« 街場のメディア論 | トップページ | ジャスミン食堂に行ったよ »

2011年1月17日 (月)

街場のメディア論 続き

先日読んだ「街場のメディア論」にて、
膝を打った箇所があったので追記。
書くの忘れてた。

前半で、学生たちにキャリア論を語っている箇所があるのですけど
---------------------
「みなさんの中にもともと備わっている適性とか潜在能力があって、
それにジャストフィットする職業を探す、という順番ではないんです」

「(キャリア教育の目標とは)与えられた条件の中のもとで
最高のパフォーマンスを発揮するように
自分自身の潜在能力を選択的に開花させること」

---------------------
これは、自分自身も含め、転職したいと考えているキャリア組にも
意識して欲しいことだなあ、と思ったのです。

結局、どこの会社に転職しても、
「この会社は本当にひどい」って言う人がいるんですよ、
従業員10人くらいの小さい会社でも、上場企業でも働いたことがありますが、
それはもう、どこの会社に行っても必ずいます。

で、どこの会社に行っても、すんごく仕事の出来る人っていうのも
いるわけです。
社内設備が整ってなかろうが、システムがなってなかろうが、
社内の雰囲気が悪かろうが関係なく
売上げを確実に伸ばす人、
仕事のボリュームが人より多いのにちゃんと定時で帰る人、
(↑もちろん仕事は誠実で、次の仕事もクライアントから指名がくる)
他の部署の業務フローまで作っちゃう人、などなど。
とにかく出来る人は環境に左右されないで出来ちゃってて。

会社の愚痴ばっかり言っている人は、
際限のない自分探しの旅に出る前に、
「与えられた条件のもとで、最高のパフォーマンスをする」
ということができているのか、意識して仕事をするべきだわね!
と感じているわけです。
いや、自分も含めて。がんばろう。

結局、どんな本を読んでも、強く反応するのは仕事論のところだわ、
と苦笑しつつ読んだのでした。

あ、メディア批判も納得できるものでしたので、おススメの本です。

|

« 街場のメディア論 | トップページ | ジャスミン食堂に行ったよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/38490089

この記事へのトラックバック一覧です: 街場のメディア論 続き:

« 街場のメディア論 | トップページ | ジャスミン食堂に行ったよ »