« もうすぐ春 | トップページ | アマテラスの誕生 »

2010年4月11日 (日)

岩合光昭写真展「Iwago's World」

岩合光昭写真展に行ってきましたよ。
@たばこと塩の博物館

さすが、カメラ小僧の成れの果て、みたいな(褒めてます)
おじさん、おじいさんがいっぱい来てました。
若いお姉さんもいたけど。

期待してたほど展示は多くなかったけど、
ものすごいアングルとか、ものすごい接写とか、
やっぱりすーーーんごい迫力です。
圧倒されました。

あと、スタッフが撮影したらしき、
岩合さんが撮影しているところの写真の展示があって、
「野生動物をどうやってこんな近くで撮ってるんだ!?」と
いう謎が解けました。
すんごく近づいて撮ってたhappy01。真実はいつもひとつ(笑!
マシンガンみたいな超長い望遠レンズもありましたが、
ほぼ、近づいて撮ってるのね、チーターとかに毛を逆立てて威嚇されながら。
あんなに鼻ふくらませて怒った顔のパンダ初めて見たし。
いやあ、野生動物って眼が違いますねえ。
動物写真見て、癒されるーとか言ってる場合じゃないです。
いきものってこうだよな! と頭にパンチ貰った気分になります。
そして、岩合さんて、もうオーラが野生動物に近いんだろうなーと思うです。

僭越ながら、私もフリーでへっぽこ活動をしていた頃は、
野良猫に近づいても逃げられなかったので
ぐーんと近づいた猫写真が撮れたの。
でも今はダメなんです。
ちょっと視線を合わせただけで逃げられちゃうの。
野生がなくなってきたんだろうなあ、自分。
むむむ、都会の絵の具に染まらないように頑張ります。頑張ります。。

なんてことを思いつつ、野良猫と犬写真は和みました。
鼻提灯ぷーーの野良猫とか。
野生で人に懐かない動物が、ちょっと気を抜いたところが
たまらなく可愛いですよね!
これってツンデレってやつですか! そうですか!

熟年カップルが多い展示会だったため、
狭いながらもゆったりと見て廻れた充実した展示でした。
私の魂も野生に戻るよう、奮起します。おーーpunch

|

« もうすぐ春 | トップページ | アマテラスの誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/34182322

この記事へのトラックバック一覧です: 岩合光昭写真展「Iwago's World」:

« もうすぐ春 | トップページ | アマテラスの誕生 »