« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

「震災と日本」

AERA 4/4号。
養老孟司氏と内田樹氏の対談が読みたくて
初めて購入しました。
対談タイトルは「震災と日本」


内田先生曰く、
「東電は、『リスクヘッジをしない』ことによって
『リスクがない』ことを誇示しようとしていたのではないか。」


これは本当にありえる!
映画「ジョーズ」の例え話がわかりやすかったです。
どこでも、利益を優先させようとする人のおかげで
被害が広がっていってしまう。
手遅れになってからじゃ遅いんだー!


あと、養老せんせいのこの↓発言にも目から鱗!
「僕らが子どもの頃、ソ連やアメリカの核実験によって
放射能を含んだ雨は絶対に降っていた」


あぁ、そうですよね!
雨が汚染されてないはずないわー!

なんかね、震災に強い日本人…と諸外国で言われてますが、
放射能に対しても、メンタル的にだけじゃなくて
身体も強くなってるんじゃないかしら?と感じてしまいました。


ページ数が少ないので、問題提起で終わった感じでしたが
さすがに「ほほう、そうだよなー!」と思える箇所が随所にある、
読み応えのある記事でした。
面白かったー。

今、各誌で日本論が立ち上がっているでしょう。
何かこう、それが大きなうねりとなって、
実際の行動に結びつくといいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

塔の上のラプンツェル

ディズニー50周年記念作品、「塔の上のラプンツェル」を
観てきました。
オープニングのオールドミッキーが可愛い。

字幕版と時間が合わなくて吹き替え版を観たのですけど、
ラプンツェル役の中川翔子さん、超うまい!!
発声もはっきりして分かりやすいし、声による感情表現も豊かで
タレント声優の違和感がぜんぜんなかったです。
すごいよしょこたん。なんだか「さすが!」と思わされます!
何事もハンパな気持ちじゃやってないんだろうなー。

さて、初めてアニメ3D映画を観たんですけど、
広がる大空やきらめく水面、青々とした緑の表現が素晴らしく、
ラプンツェルの髪の毛もリアル。
さらにクライマックスのランタンを飛ばすシーンは
そこに集う人々の感情をも乗せて舞い上がり、観る者を圧倒します。
このシーンのためだけに、観に行ってもいいかも。
ただ、キャラクターの顔はちょっと怖い……。
眉の寄せ方とか…。イジワルそうに見えたりもする。
でも相変わらず、ディズニープリンセスは手の動きがとても優雅で
3Dになることにより、それが強調されていたような気がします。
とてもきれいな手でした。

話は、グリム童話のラプンツェルではなく、ディズニーでした。
「美女と野獣」とかの、ディズニープリンセスのお話の展開で、
ご都合主義ですが非常に単純明快で、素直に観れますよ。
休日、のんびりと過ごすのにはとてもいい映画だと思います。
女の子同士でもデートでも違和感ないし。
フライパンを武器に闘うところは、香港アクション映画のようで
小気味よかったです。

あと、エンンディングの手描き風イラストが
とーーーってもおしゃれ!可愛い!
ああいうテイスト、好き好き大好きですheart04
コンセプトワーク集とか出て欲しいなー。
欲しいなー……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

口蹄疫の宮崎も、支援

記事を読んでいて、涙が出ました。
あの、甚大な被害が出た宮崎から、トラックが!

口蹄疫から復興恩返し 農家自ら運転 物資運ぶ 宮崎・川南町

ケガもしてなくて、停電さえもしてないのに
パニック起こして買い占めに走る東京の人に、猛省を促したい。

そして、宮崎の子豚も食べなくちゃ…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

ボランティア、参加してきたよ!

支援物資の仕分けボランティア、参加してきました!
今回は、主にバザーで売るもの、被災地へ送るもの、
廃棄処分のもの、の3種に分けたのですけど、
規模が小さかったせいか、皆がやる気満々だったせいか、
はたまたバザーものは比較的ラフな仕分けだったせいか…
思ってたよりもずっと短時間で作業を終えました。

作業を単純化することと、フローの確立&周知、
そして指示系統を明確にすること、
これを、人は段取りと呼ぶのですね。
すごーく勉強になりました!

わたしが今日参加したのは県中小企業同友会さんの取り組みですが、
被災地に送れない古着などはバザーで換金して義援金とするそうです。

東日本大震災:ガソリン不足などで送れない衣類を換金、柔軟な発想で義援金に


町単位では、風邪薬100個とかカイロ10,000個、とかの
要望が来ているようなのですが、個人では到底送れないので
それは行政なり各メーカーさんに任せるとして、
例えば、貰ったまま使ってない贈答品のタオル、とか
スーパーのくじ引きで当たった景品の洗剤、とか
未使用で被災地に遅れそうなものが1個だけならあるー!という
家庭も多いと思うので、そういうのを集めて50個ずつ小さい避難所に運ぶ、
とかの地域レベルの取り組みができるようになるといいですよね。

この経験が単なる自己満足にならないように、
またできることがあれば参加したいです。
でも個人ボランティアってまだまだ受け付けてないんですよねー。
ひとまず地道に節電、そして買い置きストップ運動。
がんばろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

明日はボランティア!

やっと、長い一週間が終わりました。
つかれたよーsad

ノー残業になったし仕事量も通常と比べて少ないんですけど、
通勤時間が2時間越えると、たいへんストレスがたまって…
が、がんばれないかも…。

そうしてまた転職サイトをチェックして心を潤しつつ、
気を取り直して、明日は支援物資の仕分けボランティアに
行ってきます!

こっちはがんばってきまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

イメージを読む

学校の課題図書のこんな本を読んでます。
まだ途中なんですけど。

イメージを読む (ちくま学芸文庫)Bookイメージを読む (ちくま学芸文庫)

著者:若桑 みどり

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

amazonで日本語が読みにくい、との書評がありましたが、
わたしはそれは感じなかったです。
大学の講義をまとめた、喋り言葉だからかな?
養老孟司の「バカの壁」や内田樹の「下流指向」などと比べると、
たいへん読みやすかったです。
テーマの差? いや、言葉使いの差なのかも。。。

さて、昨年授業で習って興味を持ったイコノロジーの、
初心者向けの本。
こうして本で読むととても面白く、これだけ知識が膨大で
いろいろな絵が読み解ければ、
ヨーロッパのどの美術館行っても面白くてたまらないだろうなー!
と、以前ウフィッツィ美術館とバチカン美術館を連続して巡って
すっかり油絵に飽きてしまったわたしなどは、羨ましく思うわけです。

で、イコノロジー自体には研究テーマとしては
食指が動かないんですが、
この本の中に出てくる美術というものの考え方とか
ダヴィンチの思想とかにはとても興味があるし、
自分のテーマに必要な知識かもしれない…と
直感的に感じたので、もう少し別のイコノロジーの本も
読んでみようと思ったのでした。
課題図書の面目躍如。


「知るということの力は、まことにすごいものでした」


いやはや、まったくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

展覧会をつくる 一枚の絵がここにくるまで

教科書の合間に、こんな本を読みました。
字は大きめで一段組なので、サクッと読めます。

展覧会をつくる 一枚の絵がここにくるまで Book 展覧会をつくる 一枚の絵がここにくるまで

著者:足澤 るり子
販売元:柏書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

長年パリに住み、翻訳者兼アートコーディネーターとして活躍されている筆者の、
展覧会が開催されるまでにどれだけ影のスタッフに支えているか、
まさにタイトル通り、一枚の絵が美術館に展示されるまでの現場の生の声を、
一流のスタッフたちとの交流、そして東京に暮らす母との絆とともに
綴られた本です。

各スタッフや友人たちも、真摯で真面目な人しかり、
豪快で陽気な人しかり、それぞれとても生き生きと描かれていて、
筆者との関わりかたや距離の取り方に愛がある。
コミュニケーションの基本は、「人を好きになること」だとよくわかります。
さすがアムールの国…!

一流の仕事っぷりが書かれた本って大好きなんですけど、
今、美大で勉強している身としては、参考にしたい現場の声でした。
わたしは、学芸員資格取得を目指してはいないんだけど、
コーディネーターの仕事は、興味があるのですね。
(アートに限らず、人と人、人とモノを結びつける仕事には
とても魅力を感じます。だから広告が好きなんだな。)
それにはまず語学力だ…。と、自分の至らなさの反省もしたり……。


「展覧会とは、まず本物を発見し、これと対話する場所だったのだ。」
―――本文より


次に展覧会に行ったとき、対話するように味わいたい、と
強く感じさせてくれた本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間ぶりの会社だよ!

社会復帰!
一週間ぶりに会社に行ったのですが、
朝の電車がもーーーんのすごい混みようで、
ひさびさに通勤で気持ちわるくなったよ…。
でも負けません。

会社も、通常業務に加え震災支援のプロジェクト企画で
あっちもこっちも大慌て。
でも負けません。

おまけに節電で暖房付けない(or温度設定がとても低い)ので
冷え性のわたしはダウン着てパソコンに向かってました…。
でも、負けません。

合言葉は、「被災地の人に比べたら、こんなのなんてことない!」


電車が各駅停車しか運行しなくなり、通勤時間が増えたので
通勤の間にかなり教科書を読みこめるようになりました。
怪我の功名ってやつですか!good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

紹介:みんなで分け合えば、できること。

今さらですが、404blog not findさんのところからの拡散支援です。
素晴らしい。

Pos

トイレットペーパー12ロール→トイレ1,000人分

ガソリン10リットル→ケガ人を搬送4人

パン1斤→食事1家族分

ガスボンベ1本[カセットコンロ]→あたたかいごはん10人分

おこめ5kg→おにぎり120人分

電池1個→ラジオ100人




印刷用PDFはこちら

レジ横に!会社に!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

三崎港、まぐろ漁船に救援物資

今、このニュースみた!
がんばれーー!

  • 三崎港 まぐろ漁船に救援物資
  • 現地での移動用に、自転車も積み込んでるらしい。
    海の男たち、頼もしいー!

    明日出発なんですね、
    スーパー晴れ女の名にかけて、
    接岸する日は最高に快晴になるように祈ります!!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    津波あと_地域学

    今日は一日レポート書いてたので、
    腰が痛いーですsad

    地域学の教科書を読んでいたら、
    今の状況で言われるとすごく安心!な個所がいくつもあって
    たいへんびっくりしました。

    一例:
    津波が起きたあとの湾内は、壊れた生態系を元に戻そうとして
    各種生物が競い合って増殖するので、漁獲量が上がるんだそうです。
    うわぁ!
    今後いっぱい水揚げされたら、東北の魚いっぱい食べますよ!

    レポートは、とりあえず一気にガーーっと書いたのですが、
    また横浜への愛情あふれる地元自慢に。
    …でもさ、課題がさ、自分の居住地の分析と考えだからさ…。

    読み直して書きなおし、がんばります!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月18日 (金)

    避難所確保情報、あれこれ

    今日、献血ルームに行ったらすんごい混んでて、
    しかもわたしの体重だと成分献血しかできないというので。
    (今、足りないのは400ml献血なので)あきらめて帰りました。
    土日もやっているので、しばらくしてからまた行きます。

    さて、神奈川県では、被災者避難場所を確保したそうです。

  • 東日本大震災:一時避難所は県内で240カ所確保、最大で6万5400人収容/神奈川

    でもこれ、読んだ限りでは県立武道館とか体育館なんですよね。
    一読して思ったのは、
    「それじゃ寒いsnow!そして痛いbearing !!」

    地震当日、会社のスタジオに段ボール敷いて泊まった
    わたしの経験からいうとですね、
    床が固くて冷たいところは、たとえ暖房付けて寝ても、足先が寒くなります。
    そして、起きたあと肩とか腰が痛くて、エアコン付けっぱなしの為
    モーレツに喉が渇きます。
    節電するならば、毛布だけじゃ切ないです、布団がないと。

    そしてやはり、プライベート空間の確保をしてあげて
    ほしかったな、と思うのです。
    市営とか県営の団地とか、空いてなかったのかな。
    それも含めてのこの数なのかな、わからないですね。

    大阪府の疎開作戦はすごくしっかりしていると思うんです。

    こういうのを比べてみると、やっぱりわかりやすいキャッチフレーズ&
    PRの仕方って大事だなあ、と感じます。
    (もちろん中身あってこそですけど)

    各自治体、できることを精一杯やっていたとしても、
    人々に疑問&不安が残ったら
    今後の活動にも差しさわりがありますもんね。

    伝える技術…自分としてもこれから向上していかなければいけない分野です。
    がんばろう。

  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月16日 (水)

    災害支援・援助、わたしたちにできること

    みなさん、お元気で過ごしてますかー。
    今日、また地震がありましたね。
    地震には耐性がついてるけど、津波と放射能は怖いなあ…。
    でも、引き続き警戒しつつ、元気に前向きに
    過ごしていきましょうー。

    行政の派遣チームに入ってる友人ひぐっちさんに
    今、何が現場では必要なの?と質問したところ、

    何もかも足りないけど、
    各地から警察、消防、上下水道、電気、ガス…
    それが終わってから土木建築、と、
    専門家チームが派遣されて頑張ってる!
    まずは募金。
    個人のボランティアや救援物資はかえって混乱するので、
    各自治体の受け入れ態勢が整ってからにして欲しい、とした上で
    このような ↓お返事が。許可を得た上で転載しまーす。

    -------------------------------------
    そしてもっと先の話ですが、
    前向きに復興に励んでいる現地との交流を持っていただきたいです。
    インフラや物の復興よりも「心と地域の自身の復興」のほうが
    時間と労力がかかります。
    残された人たちがもう一度ふるさとを取り戻す気力のため、
    互いの心を通わせる笑顔を送り続けることが、
    日本の震災援助でもっとも欠けていることです。
    中越は今もこの件で戦い続けています。
    そうでないと、日本の農業漁業は予想値以上の
    ダメージを受けるでしょう。
    米も魚も輸入。TPPで自国の食料管理という
    最低限の危機管理もできなくなるでしょう。

    喉元すぎてからの支援についても、
    頭の隅に置いてくれる人が一人でも増えることを願っています!
    -------------------------------------

    以上、ひぐっちさんからでした。
    彼女の派遣先は岩手だそう。
    怪我しないよう、雪が降らないよう祈ってます!
    (わたしは超晴れ女ですが、彼女は超雪女なのです…心配)

    というわけで、長い目で見ての支援策…。難しいですが、
    混乱が治まってからは、東北のものを買うといいと思います。
    現地の産業復興、現地での仕事を作ることが大切かと。
    風評被害もあるだろうから、あまりマスコミに煽られず
    落ち着いて買い物したいものですね。
    魚は当分難しいのかな? 牛肉? と
    「ままどおる」と「萩の月」、 食べまくる!

    今のところは、個人でできることは
    募金と節電、要請があったら献血ですね。

    会社で、支援策のアイデア出しのメール会議が始まりました。
    海外の偉い人から何通も激励メールが届き、
    本当に有り難いことなのですが、
    いちいち翻訳するのに手間がかかって教科書読むのが
    なかなか進みません。
    今週ほど、英語力の必要性を感じたことはないです。。。

    会社としての支援の取り組みって難しいですね。
    休み中に考えます…。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月15日 (火)

    オフィスクローズ!

    大事をとって…ということで、一週間休みになりました。
    外資だから? 経営陣が地震に慣れてないから??
    余震で寝不足だし、身体は助かるんですけど、
    経済活動が麻痺すると困るよねえ。
    うーん。。。

    遊びに行くのもはばかられるし、
    ひきこもって勉強してます…。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月14日 (月)

    本日は自宅待機

    今日、起きたら横浜駅が大混乱のニュースが。
    昨日のうちに、月曜はオフィスをクローズという英断をした
    経営陣に感謝!

    でも、あんまり経済活動が停滞しちゃうのもよくないし。
    (稼げるところが稼がなかったら、寄付もできないから!)
    なんとか安定して欲しいものです。

    とりあえず、今日は部屋の片付けを続けます。
    みなさまもお気をつけて。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月13日 (日)

    できることを、少しずつ

    今日、上司からメールがきましたです。
    みんな無事でーす!paper

    朝帰りした電車でも、乗客みんな疲れ切っていたようだけど
    足の悪い人に席を譲ってるらしきおばちゃんを目撃しました。
    助け合いの心を持った礼儀正しい日本人気質を垣間見て
    ウルっとしました。
    こういう時ってほんと、人間性出ますよね。

    今日は、鎌倉八幡宮でみんなの無事の感謝と、
    これ以上被害が大きくならないようにお祈りしてきましたよ!
    八幡宮でおみくじひいたら凶で!
    悔しくて本覚寺でまたひいたら大吉でした。やったあgood

    そして、yahoo基金を見てみたらあっと言う間に4億越えてびっくり!
    わたしが昨日の19時頃に募金した時点では、
    7千万円くらいだったのに!
    わずか一日で、3億ちょっと集まっちゃったんですね。
    これで、孫さんがポケットマネーから2億くらい
    ぽーんと出してくれれば、株もあがるかもですね。

    で、何かできることはないかしら、と思っていたら
    こんなサイトを見つけました。
    西日本の私たちができること

    それによると、協力は基本「要請されてから」のスタンスが好ましいそうです。
    ・個人で物資は送らないこと。(仕分けに膨大な時間と労力がかかる)
    ・献血は、呼びかけがあってから(血液は生ものなので、
     いっぺんに献血されても保存しきれない)
    ・節電自体はいいことだけど、そんなに焦らないで!
    ・やっぱり、モノより金!!

    だそうです。
    とりあえず募金をして、
    公的機関から
    「血が足りない!」と言われたら献血、
    「毛布が欲しいよ!」と言われたらしかるべき団体へ寄付、

    という支援の仕方がいいみたいです。
    節電は…、輪番停電が発表されましたね。
    何かの時のために、懐中電灯と湯たんぽがあるといいのかな。
    足が暖かいと眠れるので。

    まずは自分の生活を、明るく前向きに!
    そして無理をせずできる範囲で災害協力していきましょうねhappy02

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    鎌倉にきました。

    本殿の前の桜はほぼ満開。
    110313_140034_2
    鎌倉は人は少なく、落ち着いていたけれど
    白無垢の花嫁さんがいましたよ!

    地固まって、幸せになってほしいですね!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月12日 (土)

    大地震

    みなさん、大丈夫ですか!?
    家族や友人、知人はひとまず無事のようですが、
    歩いて帰った人たちは足腰がガクガクみたいです。
    みんな、ゆっくり休んで!
    できるだけ、一人にならずに、食べられる時にご飯をガッツリ食べて、
    しっかり眠って、暖かくして過ごしてくださいね。

    わたしは、会社に泊まって朝帰り組でした。
    夜中に電車が復旧したので帰ろうと思えば帰れたのですが、
    派遣の子とか、パニック症の発作を起こした子とかが
    帰れずに残ってるのを置いて帰るわけにもいかず、
    一緒に朝まで残りました。
    朝には皆、帰宅の目途がついたので良かったです。

    友人の建築博士ひぐっちさんは、倒壊判断のために
    初期派遣隊のひとりに任命されたとのこと。
    現場は想像以上に大変でしょうが、身体に気をつけてがんばってきて!

    わたしは被災地の方々には、心と体の無事を祈ることしかできませんが、
    とりあえずyahoo募金をしましたよ。

    yahoo基金

    募金じゃなくてもいいんだけど、
    みんな、できることから始めましょ!
    となりに座ってる人が辛そうだったら、「大丈夫だよ」って言って
    背中なでてあげるだけでもいいと思うの。
    できることから!
    亡くなられた方のご冥福と、被災された方の今後の無事を祈ります。
    早く立ち直ることができますように。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月 9日 (水)

    パンダだらけ

    パンダ好きを自認する身としては、
    買うべきかまだ我慢するべきか迷います。

    エポック社 バランスゲーム パンダだらけエポック社 バランスゲーム パンダだらけ
    販売元:ハウズ
    ハウズで詳細を確認する

    一匹一匹の表情がやたら可愛いんですよーー!
    迷うなあ………bearing

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月 6日 (日)

    幸福を見つめるコピー

    デザイン論の教科書が、あまりにもポエムで読みづらく、
    それならば似たような本を読もう、と買ったデザイン論の本は
    専門用語の羅列で頭に入らず、なんなのよーもうー! と
    トホホな気持ちで手に取ったまったく毛色の違う本。
    でも読んで元気になった!wink

    幸福を見つめるコピーBook幸福を見つめるコピー

    著者:岩崎俊一

    販売元:東急エージェンシー
    Amazon.co.jpで詳細を確認する


    「人を動かすこと」を目的とした広告コピーですが、
    さまざまな人生を見つめ、切り取った言葉たちは何と胸に響くことか。
    やっぱり、自分の内へ内へと向かう文よりも、
    「人が好き」な人が書いた文の方が心に響くなあ、と思ったのでした。


    「やがて、いのちに変わるもの。」

    「人は、貧しいという理由で死んではいけない」

    聞けば、「あっ、知ってる」と思う名作キャッチですが、
    ボディコピーまでじっくり読むと号泣です。

    今、自分がweb業界の片隅にいることもあり、
    ともすればマーケティング部で出した世代別の傾向データとかに
    思考がひっぱられがちなので、
    偏ったデータやバーチャルの情報だけで
    「人ってこういうものよね」と思い込まないように
    いつも、人は皆、その人なり人生を生きているのだ、ということを
    意識していようと心がけているのですが。

    岩崎さんのコピーは、さまざまな立場の人たちの
    ふとした幸せや、ざらついた物思いなど、
    日々の営みの中から生まれる悲喜こもごもの感情をすくい取って
    それを読むワタシの足もともしっかりと地につけてくれます。
    今年のわたしの目標だからさ、「地に足をつける」coldsweats01

    やっぱり、第一線で闘ってきた人の言葉は強いなあ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2011年3月 3日 (木)

    歓送迎会!

    今日は社内で歓送迎会がありましたよー。
    一応、社内共通語は英語なのですけど、
    日本語でスピーチしてくれました。
    ありがたいーshine
    外国籍の人たちは、きちんとした日本語を習ったみたいで
    言葉使いがとても丁寧。
    すごいなあ…。
    わたしも頑張らないとです…。
    頑張ります……。

    ワインwine飲んで、ほろ酔い気分のまま
    ちょっと残ってた仕事をすませました。

    …明日、きちんとチェックしなくちゃ…

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »