« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

星新一展に行ってきました

われわれが過去から受け継ぐべきものはペーソスで、
未来に目指すべきはユーモア。

ショートショートの神様、
星新一展(世田谷文学館)
へ行ってきました。
すーーーんごい懐かしくて、面白かったです!

原案のメモ帳(もちろん直筆!)の展示があったんですが、
とにかく小さい! 小さいの! 
こんなに展示物がまともに見れない展示も他にない。
斬新! さすが星新一! 1001話書いた男!
そして、思いついたものは何にでもメモしていたようで、
それがまた、「記憶喪失の殺し屋」とか、
アイデアの羅列のメモだけでももう面白そうなんですよ!
読みたいーーー!!

構想メモの展示でもテンション上がりまくりでしたが、
ずっと表紙絵を描いていらした
真鍋博氏と和田誠氏の原画が!! 原画が!!!
二人の巨匠イラストレーターさんの原画展示で、
貧血起こしそうなほど大興奮!
うわあーーーー! 見たことあるよこれーーーー!
ずっと読んでたよーーーーーhappy02
二人の絵のテイストはぜんぜん違うのですが、
もののかたちを的確に捉えて、
いちばんイイ線を選び取る力がものすごいの、二人とも。
あたりまえですけどね、巨匠ですからね!!

そしてびっくりしたのが、星新一(及びおとうさん)の略歴。
大叔父さんは森鴎外、
お父さんは星薬科大学の創立者で星製薬の創業者で、
野口英世とマブダチでツーショット写真あり。
伊藤博文の外交時の秘書もやってて。
そして星新一氏は、父親の死後ちょっとだけ社長もやっていたことがあり、
日本では数少ない、一部上場(当時)の社長経験のある作家。
なんだそれーーー! どんだけエリート家系ですか!
教科書で見た人たちばっかりですよ、お父さん!
そして息子は、手塚治虫の「W3」の主人公
「星真一くん」のモデルになってる!
星新一が、あほな2代目だったらW3は読めなかったんですね。
ありがとう星新一…。

この展示のメインコピーとなっている
「われわれが過去から受け継ぐべきものはペーソスで、
未来に目指すべきはユーモア。」
ああ、そうそう、星新一を読んだことない人って、
ペーソス&ユーモアがない気がします。
叙情がないってことかも。
あの短いお話の中に、なんと豊かな人間心理が
見え隠れしていることか。
短いからすぐ読めるし。
エヌ氏とかは半分くらい読むと気が遠くなってくるけど。

とか、とか。
いろいろと思い出しながら、もう懐かしくて
ああ!未来いそっぷ読みたい!! と思ったら
ミュージアムショップは1時間前に閉店してました。
うああん、たすけてアマゾン……。

でもでも、すごく懐かしくて新しくて楽しい展示だったので、
皆様も機会があったらぜひ、行ってみてください。
ボッコちゃんと記念写真も撮れますよ!

ボッコちゃん (新潮文庫)Bookボッコちゃん (新潮文庫)

著者:星 新一

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川上澄生ー古今東西をあそぶ木版画の世界

版画ざんまい、面白手作り工房へようこそ!
川上澄生展
」(世田谷美術館)へ行ってきました。

明治〜昭和にかけて活動した木版画家なのですが、
あの棟方志功が、この人の版画を見て
「版画家になろう!」と決意したという。
↑このエピソード初めて知りました!

版画というこれ以上ないくらいの平面の世界なのに、
ものすごく自由な発想と確実な空間把握で、
小さな小さな刷り上がりが、
現実味のある奥行きとロマンティックな広がりを見せる。
金属は重そうに、風に翻るスカートは軽やかに見えるんです。
木版画なのに! 彫刻刀のふっとい線なのに!
かああっこいーーーーー!

色の選び方がヨーロッパっぽくて素敵だなー、と思っていたら、
海外留学もしていて、さらに50年ほど英語の先生もやってるの。
なので、英単語に絵をつけたミニ本なんかも出してて、
すっっごいおしゃれで可愛いのに、限定200部とかなんですよ。
なにそれ! みんなが読めるようにしてよう!
ずっと本職を持ちつつの版画制作だったので、
自ら「休日作家」「僕はしろうとですから」とか言ってるの。
なにそれ! このクオリティと仕事量で素人って!
棟方志功の立場は!!

最期まで量産はしなかったみたいですが、
それゆえに圧倒的なまでの存在感のある作品ばかり。
「コドモノクニ」展とかで何点か観たくらいで、
こんなに一堂に会したのを観たのは初めての
作家さんだったので、隅から隅まで堪能しました。
版画はやっぱり好きだあーーーheart04
楽しかったあぁーーheart01

そして、世田谷文学館へ移動!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

ニッポン・ビューティー

こんな本を読みました。

ニッポン・ビューティ 本物の女たちの 美しい生き方Bookニッポン・ビューティ 本物の女たちの 美しい生き方

著者:Grazia編集部

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


格好いいお婆ちゃんたちの、格好いい人生史。
各界で今も大活躍の(ほぼ)80代女性たちが、
自身が人生で学んだすべてを教えてくれるインタビュー集。
1冊に、約1600歳分の知恵が詰まっています。
人生、仕事、家族、人間関係…悩んだときに、
あなたを助けてくれる言葉がこの中に詰まっているはず。
“Around 80”の底力満載。
(amazonの内容紹介より)

アラウンド80〜90ですよ! すーーっごいカッコイイ! 
美しく年齢を重ねた人たちはみんな潔くて透明な感じ。美しい。
(瀬戸内寂聴はちょっと微妙だったけど)
日本にも、まだまだカッコイイ大人はいっぱいいるんだわ! と
勇気がもらえます。

しかし、この中の人たちがほぼほぼ、
「今って戦前の雰囲気にそっくり」
「人生の中で今がいちばん(国に蔓延している雰囲気が)悪い」
と言っていて、ちょっと背筋が寒くなります。
戦前の雰囲気って、今、会社で中核を成している
3〜40代くらいの世代には本当にわからないものね。
乱立しているベンチャー企業とか、ほぼ20代しかいない会社が多いでしょ。
家庭でも会社でも同世代の人しかいなかったら、
勢いだけでどんどん過去のものを破壊していっちゃうよなあ…と思うのです。

みなさま、おじいちゃんおばあちゃんは敬いましょうね。


あら、なんだか道徳みたいなまとめになってしまったよ…。
本は面白かったので機会があったら読んでね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

髪を切ってきましたよ!

ここ2ヶ月くらい、何をやっていたか憶えてないくらい
目まぐるしくて、ずーっと美容院に行っていなかったら
いつのまにか男らしいザンバラ頭になっていました。
こりゃいかん!!

というわけで、すっきり切って、パーマをかけましたよー!
「春っぽく」
「くるん、ではなく、ふわふわに」
「軽くしたい、でもスカスカにはしたくない」
というワガママすぎるリクエストに、
しっかり応えてくれた美容師さん、感謝です。
関ヶ原の落ち武者風から、春のモテ髪heart01ヘアカタログ風へ。
見事です。可愛いです。これが本当のわたし!
さよなら落ち武者!

「時間ができたらでいいんで、カラーをなんとかしたいですね」
プロのハートを刺激する、ひどい頭でごめんなさい。
時間ができたら、きっとまた来ます。すぐ来ます。
きっと………。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

れっつ豪徳寺

昨日は、豪徳寺へ行ってきましたよー。
以前TVで見た豪徳寺の駅の近くの
イタリアンレストランに行きたい!という母を連れて。
レストランは茅ヶ崎の「MOKICHI」さんの方が美味しかった。。gawk
残念!

そして豪徳寺。
モミジがいっぱいあったので、秋も見応えがありそうです。
Dscf1976
駅名にもなってるし、昔からあるし大きいし、
すごく謂れのあるお寺なのかと思っていたのですが、
井伊家所縁のお寺で、井伊直弼の戒名の「豪徳なんちゃら」から
名前を取ったみたいです。

「招き猫の寺」としても知られていて、
なんでかなー、、と興味があったのですが、
由来はよくわからなかった…。招き猫堂みたいなのはありましたが。

Dscf1980
これは境内の中の五重塔。
十二支の飾りがついてるんですけど、なぜか真ん中に招き猫が。
これも由来がぜんぜんわからないの。
しかも、猫だけ取って付けたように妙に新しい。なぜだ。。。

もともと彦根藩主だった井伊家にちなんで
ひこにゃんが頻繁に来日…じゃない、来寺…?しているみたいで
ひこにゃんのスナップが存在感を放っていました。
やっぱりこうして見ると可愛いな、ひこにゃん。。。

Dscf1977
境内は牡丹が満開で、華やかでした。
家族で牡丹を見に来たらしき小さな男の子が、
大きな狛犬(?)を撫でながら、
「痛いところを触ると治るんだよ!」と教えてくれました。
…それは身代わり地蔵じゃないかな…?…と思いつつ、
「あたしはねー、肩と鼻だー!」と撫でくりまわしてきました。
よく家族で来てるんだろうなー。

それなりに大きいお寺なのですが、
ナントカ衆総本山! とかの立派なお寺とはまた雰囲気が違って、
地元市民の憩いの場として愛されてる感じのいいお寺でしたよ。
こういう場所が近くにあるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

グリムス2本目

いや…3本目? 忘れちゃった…。
とにかく、いつのまにか成長してました!
やったーrock

自分の木が、どこに植えられているのか
すぐ見えるシステムとかできるといーね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

入学ガイダンスに行ったよ

先週、本校で大学の入学式があったのですが出られなかったので、、
本日分校にて開講された入学ガイダンスに行ってきましたよ!
人数がいっぱいいた! あたりまえか。
そして、入学説明会の時以上に、様々な年齢の方がいて
面白かったーーー。

ついでに、基礎講座を受講してきましたよ。
最前列で寝てるお嬢さんがいました。学校っぽいなー(笑)。
年齢が高い人ほど熱心にメモを取ったり、
スライドに身を乗り出して見入っていたり。
大人になってからの勉強って、熱が入るよね。
がんばろう。

そしてついでに、転職も決まりましたwink
また生活が変わりそうでドキドキですー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

スイートホーム殺人事件

クレイヴ・ライスの「スイートホーム殺人事件」の新訳が出てました。

スイート・ホーム殺人事件〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)Bookスイート・ホーム殺人事件〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者:クレイグ・ライス

販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


しかもどさくさ紛れに、200円ほど高くなってる(笑)。なぜだー。
元々の訳も、翻訳もののわりには読みにくいわけではなかったので
なぜ今?!という気持ちでいっぱいです。
どう変わってるのか気になるなー。

誰か読んだら、感想を教えてください…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

アマテラスの誕生

こんな本を読みましたー。

アマテラスの誕生?古代王権の源流を探る (岩波新書)Bookアマテラスの誕生?古代王権の源流を探る (岩波新書)

著者:溝口 睦子

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


アマテラスが皇祖神となったのは近代に入ってから、
その前に国家神だったのは、北方ユーラシアから渡来した
タカミムスヒという神だった、という著者の自説をもとにした新書。
日本史(主に古代史)がウロオボエの人でも読みやすいよう、
噛み砕いて書いてあります。
専門用語があんまり出てこないのも助かります。

国家神の交換、という場面はすごくスペクタクルで面白かったです。
それにも増して、日本という国は古代の遥か昔から、
様々な国から流れてくる文化を吸収し自分のものにして、
発展してきたんだなあ…と感慨深くなる本です。
この、ミックスできるということ自体が文化であり強みなのですね。
前々からぼんやり思ってたんですが、日本人て
言われているほど、そして自分たちが思っているほど
安定志向じゃないと思うんです。
「他国の文化を取り入れることが文化」だもの、
あまり変化を恐れない国民性なんじゃないのかなー、と
思うんですけど、どうかな。


アマテラスはもともとは「ただの太陽神」という表現も面白かった。
古代の人にとっては「太陽のおばちゃん」という感覚だったのだろうって。
それが政治的な背景から、いつの間にか国家を背負う神様にされちゃって。
昔のヨーロッパの王室にそんな人がいそうです。
ただのお姫様だったのに、王様も旦那さんも死んじゃって、
いつのまにか女王にされちゃった…って感じ。

あとがきがまた、胸が熱くなる。
『私の願いはこの神が、
今度こそ誕生した時の素朴で大らかな太陽神に戻って
少し頼りないところはあるが、あくまで平和の女神として(略)
豊かな命の輝きを見守る神であり続けて欲しいということである』

ヘンに責任を背負わせるよりも伸び伸びやらせた方が
いい仕事ができる新人ちゃんみたいな。親しみが湧くアマテラス像sun
こんな時代ですが、小さく縮こまらないで、
ノビノビと大らかに生きていきたいものです。

という気分になった、読み応えのある本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

岩合光昭写真展「Iwago's World」

岩合光昭写真展に行ってきましたよ。
@たばこと塩の博物館

さすが、カメラ小僧の成れの果て、みたいな(褒めてます)
おじさん、おじいさんがいっぱい来てました。
若いお姉さんもいたけど。

期待してたほど展示は多くなかったけど、
ものすごいアングルとか、ものすごい接写とか、
やっぱりすーーーんごい迫力です。
圧倒されました。

あと、スタッフが撮影したらしき、
岩合さんが撮影しているところの写真の展示があって、
「野生動物をどうやってこんな近くで撮ってるんだ!?」と
いう謎が解けました。
すんごく近づいて撮ってたhappy01。真実はいつもひとつ(笑!
マシンガンみたいな超長い望遠レンズもありましたが、
ほぼ、近づいて撮ってるのね、チーターとかに毛を逆立てて威嚇されながら。
あんなに鼻ふくらませて怒った顔のパンダ初めて見たし。
いやあ、野生動物って眼が違いますねえ。
動物写真見て、癒されるーとか言ってる場合じゃないです。
いきものってこうだよな! と頭にパンチ貰った気分になります。
そして、岩合さんて、もうオーラが野生動物に近いんだろうなーと思うです。

僭越ながら、私もフリーでへっぽこ活動をしていた頃は、
野良猫に近づいても逃げられなかったので
ぐーんと近づいた猫写真が撮れたの。
でも今はダメなんです。
ちょっと視線を合わせただけで逃げられちゃうの。
野生がなくなってきたんだろうなあ、自分。
むむむ、都会の絵の具に染まらないように頑張ります。頑張ります。。

なんてことを思いつつ、野良猫と犬写真は和みました。
鼻提灯ぷーーの野良猫とか。
野生で人に懐かない動物が、ちょっと気を抜いたところが
たまらなく可愛いですよね!
これってツンデレってやつですか! そうですか!

熟年カップルが多い展示会だったため、
狭いながらもゆったりと見て廻れた充実した展示でした。
私の魂も野生に戻るよう、奮起します。おーーpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

もうすぐ春

毎年のことですが、この季節になると
ミントがぶわーーっと伸びてくるので、
増やして増やして、こっそりマンションの共有部分に植えています。

昨年はバジルも植えていて、同フロアの人は
パスタを作る時に活用していてくれたみたいですが、
今年はまだミントだけですー。
夏までに、もうちょっと種類を増やしたいな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

教科書が届いたよ

大学の教科書が届きました。
段ボール1箱、本がぎーーっしり! 重!!

これを全部読むのか…とちょっと気が遠くなりそうでしたが、
負けません。がんばります。がんばります。
テキストを読むのが目標になりそう。
いやーん、本末転倒!
テキストを読んでレポートを書く→理解を深め、自分の考えをまとめる、
のが目的です。がんばります。

とりあえず、「学術基礎」のテキストは読みましたよ。
読みやすかったです。よかった…。
千里の道も一歩から。
うへえ、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

「船をとりまくアールデコ」展

氷川丸生誕80周年企画、
船をとりまくアールデコ」展に行ってきました。
場所は、日本郵船歴史博物館。

企画展は、展示の数は少ないですが、
ポスターやパンフレットなどのグラフィックだけではなく、
豪華客船でクルーズしたマダムの衣装や船内の写真などがあって
当時の船に関わるデザインや流行をトータルで見渡せて
見応えがあって面白かったです。

それと、意外にも常設展が面白かった!
日本郵船って、もとは三菱なんですね!
今話題の岩崎弥太郎氏が創設に関わっていて、
その歴史はとても興味深いものでした。

明治のはじめに創立したこの日本郵船、
教科書で見たいろいろな偉い人が関わっていて、
改革がどんどん成されていって、
でも価格競争の末にライバル社と合併して新会社になったりとかして、
今の時代とすごくリンクしている気がします。

その歴史とか、現在の日本と各国との航路の地図とか、
なんだかすごく面白くて、展示パネルの前で大騒ぎでした。
うきゃ、ごめんなさい。
会場内の人はまばらだったけど、男性が多かったのも面白かった。
やっぱり男性は乗り物好きなんだなーhappy01

今日は花見のあとに行ったので閉館ギリギリだったのでsweat01
また行きたいな。じっくり観たいなー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜を見て来たよ!

ここ数年、ずっと目黒川沿いの桜を観に行っていたのですが
今年は時間がなかったので、せめて…と
通っていた高校のそばの川沿いに、満開の桜を観に行きました。
地元の桜を観て歩くのは久しぶりで、なんだか新鮮ー。

普段の土日は閑散としている商店街も
この時こそ! とばかりに出店が出ていて、
家族連れや年配のおっちゃんがわんさかわんさか。
そんなに道幅が広いわけではない商店街は
まるで日曜の竹下通りみたいでしたcoldsweats01
久しぶりに、『ザ・日本の花見!』って感じ。うはは。

Dscf1853
川に降りて宴会を楽しむグループも。
楽しそう 笑。

Dscf1855
昨日雨が降っていたので、散っちゃってるのではないかと
ひやひやしていたけど、心配無用の満開で
目を楽しませ、心を潤してくれました。
ほくほく、良かったですー。
「花は人間のように臆病ではない」 by岡倉天心
カッコイイな、桜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »