« オフィスクローズ! | トップページ | 避難所確保情報、あれこれ »

2011年3月16日 (水)

災害支援・援助、わたしたちにできること

みなさん、お元気で過ごしてますかー。
今日、また地震がありましたね。
地震には耐性がついてるけど、津波と放射能は怖いなあ…。
でも、引き続き警戒しつつ、元気に前向きに
過ごしていきましょうー。

行政の派遣チームに入ってる友人ひぐっちさんに
今、何が現場では必要なの?と質問したところ、

何もかも足りないけど、
各地から警察、消防、上下水道、電気、ガス…
それが終わってから土木建築、と、
専門家チームが派遣されて頑張ってる!
まずは募金。
個人のボランティアや救援物資はかえって混乱するので、
各自治体の受け入れ態勢が整ってからにして欲しい、とした上で
このような ↓お返事が。許可を得た上で転載しまーす。

-------------------------------------
そしてもっと先の話ですが、
前向きに復興に励んでいる現地との交流を持っていただきたいです。
インフラや物の復興よりも「心と地域の自身の復興」のほうが
時間と労力がかかります。
残された人たちがもう一度ふるさとを取り戻す気力のため、
互いの心を通わせる笑顔を送り続けることが、
日本の震災援助でもっとも欠けていることです。
中越は今もこの件で戦い続けています。
そうでないと、日本の農業漁業は予想値以上の
ダメージを受けるでしょう。
米も魚も輸入。TPPで自国の食料管理という
最低限の危機管理もできなくなるでしょう。

喉元すぎてからの支援についても、
頭の隅に置いてくれる人が一人でも増えることを願っています!
-------------------------------------

以上、ひぐっちさんからでした。
彼女の派遣先は岩手だそう。
怪我しないよう、雪が降らないよう祈ってます!
(わたしは超晴れ女ですが、彼女は超雪女なのです…心配)

というわけで、長い目で見ての支援策…。難しいですが、
混乱が治まってからは、東北のものを買うといいと思います。
現地の産業復興、現地での仕事を作ることが大切かと。
風評被害もあるだろうから、あまりマスコミに煽られず
落ち着いて買い物したいものですね。
魚は当分難しいのかな? 牛肉? と
「ままどおる」と「萩の月」、 食べまくる!

今のところは、個人でできることは
募金と節電、要請があったら献血ですね。

会社で、支援策のアイデア出しのメール会議が始まりました。
海外の偉い人から何通も激励メールが届き、
本当に有り難いことなのですが、
いちいち翻訳するのに手間がかかって教科書読むのが
なかなか進みません。
今週ほど、英語力の必要性を感じたことはないです。。。

会社としての支援の取り組みって難しいですね。
休み中に考えます…。

|

« オフィスクローズ! | トップページ | 避難所確保情報、あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/39252737

この記事へのトラックバック一覧です: 災害支援・援助、わたしたちにできること:

« オフィスクローズ! | トップページ | 避難所確保情報、あれこれ »