« 温泉CHANGE! | トップページ | ルネ・ラリック展 »

2009年2月22日 (日)

20世紀の始まり〜ピカソとクレーの生きた時代

bunkamura ザ・ミュージアムにて
20世紀の始まり〜ピカソとクレーの生きた時代
を観てきましたヨー。

ヨーロッパ屈指のコレクション、世界初、大公開!
ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が
改修工事で休館中のため、
大々的にコレクション公開の展示が実現したとのことです。

ピカソとクレーの他に、ミロやマチス、シャガール、
マグリットなどの教科書に載るような人気作家に加え、
他ドイツ近代美術作家の作品の中から、
20世紀前半というくくりで名品を集めた展示会。

なんか、上野とかの大きな美術館に比べて
額のガラスが光を反射しにくいみたいで、
まるでガラスはめてないように見えるの!新技術?
とても観やすくて、絵をじっくり眺めることができました。
他の美術館も取り入れてほしいな!

20世紀前半ということで、ドイツから脱出したユダヤ人作家さんや
志願兵となって若くして亡くなった作家さんがたくさんいて、
怖い絵だったり寂しい感じがする絵だったり、が多かったです。。。

そんな中、クレーの絵は可愛いheart01印象のものばかり。
人の顔も、ポストンくん(・〒・)みたいな! 可愛い!
あのくっきりした線とグラフィカルな色彩は、やっぱり好きだー!
ピカソも、キュビズムの激しいものは少なくて、割と具象的な。。。
対象物がわかる描き方が多くて、すっきりと穏やかな感じがしました。
こういう言い方ってなんか失礼というかおこがましいですけども、
ピカソって本当に上手いよねえ…。
そして、いつも何歳になっても「恋多き」な感じがおかしいhappy01
作品解説にはだいたい、「これは、○○年頃の恋人を描いた〜」とか
書いてあるです。芸術家ですねえ!

いろいろな作家のものが観れて、またシャガールとかも
今まで観た事のないような平面的なタッチのものがあって、
新鮮な感動でしたー。

そして特筆すべきは。
未だかつてなかったほど、マナーの良い人たちが多い展示でした!
素晴らしいわー!
みんながみんな、少しでもたくさんの人が観えるように体を斜めに開き、
後ろの人も観えるように絵の真ん中には立たず、
もちろん割り込む人もいなければ、ピカソの前で
「やっぱり意味わからんねー!きゃはは!」とか大声上げる人も皆無。
ちょっと鞄があたっただけで小声で「ごめんなさい」とささやき、
子どもはお父さんに抱かれ幸せそうに寝息を立ている(笑)。
あまり混雑していなかったせいもあるけど、
珍しいくらい、すごく気持ち良く鑑賞することができました。
みんな、本当に絵が好きで、観たい人たちなんだな、と
嬉しくなりましたよーnote
マイナスの感情がない場所ってやっぱり気分がウキウキしますupheart

そんな穏やかなミュージアムを出たら、喧噪の別世界。。。
ミラクルシティ渋谷。

静かなカフェを探し、老舗おしゃれカフェ・アプレミディ…
に行ったら満席だったので、その階下の
アプレミディ・グラン・クリュでお茶飲んで、渋谷を後にしました。

090222_
これはケーキセットのパンナコッタ。
お皿に、チョコとフルーツソースで書いてくれた模様が可愛いheart04

渋谷に出たわりには、ゆったりとした休日を満喫した一日でした♪
さあ、明日も頑張るぞう!

|

« 温泉CHANGE! | トップページ | ルネ・ラリック展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/28303630

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀の始まり〜ピカソとクレーの生きた時代:

« 温泉CHANGE! | トップページ | ルネ・ラリック展 »