« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

酒井抱一生誕250年 琳派芸術 —光悦・宗達から江戸琳派—

出光美術館へ、
「酒井抱一生誕250年 琳派芸術 —光悦・宗達から江戸琳派—」を
観に行ってきましたよー。

2月6日までの第一部は、「煌めく金の世界」。
金・銀泥を使った屏風などが多かったです。

琳派って、狩野派とかの家系でつながる派閥ではなくて、
純粋に画風でのつながりなわけですけど、
やっぱり光琳の類いまれな空間のセンスが圧巻でした。
光琳て、間近で見るとペンキみたいな塗りだし(失礼!)
線も均一でないし、他の日本画家と比べると
決して絵の技術が特出しているわけではないのだけど、
離れて観てみると、圧倒的にカッコイイ!
配置の全てが計算し尽くされている気がするのです。
パソコンとかない時代なのに。すごいわあ!!

そして、いつもながら出光美術館の学芸員さんの
宗達への情熱がほとばしる熱い解説文がたまらないですhappy02
日本画の解説文って、美術館によっては妙に論文風で
何言ってるかわからないことがままあるんですけど、
出光美術館の学芸員さんの文章は、もろにファンが書いてる!
みたいな(笑)。
ロマンティックかつアゲアゲなライティングに、
「この人、コピーライターになれる!」といつも思います。
他の美術館にも寄稿して欲しいー(笑)!

お昼くらいに行ったのですけど、
帰るころにはロッカーに行列ができてました。
もしこれから行かれる方は、早めに着くように
行った方がいいかもしれません。

やっぱり琳派は人気がありますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

マンガでわかる心療内科

2巻が出てました。

マンガで分かる心療内科 2巻 (ヤングキングコミックス)Bookマンガで分かる心療内科 2巻 (ヤングキングコミックス)

著者:ゆうき ゆう,ソウ

販売元:少年画報社

発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1巻よりも、さらに下品にパワーアップ!
病気の人にも容赦なくボケ&ツッコミを入れるところが好きです。
差別のない感じで。

心療内科について、詳しくなれるわけでは決してないのですが、
1巻で原作者が書いていたように
「何かのときに、『こういうものがある』と
知っているのと知らないのとでは大きな差があります」
と、わたしも思うので、そのとっかかりにはとてもいいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

サダハル・アオキのエクレア

サダハル・アオキのエクレア
上司の外出みやげ。
これは塩キャラメル味〜。

初めて食べたのですが、
皮がシューではなくてクッキーみたいに
サクサクでした。
美味しかった!

やはり、昼間の糖分は幸せになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

ジャスミン食堂に行ったよ

会社の人におススメされたランチのお店。

ジャスミン食堂&Jasmine tent
[パーティー・ダイニング]
ジャスミン食堂&Jasmine tent
JR中央線千駄ヶ谷駅 徒歩8分
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-11 B1(地図
ぐるなびで ジャスミン食堂&Jasmine tent の詳細情報を見る
※2011年1月16日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

小鉢のお惣菜がずらっと並んでいて、
好きなものを選んで会計します。
お漬け物はサービス。

わたしは鮭のホイル蒸しともやしのナムル、
ご飯&お味噌汁にお漬け物をいただきました。
味はカフェ飯風(ちょっと味付け濃い目)ですが、
きちんと美味しいです。
中目黒のchano-maと似たかんじかな。
同僚が食べた卵焼きも、すごくお出汁の味が効いていて
美味しかったそうです。

似たような大衆食堂は御徒町にもあったけど、
青山周辺だとやっぱりオシャレだわね、という感じ。
このあたりの場所にしてはお値段もお手頃で、
近くにあったら通いそうですー。
(会社から、ちょっと遠いのが難点…)

| | コメント (1553) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

街場のメディア論 続き

先日読んだ「街場のメディア論」にて、
膝を打った箇所があったので追記。
書くの忘れてた。

前半で、学生たちにキャリア論を語っている箇所があるのですけど
---------------------
「みなさんの中にもともと備わっている適性とか潜在能力があって、
それにジャストフィットする職業を探す、という順番ではないんです」

「(キャリア教育の目標とは)与えられた条件の中のもとで
最高のパフォーマンスを発揮するように
自分自身の潜在能力を選択的に開花させること」

---------------------
これは、自分自身も含め、転職したいと考えているキャリア組にも
意識して欲しいことだなあ、と思ったのです。

結局、どこの会社に転職しても、
「この会社は本当にひどい」って言う人がいるんですよ、
従業員10人くらいの小さい会社でも、上場企業でも働いたことがありますが、
それはもう、どこの会社に行っても必ずいます。

で、どこの会社に行っても、すんごく仕事の出来る人っていうのも
いるわけです。
社内設備が整ってなかろうが、システムがなってなかろうが、
社内の雰囲気が悪かろうが関係なく
売上げを確実に伸ばす人、
仕事のボリュームが人より多いのにちゃんと定時で帰る人、
(↑もちろん仕事は誠実で、次の仕事もクライアントから指名がくる)
他の部署の業務フローまで作っちゃう人、などなど。
とにかく出来る人は環境に左右されないで出来ちゃってて。

会社の愚痴ばっかり言っている人は、
際限のない自分探しの旅に出る前に、
「与えられた条件のもとで、最高のパフォーマンスをする」
ということができているのか、意識して仕事をするべきだわね!
と感じているわけです。
いや、自分も含めて。がんばろう。

結局、どんな本を読んでも、強く反応するのは仕事論のところだわ、
と苦笑しつつ読んだのでした。

あ、メディア批判も納得できるものでしたので、おススメの本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

街場のメディア論

こんな本を読みました。

街場のメディア論 (光文社新書)Book街場のメディア論 (光文社新書)

著者:内田 樹

販売元:光文社

発売日:2010/08/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

現在、文学部教授である筆者が、大学2年生への講義をまとめたものです。
なので、語り口調で大変読みやすいです。
帯に踊る、
「メディアの不調は日本人の知性の不調と同期している」
の、大見出しが注意を引きます。

メディアが集中豪雨的に扱う論件については詳しい、けれど
メディアが扱わないトピックについてはほとんど何も知らない。
メディアが繰り返す定型的なフレーズは苦もなく再生できるけれど、
メディアで口にされない言葉使いや用いられないロジックは、
そんなものがあることすら知らない。

ほとんど、「メディアの虜囚」と言って過言ではないほど、
メディアに知性も感性も、価値観も美意識も支配されている、
そんな20歳前後の学生たちへ向けた、メディア論。

いろいろ興味深かったのですが、
マスコミ志望の子もいるであろう学生たちへ向けて…という内容だからか、
主にテレビ・新聞の危機的現状を伝えながら、
最後は人間論のようになってしまっていたのが面白かったです。

曰く、
「この危機的状況を生き延びることのできる人と、できない人の間に
いま境界線がひかれつつあります。
それはITリテラシーの有無とは本質的には関係ありません。
コミュニケーションの本質について理解しているかどうか、
それが分岐点になると思っています。」

「今遭遇している前代未聞の事態を、『自分宛の贈り物』だと
思いなして、にこやかに、かつあふれるほどの好奇心を以て
それを迎え入れることのできる人間だけが、
危機を生き延びることができる。
現実から眼をそらしたり、くよくよ後悔したり、
『誰のせいだ』と他責的な言葉使いで現状を語ったり、
まだ起きていないことについてあれこれ取り越し苦労を
したりしている人間には、
残念ながらこの時機を生き延びるチャンスはあまりないと思います。」


かなりメディア論を離れたまとめだと思うんですけどhappy01
これって、どんな仕事をしていても言える話ですよね。

昔、糸井重里が、たぶんほぼ日で
「楽しくたって仕事はできる」
っていうことを書いていて、わたしすごく感動して!
自分の仕事上の座右の銘にしているんですけど、
それと通じるものがあります。

どの現場にいても、何の仕事をしても、どんな状況にあっても、
ヒットを打ち続けられる人間の性質というのは変わりないのかなー。

面白かったし、サクっと読めますよ。
同じ作者が出している中国論とアメリカ論も読んでみたいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

黒帯ですよ

先日、社内で同僚(フランス人)とぶつかりそうになり
ちょっと構えてみたbleahところ、

「wow! カラテ? ブラックベルト?」

「のんのん、少林寺拳法、ブラックベルト!
(↑高校生の時、道場に通って黒帯持っているのです)」

「wow! コワイネー!」

とかなんとか、ウィットに富んだ(?)会話が繰り広げられました。
そうか、黒帯はやっぱりブラックベルトなんですね…!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青いブーツを買ったよ


110115_200030_2

もともと、足元が暗くなるのが好きじゃなくて、
黒い靴は持ってないんですが、
青いブーツって難しそうですよねぇ。

しかし、試着してみたところ
木型がわたしの足とドンピシャだったらしく
完璧な履き心地!
歩くたびに、カカトに吸い付くようにフィット!

即決でお買い上げです。

おしゃれは知性よね!
何を合わせるかウキウキしながら考えますー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

機械探偵クリク・ロボット

機械探偵クリク・ロボット〔ハヤカワ・ミステリ1837〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)Book機械探偵クリク・ロボット〔ハヤカワ・ミステリ1837〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

著者:カミ

販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

■ミステリ史上に類を見ない名探偵の登場です-------------------
四角い頭に鋼鉄の身体、チェックのスーツを着こなし、
頭には小粋なチロリアン・ハット…
古代ギリシャの偉大なる発明家の直系の子孫、
ジュール・アルキメデス博士の発明になる
クリク・ロボットをご覧ください。
事件が起こるや、計算機としての能力を最大限に発揮し、
正確無比な方程式を立て、代数学的に謎を解くのです。
その冷徹な推理力の前に、解けない謎など
この地球上には存在いたしません。
広大な庭園で起きた殺人事件の謎を解く「五つの館の謎」と、
有名人の遺体を強奪した悪党団に挑む「パンテオンの誘拐事件」の
二大巨篇を一挙収録。
-------------------

バカミス好きの(?)Mっちに借りて読みました。
バカみたい(笑)な事件と推理!
クリク、かっこいいーhappy02

クリクにはいろいろな装置がついているのですが、
中でも「誤解ストッパー」が好きですねー!
狂言回しの刑事さんの推理が短絡的すぎやしないか、
というのが引っかかりますが
(事実、クリクの「短絡推理発見センサー」に引っかかっていた!
熊つ崎さんの“嘘アレルギー”に匹敵する
「なんだそりゃ!」的手がかりです。スバラシイ!)
昔ながらのゼンマイロボットが口から暗号を出したりして
絵的に可愛いです。そう、作者自筆らしい絵も和みますgood
面白かったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

大正イマジュリィの世界〜デザインとイラストレーションのモダーンズ

松涛美術館へ
大正イマジュリィの世界〜デザインとイラストレーションのモダーンズ
を観に行きました。
松涛美術館、初めて行ったのですが、
「行けば看板出てるでしょうー」と何も見ないで行ってみたところ、
駅から遠くて迷ったわーcoldsweats01
初めて行くところは、一度地図調べてから行った方がいいですよ、みなさん!

展示ですが、大正時代のイラストレ—ションの展示で、
この時代が好きな人にはおなじみの竹久夢二や杉浦非水は
やっぱり洗練されたモダーンズで、
その卓越したセンスに目を見張るばかりなのですが、
近年発見された小林かいちや今回初めて知った高橋春佳など、
当時名前の出ない企業デザイナー・図案家が、
これほどまでにカッコイイ! デザインを普通に行っていた、というのが、
今までにあった浮世絵センスと押し寄せてくる海外デザインが融合した
勢いのある時代だったんだなあ、と羨ましくなりました。
「名もない職人」のレベルが高すぎるのよ…!
この時代に、スーパーマリオみたいなドット絵があるんですよ!
コンピューターとかないのに! どういうこと!?

展示数は多くはないですが、
ゆったりとした展示スペースが心地よい
のどかな空間で、気持ちよかったです。
ご興味のある方はぜひ、足を運んでみてください。

あと、今年は大正100年なんだそうです。
なので、この時代の展示が多いかもで、期待していますheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

東京大神宮へ行ったよ!

3連休の初日。
友人たなぴと、縁結びで有名な東京大神宮へ行きました。
お昼に待ち合わせて、神楽坂のフレンチレストランでランチしてから
お参りに向かいました。

ちなみに、お店はココ。
FRENCH-DINING
[FRANCE]
FRENCH-DINING
JR飯田橋駅 東口 徒歩5分
〒162-0816 東京都新宿区白銀町12 白銀ビル1F(地図
ぐるなびで FRENCH-DINING の詳細情報を見る
※2011年1月10日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

かつてワタシが神楽坂に勤めていた頃に、
財布を忘れてしまい!慌てて会社に取りに戻った想い出のお店です。
支払いに戻ると、お店の皆が暖かく迎えてくれました…。
スタッフは外国人の方が多いですが、大らかで優しいです(笑)。

さてさてお参りは…、
1月2日に、東京大神宮に行った友人から
「今、1時間半待ちだよー!」とメールがきていたので
ある程度の混みを覚悟して行ったのですが、
松が明けてからだったからかな、
混んではいたけれどそんなに並ぶこともなく
20分くらい待ちかな?
わりとスムーズに参拝&おみくじ引けました。
縁結びみくじっていうのを引いたのですが、大吉!
理想通りの相手が現れるそうですheart04やったあ!
まず、自分の理想を固めておかないとね…。
理想……おかねもち?enterうーん、考えます!

そして、夜は前にいた会社の同僚たちと新年会へ。
もう10年経つのですが、まだこうして集まれるのはすごいなー!

それぞれ、自分たちの今の生活をきちんと生きていて、
みんなが集まった時には一生懸命楽しく過ごす、
うん、大人の集まりだーhappy01

昼はたなぴと「女度をアゲて行こうよ!」と誓いあい、
夜は男女の性差なくだらりと過ごし、
矛盾しつつも楽しい休日でしたgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

仕事初め!

今日から会社が始まりましたよ〜。
電車が空いてました〜。

今日は、実は勤務地が激近だったのんたんと
お休みで近くまで出て来たK太くんと
3人でしゃぶしゃぶランチに行きましたgood

場所はココ。昼休みに急いで食べたので、味はいまいち不明(笑)。
ボリュームは程よい感じで、OLのランチにちょうどよいかもです。
しゃぶ亭 KOBEYA
[しゃぶしゃぶ]
しゃぶ亭 KOBEYA
地下鉄銀座線外苑前駅 徒歩1分
〒107-0061 東京都港区北青山2-14-6 青山ベルコモンズ5F(地図
ぐるなびで しゃぶ亭 KOBEYA の詳細情報を見る
※2011年1月4日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

お正月らしくちょっと豪華なランチは、
底冷えがしていた社内で冷えきった身体が暖まり
幸せなお年始でしたheart04

また今年も一年、がんばりましょーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

あけおめ!

新年あけましたね!
お正月休みはどのように過ごしましたか、みなさん。

わたしは1日は鎌倉に行って、2日は浅草寺に行って、
3日の今日はみなとみらいの万葉の湯でまったりしてきました。
万葉の湯、超混んでました! びっくりしたー。

1月2日に決めた目標は叶いやすいとどこかで読みました。
今年の目標は、一応、英語力アップと収入アップです。
現実的ー(笑)!。

地に足をつけた生活をする、が大いなる野望です。

明日から仕事始まり、がんばりますよーup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »