« 医学のおかげさま | トップページ | また発作 »

2009年2月17日 (火)

北風と太陽

今日、電車で運良く座れてウトウトしていたら、
遠くから近づいてくる、なにやら騒がしい女性の声が。

「ここは女性専用車両よ!!」
女性が一人、どうやらこの車両に乗っている
男性全員に怒っている様子。
「早く降りて!」
「移動してください!」
カップルらしき女性が「同乗者がいてもダメなんですか?」
とかばおうとするも
「ダメよ!子どもじゃないんだから!
痴漢や盗撮が多いから女性専用者が生まれたのよ!」
それでも移動しない男性を
「なんて図々しいの!早く降りて!!!!」と次の駅で引きずり降ろし、
「なにするんですか!」「いいわ!駅員さんに言うわよ!」と
一緒に降りて行きました。

一理あるんですけどね。
わたしも、ラッシュ時の女性専用車両に
素知らぬ顔で乗ってくる若い男性(オジさんは意外と少ない)に
カチンとくることもありますけども。

正論でも、頭ごなしに言われるのは誰でも嫌だよなぁ、とか
とにかくヒステリックに相手を責めて
自分の思い通りにしようとするのは
まわりからは滑稽に見えるよなぁ、とか
いろいろ考えましたが、わたしは特に
大声で他人を威嚇しようとする人がとにかく苦手なので
怖かった……怖かったよぉ……weep

その女性が降りたあとの、
車内に流れるホッとした空気が
その場の皆の心情を現していました。

正しいことを言って嫌われちゃうのはもったいないですね。
やっぱり説得するなら「北風と太陽」の
太陽でありたいものですわん……。

あなたの話はなぜ「通じない」のかBookあなたの話はなぜ「通じない」のか

著者:山田 ズーニー

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 医学のおかげさま | トップページ | また発作 »

コメント

通りすがりですが、失礼いたします。
実は正論でも何でもなく、全く筋の違った話なのですけどね。彼女達が追い出そうとしているのはただ「男」として生まれ育っただけの普通の人間であって、卑劣な性犯罪者である事を前提としているわけではないのですから。もし彼を性犯罪者であると断定してそのような行為に及んでいるのだとしたら、彼女達の方こそ失礼な人達ではないですか?
加えて、女性専用車の扱いは「任意協力」となってまして、強制力はなく乗る乗らないは男性の方に任されています。彼に乗る権利がある限り、彼女達に彼を追い出せる「正義」はありません。
失礼いたしました。

投稿: じろう | 2009年2月17日 (火) 17時52分

残念ながら、じろうさんの言うことも一理あったりして。
女性専用車両を認めなければ電車に乗せない、
なんて約束をさせるなら別だけど、
あくまで鉄道会社側のお願い事だからねぇ。

そもそも女性と男性が同じ料金の時点で平等権に反する、
非合理的な差別だったりするしなぁ。
違憲なんじゃないの?みたいにここはデリケートな部分です。

女性専用車両の正当性は分からなくはないんだけどね。
ただ、正論であると言うのは微妙なところです。
で、それを正論と振りかざして暴言を吐いたり
行動を強制したりすることは犯罪です。強要罪とかね。
実はこの場合、女性のほうが犯罪を行ってるわけです。

そんな法律論はともかくとして、
僕は間違ってもラッシュ時に女性専用車両には乗らないです。
このご時勢、痴漢に間違われたら人生終わるからね…。
生きにくい世の中になったもんです。

投稿: K太 | 2009年2月18日 (水) 00時09分

>じろうさん
なるほど、確かに一方的に非難する女性の方が非があるかもしれないです。
この場合は暴力行為スレスレでしたし。。
勉強になります。。コメントありがとうございました。

>K太くん
正論という言い方がよくなかったのか。ごめんね。
なんというか、男女ともに自分の主張はあるでしょうが、
お互いにもっと穏やかに言えばいいのにな。。。と感じたのでした。
わたしは前に一般車両に乗っていて「専用車両があるのに女がこっち乗るな!」
と怒鳴られたことあるよ。。大声を出す人は怖いよ。。。
生きにくい世の中ですね。

投稿: wacco | 2009年2月18日 (水) 01時45分

waccoさんが思うことが、
「もっと穏やかでいようよ」
ってことなのは分かってたんだ。
前々から変だなと思ってたことなんで、ちょっと書いてみました。
あれ、解決策が一つあって、
男性専用車両を作ればいいんだよね(笑)。

みんな正論振りかざしてても、丸く収まることはないからなぁ。
妥協という言葉がもう少し浸透すればいいんだけど。
なんかぎすぎすしてる。いつからこんなに生きにくくなったのかしらね。

投稿: K太 | 2009年2月18日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/28146898

この記事へのトラックバック一覧です: 北風と太陽:

« 医学のおかげさま | トップページ | また発作 »