクトもポラロイドもレンズ付きフィルムも
ぜーーーーんぶ、フィルムカメラなんですよー。
…やっぱり、ユルい写真を撮影するには
フィルムカメラなのか……。
ぽやんとした雰囲気にする画像処理テクニックとか
あればいいな、と思ったのですが、
そうそう簡単にはいかないですねー。
(「ROUNDRECT X RUSSIA」使えばいいんですが)

長嶺さんが、コントラストの弱い写真は立体感が少なくなり
絵みたいな雰囲気になる、というようなことを仰っていて、
ガーリーフォトが好きな理由が少しわかりました☆
イラストっぽいんですね。
ユルふわ写真は好きだわーーー。


ところでこの本は、これはこれで可愛いのですが
やっぱり長嶺さんは雑貨写真が可愛いな、と思ったのでした。
フェリシモの写真集作ってほしいな!

|

« 軽いパウンドケーキ | トップページ | ガジェット魂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/25648781

この記事へのトラックバック一覧です: ガーリーフォト修行:

« 軽いパウンドケーキ | トップページ | ガジェット魂 »