« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

梅を観に行ってきました

今日は青梅市梅公園へ、観梅に行ってきましたよー。
手術後初めて、お花を観に行きます。
香りをたっぷり楽しんできますよー! わくわく!

あいにくのお天気でしたが、駅に着いたら雨も上がってたし
思ったよりも観梅客が来ていて、
老いも若きも日本人も外国人も
みな穏やかでいい笑顔catfaceで、和みます。
お花見はいいですねえ。

しかし、肝心の梅はまだ5分咲きくらいでちょっと残念。
最近寒い日が続いたからでしょうか。
Dscf1834
とはいえ、ほのかに桃色に染まる山々はやっぱりきれい。

Dscf1836

Dscf1840
紅梅と白梅。
梅の花って近くで観るとほんとに可愛くて、
お花ひとつの形だったら桜より断然可愛いと思うのheart01
意匠にもなるはずだよなー。好き!

遠くからはぼんやりと眺めて和み、
近くに寄ってはクンクン香りをかぎまくり。
種類によって香りの強いものと弱いものがありますが、
爽やかなんだけど濃厚な甘さ。でもすっと抜けるの。
うぅう、前回はわからなかった梅の香りを感じることができるー!
感動ですーshine 自然て素晴らしい!

「梅の公園」と名がついていますが、ほぼ山ひとつ分。
今日は道がぬかるんでいたので、登り下りで足を取られて
プチ命懸けの観梅にcoldsweats01
でも山ひとつ分の梅を観る機会はそうそうないですし
頂上からの眺めはやっぱり壮観なので、
季節になると行きたくなっちゃうんです。
雨で洗い流された山の空気はとても澄んでいて、
雫を抱えた梅のつぼみも素敵で
これはこれで楽しめました。

Dscf1842
福寿草ももう少しで満開。

あと2〜3週間したら梅も咲き誇ると思うので、
もう一度行きたいなー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

犬印鞄を買ったよ

犬印鞄製作所の浅草雷門通り店にて、
書類用カバン「ポートフォリオ」を買いました。
Dscf1816
地味な色がちょっとなー、とか言っていたくせに、
結局茶色です。てへ。


内側は仕切りとポケット二つ、というシンプルさがいいです。
2個持ち用の書類カバンですから。軽いしね。

夏になったら白も欲しいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

最近面白かった漫画

■テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)Bookテルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)

著者:ヤマザキマリ

販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する


古代ローマの建築技師が、現代日本にタイムスリップしてしまう(風呂限定)。
ただそれだけの話なのですが、
ギリシャ彫刻のような裸体の、偉大なるローマ帝国の男が
「平たい顔族」の風呂に対する情熱に
毎回毎回打ちのめされる様子が滑稽で…面白いのです。

どこかの家庭の風呂にトリップしては
「自分は浴湯の技師としてすべての知恵を努力を注いできたと思っていたが、
それは愚かな自負に過ぎなかった…」と愕然とし、
露天風呂にトリップしては
「なんなんだ、このとてつもない心地の良さは…!」
と陶酔する。

突然現れたガイジンさんに対し、いろいろ世話を焼く
オジちゃんオバちゃんたちもいい味出してます。
平たい顔族の一員として、お風呂好きを誇りに思いたくなりますよ!


■陽のあたる坂道

海街diary / 3 / 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)Book海街diary / 3 / 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)

著者:吉田 秋生

販売元:小学館

発売日:2010/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する


大好きな海街シリーズ3作目! なかなか新刊が出ないけど、
この丁寧なプロットが好きなのだからしょーがない。

鎌倉に住む4人の異母姉妹。
ここに起る様々な出来事は一般的とは呼べないかもしれないけれど、
でも誰にでも起こりえること。
そんな日常に起る試練や壁を、姉妹ひとりひとりが
ゆっくりと、状況を受け入れながら確実に前に進んでいく様子が
丁寧に丁寧に描かれていきます。

「いくら努力してもどうにもならないことってやっぱりあるけど、
だからって別に終わりじゃないんだな」

中学生のすずちゃんの言葉に気付かされる。
幸さん、気持ちわかります!
読み終えたあとは、自分の心に山をつくらないように、
きちんと周りを見て丁寧に生きよう、と思わせる秀作です。

早く続き読みたい! でもこのペースがイイ!
ジレンマ!!

■いばら・ら・ららばい

いばら・ら・ららばい (KCデラックス)Bookいばら・ら・ららばい (KCデラックス)

著者:雁 須磨子

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


わたしは、この人の描くダメ人間が大好きだ!!

と言えるほど、雁さんの作品を読んでいる訳ではなくて
特にボーイズラブはまったく読んではいないのですが。
でもね、この人の描くダメ人間が大好きなの!!
人は皆、愛すべきダメ人間なのだ…。好きだ…!

そんなにインパクトのある漫画ではないのに、
なぜか何度も読み返して噛み締めてしまう
スルメ漫画です。
がんばれ、茨田さん。


■ジジジイ-GGG

ジジジイ-GGG 1 (モーニングKC)Bookジジジイ-GGG 1 (モーニングKC)

著者:小山 宙哉

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


設定は独特だけど、話の展開はごくまっとうな青年誌っぽい。
(万引きは子ども向け漫画ではどうかと思いますし)
マンネリ感は否めないものの、
やっぱりこういう勧善懲悪ものは読んでいて気持ちがいいです。
2話目が好き。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ポートフォリオ型ブリーフケース

普段、通勤で使うバッグを小さくしたため、
書類の入るサイズのバッグを探しています。
できればB4収納可能がいい。
でもB4のブリーフケースって、超ビジネスライクで
黒ばっかりで可愛くないよー!

と探しまくって、候補に上がってきたのは
犬印鞄製作所のポートフォリオ
吉田カバンのエレガントバッグB4サイズ。

犬印は、バッグの表にペン挿しがついているのが可愛いいし、
なによりも良心的な価格がイイwinkgood
ので、きもちはほぼ犬印に傾いているのだけど
(『犬印』って名前も可愛いじゃありませんか!)
色がちょっと地味かなあ、とも思っていて、
吉田カバンのピンクに惹かれていたりもします。
犬印にオレンジがあれば即決なのになあ、残念!

とりあえず、今週末に浅草に行くかもしれない…ので
犬印鞄制作所の実店舗に寄ってみて、
現物を見てから決めよう…と思っています。

こういう、レアなものを探すのは
インターネットは便利だなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

ロッテのジャンドゥーヤ

バレンタインが終わったのでチョコチェックに寄ったコンビニで、
ロッテV.I.Pのジャンドゥーヤを発見!

Dscf1815
無印のジャンドゥーヤよりも、ほろ苦い感じがします。
そして濃厚。
うーん、これは美味しい!

あっという間に一箱空けちゃいます。
た、大変です……pigsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月14日 (日)

鎌倉の由来とボケ封じ

鎌倉をブラブラしてきました。
最近は海側の社寺やお店をそぞろ歩くことが多かったので、
今日は山側を行ってきましたよ。
山側、というか、鎌倉の外れの方ですね。

735年建立、鎌倉最古の寺とも言われる杉本寺に行ってきました。
本堂の中に入れて、ご本尊の十一面観音様を
拝観させていただけます。

ここで、ぼけ封じのなすのお守りをゲット。
物忘れが少なくなるそうですcatface
やっぱり、由来は「ボケナス」なんでしょうか。
日本の文化史は駄洒落の歴史です…。
Dscf1813
縮緬でできていて、すこしふっくらした茄子です。
よく忘れがちなsweat02鍵につけました。

それから浄妙寺の石窯ガーデンテラスで
コーヒー飲んでまったりして、
さあ帰ろうか…というところで
「鎌足稲荷神社→」の看板発見。
道しるべの矢印通りに進んでいくと、
なにやら、裏山の上のさらに階段の上に、
見るからに古ーーーーい感じの石の鳥居が!

鎌足神社、「鎌倉」の名の由来のひとつと言われている神社です。
こんなに鎌倉に何度も来ているのに、初めて来ましたー。

藤原鎌足が蘇我入鹿を討伐してからしばらくした後
夢で「入鹿を倒すという大願を成就したのだから、
守りであった鎌を奉納しなさい」という神託があって
この地に鎌を祀ったとのことです。
その夢を見た、というのが大化2年(646)。
鎌倉幕府よりも300年ほど前です。古いわけだわー。
古くてあまり人のこない神社っぽいので、
おどろおどろしいのかなーと思っていましたが、
小さいながらもきれいに掃き清められていて
地元の愛を感じましたhappy01

古い寺社仏閣は、表通りから遠かったり
階段が登り辛かったりするんだけど、
その歴史を感じるととても面白いです。
いや、深く調べてるわけじゃないんだけども。

そんなこんなで、今日は結構歩いたけど
いつもの鎌倉観光とはまた違った感じで、
面白かったです。
これからは物忘れも少なくなる予定ですしgood
仕事もバリバリできるはずです。楽しみだなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月13日 (土)

香水いろいろ

思えばここ数年。
香水なんてとんと買っていなかったのですが、
昨年鼻の手術をし、いろいろな香りがわかるようになってきたよー!
そんなわけで、今までの鬱憤を晴らすかの如く
香水を買っています(ミニボトルが多いけど)。

今年に入って買った香水は、こんな感じ。
Dscf1810_2
左から、
ドルチェ&ガッパーナ/シシリー
クリスチャンディオール/ジャドール
カルティエ/ル ベゼ デュ ドラゴン
アニックグタール/ガーデニアパッション
マーク ジェイコブス/マーク ジェイコブス
バーバリー/ロンドン

なんだか、あまり統一性のない香りたちです。
バラエティ豊かというか。

カルティエのル ベゼ デュ ドラゴンは完全なるパケ買いです。
ジェット・リーの「キスオブザドラゴン」をイメージした香りとか。
蓋の内側が毒針イメージだったり、
蓋を上から見ると中華っぽかったり
Dscf1808
カルティエの外箱デザインもカッコイイ。
ボトルを飾っておくだけで気高くなりそうです。
香りは濃厚オリエンタルであまり好みではないんだけど、
たぶんトップのウッディが苦手なだけなんだと思う。
ほんのすこーしだけつけて、1時間くらいすると
まろやかなムスクになってこれはこれで好きです。
しかし、つけすぎると頭痛がします、要注意です…。
あと、夏にはつけられない。今のうちか…。

アニックグタールはずーっと憧れのブランドで、
この機会に! とばかり本日バーニーズに行って買ってきました。
このガーデニアパッションは、ムエットで貰った時は
チュベローズの甘ーーい香りがしたのですけど
わたしの肌だとあまり甘さが強くならないようです。
トップ〜ミドルまで、青臭さがかなり長く残ります。
でもラストになるとほんのりバニラの優しい香りになるみたい。
やっぱり香りって、体温とか元々の体臭とかで
全然変わってくるものなのですね、面白いなあ。

会社にはマークジェイコブズかバーバリーをつけてます。
大勢の人がいる密閉された空間に行くときは、
むあっと籠らない香りがいいですねー。
お腹にほんの少しつけていくと、
トイレの時にふんわり香って和みますよ 笑。
お腹、おすすめですー。

そういえば、会社で香水紹介のコピーを書いていたら
同僚に「『香水好きな人が書いた!』って感じですねー」
と言われました。
饒舌になるのは好きの証拠。ははは。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

横浜ビジネスの底力

こんな本を読みました。

 横浜ビジネスの底力 都市横浜の魅力と成長する企業の秘訣 横浜ビジネスの底力 都市横浜の魅力と成長する企業の秘訣
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

横浜に拠点を置く企業へのインタビューを元にした本です。
もともと仕事本て好きなのだけど、
大好きな横浜の会社をまとめた本なので、楽しんで読めました。
どこも「老舗」と呼ばれるのを嫌がる、というエピソードも
歴史を持ちつつも、伝統よりも革新を求める前向き感があって
横浜らしくていいですよねーgood

この本で初めて知ったこと。
・崎陽軒は創業102年!
・キタムラのマイバッグのデザイナーが皆川明さん!
・プリンスメロンとアンデスメロンはサカタのタネがつくった!
・アンデスメロンは「安心です」の略!

特にアンデスメロントリビアに衝撃!
すっごいよ、サカタのタネ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

江戸の彩 ー珠玉の浮世絵コレクション

Bunnkamuraミュージアムで
愛のヴィクトリアジュエリー展を観たあと、
原宿の太田記念美術館へ行ってきました。
今、「江戸の彩 ー珠玉の浮世絵コレクション」展が開催されています。
うわわ、世界が違うーーー笑。

さすが浮世絵専門美術館、どれも保存状態がすごくよくて、
色がキレイに残っています。
着物の重ね着とか、文様と相まってすごくカラフル!
さっきまで見ていたヴィクトリアンジュエリーの
キラキラさとは別の華やかさ。
色をいっぱい使ってるんだけど美しい統一感があって、
平面的なんだけど人間を感じる暖かみがあって、
版画はいーですねー! 大好き!
肉筆画もあったけど、やっぱりわたしは
刷られたものが好きです。

今まであまり観たことない西洋風のシルエットの
モダンな浮世絵があって、(でも文政の時代だから
西洋文化はそんなに入ってきてないと思うんだけど)
それを描いたのは葛飾北斎の娘で、葛飾家は代々
革新的な絵を描く家系なのだなあ、と面白かった。

でも浮世絵を見るといつも思いますが、
すごく斬新な技法とアングル、そして漫画的ー!
日本人は昔から漫画的DNAがあるんだよなーー!
と改めて思ったのでした。
日本の200年前の絵がもう漫画だもの、
これは文化となるわけだよね。

前に行った時よりも混んでいましたが、
全体的にゆっくりと見ることができる美術館なので、
興味がある方は、ぜひ!
面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

「愛のヴィクトリアンジュエリー展」に行きました

渋谷Bunkamuraミュージアムで開催中の
愛のヴィクトリアンジュエリー展〜華麗なる英国のライフスタイル」に行ってきました。
19世紀英国ヴィクトリア時代の、主にヴィクトリア女王のための
華やかなジュエリー展。

まず、最初の展示ジュエリー
「シトリン・カラーゴールドパリュール」という
ティアラ・ネックレス・イヤリング・その他のお揃いジュエリーの
輝くような眩さshineに見惚れてうっとり目がハート!
あんなキラキラ輝く、あんな大きなシトリン見たことない!

エルミタージュ美術館展とかにあった展示品ほどの豪華さではなく、
実際に身につけるものとしての華やかさ。
「これのレプリカだったら手が届きそだな〜」くらいの洒脱さが
ヴィクトリア女王への親しみやすさを醸し出しています。
いや、細かくみると本当に繊細で豪華なんですけどね。

ジュエリーもそうなのだけど、ジュエリーの縁取る金細工が
ほーんとに細かい!
パールやカメオの細工も本当に繊細!
カメオの薄ーいところとか、「よく剥がれないで現代まで持ってるな!」
という感じですもの。だってジュエリーなのに。
実際にブレスレットとして王室貴族が使ってたりしたんでしょう?
こんなの、わたしがつけたらその日の夕方には
全ての細工が壊れまくってるよ!
という程の繊細さでした。。。
数えきれないほどの職人や奴隷の犠牲の上に
仕上げられた宝飾品なんだろうなあ、と、意味胸が痛みます。
でも全く素晴らしく可愛く、
女心は血湧き肉踊ってしまうのだ!

あと、ジュエリー制作前のスケッチにも興奮しました。
ほぼモノクロなのに、この粒はたぶんダイヤをつけるんだろうな、
ここは金細工だな、というのがわかるんですよ。
超緻密で完成されてるの!
あのスケッチの複製画作ってくれたらいいのになー。
欲しいなーーー。。。。

ポスターとかのビジュアルがギャルっぽいわりには
渋い展示もあって、楽しめました。よかった!

そしてその後、太田美術館へ浮世絵を観に、原宿へgo!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

上杉忠弘さんおめでとう!

イラストレーターの上杉忠弘さんが、
『コララインとボタンの魔女』という映画のコンセプトアートで
美術賞を受賞されました!
うわゎ、おめでとうございます!!
アニー賞、日本人で唯一の受賞者上杉忠弘氏が喜びのコメント!

アメリカのアニメで、日本人がコンセプトアートを
描いていたのにまずびっくり。
上杉さんて、ヨーロピアンな雰囲気のイラストを描く方だなあ、と
思っていたので、二度びっくり。
でも、こうなるとイラスト集が出ないかなあ、と期待しちゃいます!
以前、山田章博さんの、映画『SHINOBI』のコンセプトアート集を見て、
すっごい面白い仕事だなあ!と思っていたのです。
コンセプトアートのイラスト集ってもっと出てもいいのにー!
欲しい!見たい!

ともあれ、上杉さん、おめでとうございます!
原画展やって欲しいなーーup

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月 7日 (日)

羽田に行ってきました

今日は、ぶらりと羽田空港に行ってきましたよー!
展望デッキからは飛行機と
なんと富士山fujiも大きく見えて感動shine
富士山があんなにキレイに見えるとは思わなかったです。
飛行機と富士山を一緒に見るって、
なんだかすごく縁起がいい気がします。
わあい!

小型の飛行機が多い中、
JALの飛行機はやっぱり大きかった!
コスト面には負担があるのでしょうが、
やっぱり空港で見る飛行機は大きい方がいいな、
ワガママなんですけど。

空港をブラブラしていると、旅に出たくなりますねー。
無闇に旅グッズとか買っちゃったりして。
今年はいっぱい旅に出るぞー!punchと決意を新たにしましたよ。

しかし展望デッキ、老いも若きも小さきも、
なんと男子率の高いことよ!
おじいちゃんから赤ちゃんまで、ワクワクオーラlovely全開で
男の子は乗り物が好きなんだなぁ…って
微笑ましかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

春だから、花を買ってるよ

最近、1〜2本花を買って帰るのが自分の中でブームです。
春の花は可愛いねー。

100203__4
日曜日に買った時はまだ固いつぼみだったチューリップが
開いてきました。
向こうに見えるのは鎌倉宮の獅子頭ちゃん。。

100203__5
今日会社の近くのお花やさんで買ったピンクのガーベラ。
グラデーションがきれい!
月曜日に買ったバラの花も満開です。

100203__6
あと、横浜のフラワーショップで豆の花を。
スミレみたいですね。
値段のわりに(150円くらい)ボリュームあるし、
蔓もくるくるで可愛くてお気に入り!

少しずつ少しずつ、部屋の中が華やかになっていくのが
楽しいなーheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »