« アップルパイを焼いたよ | トップページ | 週末ギャラリー »

2010年1月11日 (月)

視覚マーケティングのススメ

こんな本を読みました。

視覚マーケティングのススメ (アスカビジネス)Book視覚マーケティングのススメ (アスカビジネス)

著者:ウジ トモコ

販売元:クロスメディア・パブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本文の中の一節に苦笑い。

『「文字を赤にして、大きく目立たせる」など
現場でよくあるパターンのデザインに対する修正指示は
最もおすすめしないパターンです。』

太字で書かれているのですが、それがもー、心の叫びっぽい。
どんなクライアントも、「文字を赤く、大きく」という
指示をしたがるものなのですねえ。
わたしが担当しているお客さんの中にも、
ほぼそれしか言わないといっても過言ではない方がいます。
ははは。
そういうクライアントの担当者を喜ばせるのと、
『売れる広告』をつくることは別問題で、難しいところです。

この本は、マーケティングがどうとかいうよりも
デザインを発注する時にこういうことをまとめておくと
デザイナーさんが作りやすいよ、という
デザイン会社からクライアントへの啓蒙の本でした。
メーカーの広報の人とかが読んでおくと、
デザイナーさんと話が通じやすくていいかもです。

「もっとコピーを大きく」とかいう指示をしがちな方は
ぜひ一読をしてほしい本ですねえ。。。

|

« アップルパイを焼いたよ | トップページ | 週末ギャラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/32951511

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚マーケティングのススメ:

» この週末、都心のカメラ屋で一眼レフ銀塩カメラを物色していた [愛と苦悩の日記]
■この週末、都心のカメラ屋で一眼レフ銀塩カメラを物色していたが、展示品の絞りやシャッター速度を変更してみたり、シャッターを押してみたりしながら、僕にとっての一眼レフの魅力の大部分は精密機械としてのカメラが人間の視覚を分節しているところから来ているのだと気づいた。カメラはわざわざ合焦させ(この部分はオートフォーカスでほぼ間に合うが)、適切な露出設定をしなければ「見る」ことさえできないのだが、その不自...... [続きを読む]

受信: 2010年1月22日 (金) 08時11分

« アップルパイを焼いたよ | トップページ | 週末ギャラリー »