« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

追悼 赤塚不二夫〜ギャグで駆け抜けた72年

銀座松屋大展示場
追悼 赤塚不二夫〜ギャグで駆け抜けた72年
を観てきましたよーーー。

090830_01

赤塚不二夫………。
やっぱり天才です。天才!!!
超革新的なアイデアが次から次へと!
展示を観ている途中で、へなへなと腰が抜けつつ、
「ふははっはははは!」と乾いた笑いが止まりません。
あまりの斬新なアイデアに、
一緒に行った友人うさこちゃんは壊れてしまった!
「あふゃぁふあぁー@○×▽◆…」と声にならない奇声をあげるうさこ。
大丈夫かうさこ! 気をしっかり持つのよ!!

まるで首締められた南国の鳥の断末魔のような
「シェーーー!!」がエンドレスで聞こえる中、
鬼才・祖父江慎氏の空間ディレクションがまた
観にくい!観にくいよ!
カラー原画展示で赤のライトってどうゆうこと??
カラーわかんないじゃん!!
天才の追悼にふさわしい鬼才。
さすが、白い紙に白いインクでタイトル刷る男です。
鬼才………。

そんでもって、壊れながらヘロヘロになりながら
観終わってカタログを買ったら、
バカボンパパとの握手券をいただきました。
わああーーー! バカボンパパと! 記念写真も撮れるらしい!
いい歳して恥ずかしいとかね、そういうのは超えてしまいます。
だって赤塚不二夫観たあとだよ?!
そりゃ、ぬいぐるみパパと写真撮るよ!!
あたりまえさ!!!

090830_02
「もっと、盛り上がろうぜ!」と煽るパパ。
イカス!
握手のあと、パパとハグしたら
観ていた観客(?)から拍手が巻き起こりました。
みんな、いいノリだね。いーーーーネ!good

改めて観ると、バカボンパパの造形が
いかに完璧なデザインか、とか
背景パースも実に上手い、とか、
とにかく原画に修正がなくてものすごくキレイ、とか
そんなことはもうどうでもよくて、
ただひたすら、天才の偉業の前に腰砕けになった展示でした。

これでいいのだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミリオンセラーの絵本原画と世界の絵本画家たち

損保ジャパン 東郷青児美術館
ミリオンセラーの絵本原画と世界の絵本画家たち」を観てきましたよー。

先週に引き続き、子ども本の美術展。
これは、日本の誇る童画家いわさきちひろの
「ちひろ美術館」の所蔵コレクションから選りすぐった、
ミリオンセラーや国際的評価の高い絵本の原画展です。

かーわいかーったーー!
そして、懐かしかったーー!
ちひろ美術館、すごいですね。さすがー!
「スーホの白い馬」(←大好きだった!)や
「いないいないばあ」(←大大好きだった!!)や
「はらぺこあおむし」まで、原画を所蔵しているんですねえ!
(さすがにブルーナさんはなかった…ちょっと残念)

ちょっとナメてたんですが、午後からすごい人出になって
親子連れはもちろん、おじいちゃんおばあちゃんも
連れ立って観にきていて、会場はごった返してしまいました。
それだけでもう泣きそう。
こうやって、絵本展へこどもを連れて足を運ぶ家族がこんなにいるんだわ。
日本もまだまだ捨てたもんじゃないです(笑)。

わたしや同世代の友人は、
「懐かしいーー!」「これ、何度も読んでもらってたーー!」
と昔を思い出しながら興奮して観て回っていましたが、
一緒に行った友人うさこちゃんが耳にしたおばあちゃんの会話は
「これ、よく読んであげてたわあ」って。
うわわ、そうですよね、
わたしもおばあちゃんに絵本読んでもらったりしてたよなあ。
なんだか微笑ましかったです。うふー。

展示が出版国ごとになっていて、
その国の傾向とかがわかって面白かったです。
やっぱり、色の感覚って小さい頃育った国の
空気感によるんだなあ、というのがなんとなくわかる。

そして、各作家さんが愛情込めて作り上げた作品は
子どもの豊かな感受性を育みますよねえ。
絵本の読み聞かせってほんと大事だなー。

こどもたちのキラキラした目と大人たちのノスタルジーに包まれた、
いい展示でした。
ああ、「いないいないばあ」欲しくなっちゃうな…。
恐るべし松谷みよ子…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

CTスキャン再び

来月、またCTスキャンを撮ることになりましたよー。
以前撮ったものと、比較をします。
治ってるのかなー。どきどき。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

明日は耳鼻科

タイトルに偽りあり。
もう今日ですが、耳鼻科の定期検診に行ってきます。

3ヶ月前はほとんど香りが分からなかったのですが、
今はおウチのミントの
スペアミントとアップルミントを
嗅ぎ分けられるようになりました!
バジルの香りもわかるし!

…しかし、なぜか香水の香りはわからないんです。。
香水の方が、ハーブのそれよりも濃い香りのような
気がするんですけどね。
不思議ー。

とりあえず、「3ヶ月は薬で様子を見よう」と言われていた
タイムリミットなので、手術するかしないかの
判断がされるのかしら…。
どきどき!

朝早くの診察なので、もう寝ますーー。
お休みなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

謎のデザイナー 小林かいちの世界

東京初の、かいちの大きな個展。これは行かねば!
赤い電車の京浜急行の最端から、東京上京ものがたり。
いやはや、横須賀の青い海と広い空から比べると、
東京は空気が悪いよ、東京砂漠のコンクリートジャングルよ、
などとブツブツ言いながらホテルニューオータニへ。

ニューオータニ美術館「謎のデザイナー 小林かいちの世界
では、さすがに今までの展示より点数が多くて、
初めて観る作品や、封筒の裏まで観ることができて、見応えがありました。

こうして一堂に会したところを観ると、圧巻です。
初めてかいちを観た時の衝撃が蘇ります。
なんなの、この空間把握能力!
この色彩センス!
当時の木版で、主線を銀で入れてる人っていたんだろうか。
(いや、それは刷り師の仕事?)
作業工程はよくわからないんですが、
とにかく広がる世界観が素晴らしい!

どんなに努力しても到達できない圧倒的なセンスに
ただただ、「これ、無理………無理…」とつぶやきながら
観てまわりました…。
はああ…、勉強しなくちゃなあ……。

グッズはかなり充実していて、
ポストカードも種類がいっぱいあったし
複製原画的な額装もあったし、欲しかったのですが…。
印刷があまりにも酷いんです…。コンビニのコピーみたいよ!
金銀は汚くなっちゃってるし、他の色の部分も汚いムラがあるし。
北斎とかとは刷り枚数も違うだろうし、
そもそものコストが違うんだろうけど
せっかく、今のグッズにしても全く遜色のないデザインなのに
もったいないなあ、と思ったのです。。。
金銀の線のみ別版で乗せてくれないかな。
ちょっと高くなっても買うのになー。

とはいえ、かいち原画をじっくり観ることができて幸せです。
同じ日本人として誇らしいきもち!
(いや、あの空間把握は無理ですけどね…)

小林かいちの世界 まぼろしの京都アール・デコBook小林かいちの世界 まぼろしの京都アール・デコ

著者:山田 俊幸,永山 多貴子

販売元:国書刊行会
Amazon.co.jpで詳細を確認する


伊香保も行きたくなっちゃうなあ…。夢二美術館もあるしねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手のひらのモダン〜コドモノクニと童画家たち

横須賀美術館「手のひらのモダン〜『コドモノクニ』と童画家たち」展
&ニューオータニ美術館「謎のデザイナー 小林かいちの世界」展へ
行ってきました。
横須賀から赤坂見附まで。
ほぼ電車の旅でしたが、さらりと通り抜ける風が気持ちのよい
お天気のおかげで、のんびりと楽しく過ごせました。

ちなみに、今日はお着物で見参。
なんと綿の総レース。先日買った、夏帯を合わせて。
090823_03
遠くから見ると分かりづらいですが、

090823_04
近くで見ると、確かに総レース。
一見、昭和のピアノカバー(笑)。
綿ですが、浴衣よりも風通しが良く、快適でした。

さて、まずは横須賀美術館。
大正時代に創刊され、昭和初期・戦中まで刊行された
子どものための絵雑誌「コドモノクニ」で活躍した
作家さんを中心とした童画展です。

絵画主任に岡本帰一(「きいちのぬりえ」のあの人ですよ!)sign01
をはじめ、詩人の北原白秋、野口雨情や教育学者とか、
「各分野における当時の俊英たちが『コドモノクニ』に集結した」
ですよ。
様々なアイデアのモチーフ、華やかな色彩、
本当にたくさんの作家さんたちの個性溢れる絵や写真の数々。。。
(表紙写真家に、土門拳もいたよ!!)
この展示では、戦前のこどもたちがどんなに豊かな情操教育で
育まれていたか、すごくよくわかります。
それにひきかえ、戦争中に発刊されたものは
戦闘機とか兵隊さんとかばっかりで、色合いも暗くて、
夢のない絵で、泣きそうになっちゃいましたweep
その中で明るい絵を描いていた作家さんは、投獄されたりとかしてて。
こんなものが、こどものこころを豊かに育てるわけないわー!
やっぱりこどもには、一辺倒ではなくて
いろいろな人や、考えかたに触れさせなければです…!

絵に関しては、きいちはさすがの別格で、なんというデッサン…。
なんという立体感…。表情とか、上手すぎて怖いです。
泣きながらケンカする子どもの顔とか、
リアルに歪んでいて悪魔のようです。。。
上手いのわかったから! 怖いから!

昔の上手い人は本当になんでも描けるなあ…。と
打ちひしがれてみたり、
ぜひまとめて観たい! と思っていた武井武雄がたくさん
展示してあったのでじっくり観れてホクホクしてみたり、
初めてみる初山滋という作家さんの絵が可愛くて、
目を皿のようにしてみたり、
目からハートまで、しっかり堪能いたしましたheart04
昔の絵描きさんて、本当になんでも描けるのよね…。
何千枚も繰り返したんだろうな、という
安定感のあるデッサンがたまらないです。たまらないーー!

そして、横須賀美術館といえば谷内六郎館も観どころのひとつ。
観てまわっていると、ソコカシコから「週刊新潮は本日発売です…」
というつぶやきが聞こえてきておかしい(笑)。
やはり、谷内六郎は1000枚以上の膨大なアイデアと、
ノスタルジーだけではない、少しの毒がたまらないです。

そして、横須賀美術館はロケーションが素晴らしく、
海の見えるレストランでの食事は最高にきもちいいです。
これ↓は、屋上の見晴らし台(?)から見た浦賀の海。
090823_01

そして、海を渡る船!
090823_02

展示も展望も素晴らしく、夏の休日にぴったりの美術館です。
午前中に行って、レストランを予約してから展示をまわるのが
おススメ。

そしてこの後、赤坂見附へGO!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月22日 (土)

らっきょうへの目覚め

年齢を経て変わっていくもの。
そのひとつに味覚があります。

名古屋の居酒屋で島らっきょうを食べてから、
夜食にらっきょうを食べるようになってしまいました。
(島らっきょうではなく、普通のらっきょうですが。)
子どもの頃は毛嫌いしてたのになあ、不思議。

島らっきょうは沖縄の野菜で、普通のらっきょうと比べて、
風味がちょっと野性的。
わたしの家の近所のスーパーではなかなか売ってないけど、
たまに食べたいなあ。

島らっきょうに鰹節と醤油をかけてそのままでもよし、衣をつけてカリッとてんぷらにしてもたまらない♪【島らっきょう】シャキシャキとした食感でやみつきになるのが島らっきょう、島らっきょうファン増大中!島らっきょうに鰹節と醤油をかけてそのままでもよし、衣をつけてカリッとてんぷらにしてもたまらない♪【島らっきょう】シャキシャキとした食感でやみつきになるのが島らっきょう、島らっきょうファン増大中!

販売元:沖縄フードマイスター

楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月19日 (水)

髪を切りました。

もーどーにも我慢がならん!というわけで、
髪を切ってきましたよー。

しかし、なんとも……。
すごく気に入らないわけでもないですが、
超気に入った!みんなに見せたい!
わけでもない…。
びみょうな感じです……。
こういう時はどうしたらいいのでしょう。

とりあえず、アレンジ法とか考えてみる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

行きたい展示

もうすぐ秋ですね!
またもや、行かねばならぬ展示が目白押しです。

ミリオンセラーの絵本原画と世界の絵本画家たち
損保ジャパン 東郷青児美術館 〜8月30日(日)
ひーー!! 早く行かなくちゃー!

堀内誠一 旅と絵本とデザインと
世田谷美術館 〜9月6日(日)
ひー! 早く行かなくちゃあー!

ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし
東京都庭園美術館 〜9月27日(日)
面白そうです。会期まで若干間があるし。

パウル・クレー 東洋への夢
横須賀美術館 9月5日(土)~10月18日(日)
おおう! クレーの企画展が!


今週末は横須賀美術館で童画展&谷内六郎観てから、
オークラの小林かいち展に行きます。
強行軍!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらもちふさこWORKS

実は、あんまり漫画自体は読んだことないんですが、
絵はすごいなあ、と思っている作家さん。
イラスト集が出ていて、つい買ってしまいました。

BookくらもちふさこWORKS Illustration&Technique

著者:くらもち ふさこ

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

くらもちさんの何がすごいって、
年齢も性別も性質さえも、骨格で描き分けているところです。
きちんとした人はきちんとした骨格で、
だらしない若者はだらしない骨格で描ける。
この世代の漫画家さんてほんと、立体的なデッサンだわー。
こういうの、眺めているだけで和んでしまう自分。
やっぱり漫画好きなのね…。

少女漫画はですね、あんまりリアルなものよりも
あほなコメディーの方が好きなんですけどcoldsweats01
絵が素晴らしいので、漫画も読んでみようと思いました…。
今なら、天然コケッコーかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

横浜さんぽ

旅行からの帰宅後、15日の土曜日に
横浜みなとみらい〜元町へブラブラしに行きました。

名古屋も面白かったし、
伊勢は視界がクリアーになった気がしたし、
神戸の街は素敵だったけれど、
やっぱり地元横浜はいい街です。
いい街です。

みなとみらいのカフェでケーキを食べ、
(またか…)
090815_

桜木町から元町まで、ブラブラと散歩を。
090815__2
この日も天気良すぎて、ジャックも日焼けしそうです…。

途中、バーニーズも立ち寄って、使いやすそうなバッグを発見!
ううーん、可愛いなあ…。でも旅行でずいぶん使っちゃったから
節約しないとな…と悩みまくって、結局我慢しました。
えらい!
来月、残ってたらまた会いましょう…。

大桟橋の手前の港に、なにやら大きな船が来てました。
090815_mm

元町でバッグを見て、カフェでお茶して、
中華街の「百八十六番餃子」さんで餃子を買って帰りました。

やっぱり、横浜好きだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

神戸で食べたもの

さて、旅の醍醐味といえば食事です。

伊勢でのランチは、伊勢うどん。
090813__4
わたしは月見うどん。卵のおかげで、濃厚なお味もまろやかに。

デザートに赤福氷。
090813__5
食べ進めていくと、餡子とおもちが出てきます。

おまけ。食べ物つながりで。伊勢神宮にいた尾長チキン。
090813__6
チャボっぽいのもいました。

2日目の夜は、神戸の、こさっぴのおばあちゃんちに
泊めていただきましたー。
ありがとうこさっぴ!

というわけで、神戸で食べまくる。
これは串カツ。
ストップをかけるまで次から次へ出てきます。
塩が美味しかったよー。
090813__7

その後、お茶しにカフェへ。
チーズケーキの伊予柑ソースがスーパーデリシャス!
090813__3

翌朝は近くのカフェでうまうまサンドイッチを。
そしてすぐ後に出汁で食べるたこ焼き、明石焼。うまうま!
090814_

さすがに満腹でランチは控え、
お茶をしたカフェではサービスでクッキーが。可愛美味しで嬉しいheart04
090814__2
教会を改装したカフェは、天井が高くて気持ちよかったよー。

神戸のスタバは軽井沢みたいな雰囲気でした。
090814__3

そしてー、神戸の街をブラブラしつつ、
大丸のカフェでお茶を。
これはアフォガード。好き好き大好き!
090814__4

そして、そーいえばご飯をぜんぜん食べてない! と気づき、
帰り際、駅の構内でカレーを食べて新幹線へ。

いつもかたわらに食べ物がある幸せ。
ああ自分は、おやつを食べながら仕事ができる職場じゃないと
いられない身体になってしまったんだわ、
と社会復帰後を憂いながら横浜へ戻るのでした。
美味しく楽しい旅でしたよー!

帰って体重計に乗ってみたら、2kg太ってました。
あひゃん、そりゃそーですわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目は伊勢

「一生に一度はお伊勢さん」。
江戸時代の観光のメッカ、伊勢神宮へ初めて見参してきましたよ!

久しぶりの友人と、伊勢駅の改札前で待ち合わせ。

Img091_2

初めての伊勢は、まず外宮から。
大きく広く、心なしか行き交う人々もみなのんびりと。
090813_
確かにご神域らしく、入った瞬間に空気もひんやりとして、
厳かな雰囲気はあるものの、
宗教! 総本山!敬え! 崇めよ! という押し付けがましい感じではなく、
むしろ何でもウェルカム! なオープンな感じでした。
090813__2
ものっすごい上天気。
さすがわたし、スーパー晴れ女。
アマテラスの大きな愛を感じちゃいますわんcatface

外宮へお参りし、内宮へ。
本殿はどちらも質素で素朴。
ははあ、これは、「一生に一度は見ておくべき」と言われるわけです。
日本人のルーツ、って感じでした!
他の宗教によくある「権力を誇示する感じ」がなくて、
日本人が自然を神様として崇めてきたのがすごくよくわかります。

普通の神社だと、
「~~になりますように」ってお願い事をしますが、
お伊勢さんでのお参りは、
「わたしは~~します! 見守っていてね!!」と
誓いになってしまいました。
そして、妙に自信が出てきましたよ?
「わたしが誓って、叶わないわけがない!!」みたいな。
これも、お伊勢さんパワーでしょうか。さすがです。わおーup

今回はお盆休みだからか、すごーーーく人が多かったので。
今度は人が少ない時に、また来たいな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋へ行ったよ

帰ってきましたよ!

久しぶりの2泊の旅行は、つかず離れずいつの間にやらつきあい10年、の
友人たちと、ゆったりのんびりリラックスしたいい旅でした。

12日は名古屋。
まずはホテルへ荷物を置き、夜のマッサージを予約してから
ぶらぶらと街を冷やかしながら熱田神社へ。
三種の神器のひとつを祀っているこの神社は
境内がうーーんと大きくて、弥が上にも高まる期待。わくわく!

ところが、本殿へ近づくごとに増えてゆく「工事中」のガード。
…高まる嫌な予感。
案の定、本殿とその周りの神楽などは大幅改修中で立ち入り禁止!
わお!

がっかりしつつ、また来るもんね、待ってろよ! と
誓いを新たにしましたよ。
新本殿は、10月に竣工だそうです。
また行くよ〜〜!

代わりに(?)入った宝物殿では、ずらーっと並んだ刀の展示に
よくわかんない!でもきれい!と食いついていたら、
刀オタク風(失礼)の学芸員のオジサマに
鑑賞法を細かく教えてもらいました。
刀の反り方とか、束部分の穴の開き方とかで、
作られた地方とか年代が分かるらしいです。
詳しい人に教えてもいながら観ると、やっぱり面白いな!

ホテルへ戻ってから軽くプールで泳いで、
近くのお店で晩ご飯を食べ、買って帰ったケーキをお部屋で食べ、
090812_
そうこうしているうちにマッサージ師さんが部屋へやってきて、
揉まれてぐったり。heart01

わーお、なんだかセレブっぽい名古屋の一日でしたーhappy01

ヒルトン名古屋は、ただ今20周年記念でいろいろキャンペーン中!
おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

神戸です

ピーカンです。さすがわたし。

昨日の伊勢神宮は素敵でしたー!
そして今日は神戸。
友人宅の近所を歩いていて思ったのですが、
よく言われる横浜よりも鎌倉の海側に
雰囲気は似ているかも。

海があり、山があり、美味しいカフェとパン屋さんがあり
のんびりした雰囲気が湘南と似ています。

美味しく楽しく幸せです。
あともう少し、楽しむぞー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

名古屋から

今、名古屋ヒルトンです。
プールでのんびりして、味噌カツ食べて、部屋にマッサージ呼んで、極楽至極。
たまには許してセレブ気取り。

明日は伊勢神宮へ行きまーすheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

明日から

夏休みを取りまして、
名古屋〜伊勢志摩〜神戸へ行ってきます!
実は、泊まりでの旅行はひさしぶり!なので、
かなり楽しみーーnotenote

2日目の伊勢志摩は、現地集合で本当ーに久しぶりの友人と
落ちあいます。3年前くらい?に会った時は全然変わってなかったけど
どうなってるかな、わくわくわく。

ともあれ、楽しんできまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

ブルーベリーを狩りました

マンションの裏に果樹園がありまして、毎年夏に収穫します。
今日は今年の収穫日でした。
090808_

今年はキウイも実っていたのでこちらもゲット。
まだまだ固かったですが、今リンゴと一緒に置いて
熟すのを待っています。

090808_02
スーパーで買うブルーベリーよりも、以前バスツアーで行った
ブルーベリー農場のブルーベリーよりも、
今まで食べたどのブルーベリーよりも、ウチのが美味しいheart04

今年も豊作でしたので、3日ほどは楽しめそうです。


そして、お土産に朝摘みブルーベリーを持って
友人のバイト先へ遊びに行きました。
友人は、ねこシッターをやっています。

090808__2
猫とはあまり馴染みのないわたしですが、
ここんちの猫は誰でもウェルカム!ないい子なのです。
おなか触らせてくれるし、犬みたい。

090808_02_2
近づいて激写。
ポージングも上手い子でした。
うふふー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月 7日 (金)

とめはねっ!5巻と観用少女

文化系スポ根漫画「とめはねっ!」の5巻が出てました。

とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)Bookとめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)

著者:河合 克敏

販売元:小学館

発売日:2009/06/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する


相変わらず、ユル〜く熱く盛り上がる書道マンガ。面白い!
なんと、来年1月、NHKでドラマ化だそうです。
すごいですね、青春書道ドラマ! 演出によっては
なんだか面白くなりそうで、ちょっと楽しみです。
エンディングで、書家の先生のワンポイント講座とか
やりそうですよね!





そして、観用少女の再編集版が出ていたので
思わず買ってしまいました。
ネムキの単行本持ってるのに……。

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 観用少女 I (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)Book眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 観用少女 I (ソノラマコミックス 眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

著者:川原 由美子

販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


川原由美子は本当に小さい頃から(27年前から!)好きで好きで大好きで、
特にこのシリーズは、ロリータ趣味のオブラートにくるんだ人間模様が
得も言われぬ感情を紡ぎ出し、わずかに残るポエマー心をくすぐる
掘り出し物でございますよ、お客様。
この巻収録の「嵐」が好きで好きで好きで好きで……!!!
前を向いて、歩いていかなくちゃ……!


何度も再編集版が編まれているこのシリーズですが、
初めて手に入れるならば、愛蔵版がおすすめですよ、お客様。

観用少女(プランツ・ドール) 〔第1巻〕 新版 明珠/川原由美子/著 [本]観用少女(プランツ・ドール) 〔第1巻〕 新版 明珠/川原由美子/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新世紀メディア論

まだ途中までですが、こんな本を読んでいます。

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前にBook新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

著者:小林弘人

販売元:バジリコ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サイゾーやギズモードを立ち上げた立役者の著者のメディア論。
まだパラパラと見ているだけですが、結構目からウロコ。

情報はどんどんニッチで攻めになっていったら面白いな。
結局、マス向けになりすぎて、ターゲットが広くなりすぎて
つまらなくなってしまったんだと思うのです。
雑誌もTVも。

目指すべきは、一億総マニア化ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

宇宙戦艦ヤマト実写版

宇宙戦艦ヤマトの実写版が製作中との噂
気になるキャストは、古代進役にキムタク……キムタク?!?!?!
えぇええーーーーーーー!!!

古代進って、18歳の新人クルーよね、たしか……。
森雪とも、そんなに年齢違わないはずなのに。
キムタクでは、お兄さんの古代守に近い年齢なのではあるまいか。
あ!! じゃあ、古代守は50代の俳優さんが演じるというのかしら??
そしたら、スターシャは?? 川島なお美とか??? ひいー!!!
そして、日本人のデスラー総統は、アメリカ人の孫悟空よりも
違和感を感じます。誰がキャスティングされるのでしょう…。
スリリング!

まあ、実際に制作されているのかは謎ですが、
再ブームになって、再放送が始まったりすると、ちょっと嬉しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

2010年度版 手帳

ぽつぽつと、来年度版の手帳が出てきてますね。
そうか、9月始まりだとあと1ヶ月なのですね、早いなー!

今年の手帳はあまり使い勝手が良くなかったので、
来年用はまた選ぶのに時間がかかりそうです…。

マンスリーとウィークリーが交互に編集されてるものがいいな、と
思っています。
以前使っていた勝間和代プロデュースのワークライフバランス手帳は、
ここが使いやすかったのだー! と改めて気がつきました。
探してみると、なかなかないのですよ。
マンスリーは前半にまとめられてしまうのね。

うーん、今年の手帳は12月まで残っているので、気長に探します。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

オリンパス PEN

遂にーーー、出ましたね!
コンパクトデジカメのボディーサイズに一眼レフのセンサー&レンズ。
マイクロ一眼カメラ、OLYMPUS PEN E-P1
欲しいーー!

オリンパスはアクセサリーが可愛いし、
(本革ボディージャケットとストラップは、純正品の中では
他に類を見ない可愛さです。CMキャラクターは宮崎あおいちゃんだし、
めちゃめちゃ女子ターゲットなのが伺えます)
買っちゃおうかな、と思っていたのよね。
レンズキットも安くなったし…と思っていたら、
新製品だよまんまみーあ!

なぜこんなにボディーが小さくできたのか、というと、
カメラ内部のミラーを外したからなんだそうです。
それにより、ファインダーでの撮影はできなくなり、
液晶モニターのみ。
(別売りでファインダーも売ってますが、ほとんど飾りですよーとのこと)
なもんで、お店の人によると、ファインダー撮影に慣れている人は
手ブレを起こしやすいかもしれないって。うーん、そうか。。
でも、この軽さは魅力よね。
以前、某カメラマンが「一眼レフの上位機種は、
クライアントサービスでしかないよ」と言っていたし。
(大きいカメラ、というだけで、クライアントは喜ぶんだそうです。
業界用語を使うのもサービスみたいなもの、とも言っていた…うは)

これから、他のメーカーもどんどん追随してくんだろうなあ、
となると、リコーGR神話は崩れ去るかもしれません。
なんといっても、センサーのサイズが一眼レフと同じ!
モノを小さくすることにかけては執念を燃やす日本人魂。
さすがです。

うーう、欲しいなあ…。
転職したら買っちゃおうかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

おととい買った本

最近時間がないので、すぐ読めそうな本を中心に。

スタイリスト押田比呂美のコーディネート・大人の法則 (ワニ文庫)Bookスタイリスト押田比呂美のコーディネート・大人の法則 (ワニ文庫)

著者:押田 比呂美

販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


●これ↑は昨日読みました。洋服が好きなので、
洋服についての本もつい買ってしまうのですが、
内容は今まで読んだ押田さんの本とあまり変わらなかったかも。
今までの押田さんのコーディネート本の中では、コーディネート刑事↓がいちばん面白かったなー。
コーディネート刑事(DEKA)・押田比呂美のスタイリング更生塾Bookコーディネート刑事(DEKA)・押田比呂美のスタイリング更生塾

著者:押田 比呂美

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


コーディネートは、アイテムではなくバランスです。ズギュン!


そして、芋づる式に思い出した類書ですが、
洋服に関してのエッセイは、斎藤薫さんのこの本↓がいちばん面白かったです。

されど“服”で人生は変わるBookされど“服”で人生は変わる

著者:齋藤 薫

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「着まわしからの脱却」は目からウロコ!





ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~Bookドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~

著者:7人の特別講義プロジェクト

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


●今、途中まで読んでいます。
NHK「プロフェッショナル」とかDAIーX出版の「仕事と生活ライブラリー」とか
カンブリア宮殿とか…と似た構造で、わたしはこういう「その道の人に話を聞く」のは
大好きなので面白く読めますが、果たして16歳の学生たちに響くのか?という点では
ちょっと疑問。
でも、英語はがんばって単語を覚えようー! と思いました。


●ついでに類書(かな?)。
このシリーズは、人のセレクトからして松浦弥太郎テイストって感じです。。↓
ミナを着て旅に出よう (仕事と生活ライブラリー)Bookミナを着て旅に出よう (仕事と生活ライブラリー)

著者:松浦 弥太郎,皆川 明

販売元:DAI‐X出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する





■以下、まだ読んでいない本。

言葉を育てる 米原万里対談集 (ちくま文庫)Book言葉を育てる 米原万里対談集 (ちくま文庫)

著者:米原 万里

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


カッコいい女! (ワニ文庫)Bookカッコいい女! (ワニ文庫)

著者:夏木 マリ

販売元:KKベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

不思議がいっぱい! 日本昔ばなしの旅 (じっぴコンパクト新書)Book不思議がいっぱい! 日本昔ばなしの旅 (じっぴコンパクト新書)

著者:島尾 真

販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


モノレールねこ (文春文庫)Bookモノレールねこ (文春文庫)

著者:加納 朋子

販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

なぜ人はセール除外品に惹かれるのでしょう

昨日は横浜で花火大会でしたね!
わたしは行かなかったのですが、お嬢さんや僕ちゃんまで!
色とりどりの浴衣の人がいっぱいいて、目に麗しかったです。
たとえ茶髪にしていても、やっぱり日本人は浴衣が似合うなあ。

そんな浴衣人が溢れる横浜の街で、買い物三昧してきました。
夏物セールセール♪ と物色していましたが、
店内の効きすぎた冷房のおかげですっかり身体が冷えきってしまい…

革ジャン買っちまいました!!

これから夏なのに!
もちろん秋物、セール除外品なのに!!
生まれて初めての革ジャン。よりによって、なぜ夏に。

でも可愛かったので…。軽いし…。動きやすかったし…。会社の中も寒いし…。
と、言い訳しつつゲットしたのは、Rouge vifのこんなの↓。
090801__2
バラのファスナートップが可愛くて、細身のシルエットと
襟のないデザインがハードすぎず、使いやすそう。
ファーのマフラーとか合わせたら可愛いと思うのですheart04

まあ、今年は冷夏だというし。買い物は出会いですからね!

そして、うろつき回ってサンダルとデニムスカート(何枚目だよ!)と
アイシャドーパレットと本6冊を買い、家路へ着きました。

狩ったよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »