« 東京大神宮へ行ったよ! | トップページ | 機械探偵クリク・ロボット »

2011年1月11日 (火)

大正イマジュリィの世界〜デザインとイラストレーションのモダーンズ

松涛美術館へ
大正イマジュリィの世界〜デザインとイラストレーションのモダーンズ
を観に行きました。
松涛美術館、初めて行ったのですが、
「行けば看板出てるでしょうー」と何も見ないで行ってみたところ、
駅から遠くて迷ったわーcoldsweats01
初めて行くところは、一度地図調べてから行った方がいいですよ、みなさん!

展示ですが、大正時代のイラストレ—ションの展示で、
この時代が好きな人にはおなじみの竹久夢二や杉浦非水は
やっぱり洗練されたモダーンズで、
その卓越したセンスに目を見張るばかりなのですが、
近年発見された小林かいちや今回初めて知った高橋春佳など、
当時名前の出ない企業デザイナー・図案家が、
これほどまでにカッコイイ! デザインを普通に行っていた、というのが、
今までにあった浮世絵センスと押し寄せてくる海外デザインが融合した
勢いのある時代だったんだなあ、と羨ましくなりました。
「名もない職人」のレベルが高すぎるのよ…!
この時代に、スーパーマリオみたいなドット絵があるんですよ!
コンピューターとかないのに! どういうこと!?

展示数は多くはないですが、
ゆったりとした展示スペースが心地よい
のどかな空間で、気持ちよかったです。
ご興味のある方はぜひ、足を運んでみてください。

あと、今年は大正100年なんだそうです。
なので、この時代の展示が多いかもで、期待していますheart04

|

« 東京大神宮へ行ったよ! | トップページ | 機械探偵クリク・ロボット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/38416986

この記事へのトラックバック一覧です: 大正イマジュリィの世界〜デザインとイラストレーションのモダーンズ:

« 東京大神宮へ行ったよ! | トップページ | 機械探偵クリク・ロボット »