« 20世紀の始まり〜ピカソとクレーの生きた時代 | トップページ | 悲喜こもごも? »

2009年2月23日 (月)

ルネ・ラリック展

今年はルネ・ラリックが生誕150周年らしいです。
知らなかった!

■「生誕150周年 ルネ・ラリック展 華やぎのジュエリーから煌きのガラスへ
国立新美術館 6月24日(水)〜9月7日(月)

昨日、チラシをもらってきたんですけどね、
すんごいですよ、チラシの表に載っているハットピンのアップ!
繊細!繊細!繊細!!
壊れやすいガラス細工で作られたケシの花の中に、
ダイヤの花芯が品格のある輝きをじんわりと放っています。
うわぁああ、観たあぁあい!!

協賛がワッフル屋さんなのも気になります。
オリジナルメニューとか出るのかしら……。
6月か…遠いわ…。
忘れないようにしなくちゃ……。

(しかし、公式サイトが東京新聞ってどういうことですか、
あまりやる気ないのでしょうか、国立新美術館)

|

« 20世紀の始まり〜ピカソとクレーの生きた時代 | トップページ | 悲喜こもごも? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/28304199

この記事へのトラックバック一覧です: ルネ・ラリック展:

« 20世紀の始まり〜ピカソとクレーの生きた時代 | トップページ | 悲喜こもごも? »