« 茅ヶ崎のMOKICHIに行ったよ | トップページ | フェルトスイーツ »

2011年4月 3日 (日)

生誕100年 岡本太郎展

生誕100年 岡本太郎展に行ってきました。
(2011年3月8日~5月8日|東京国立近代美術館)

入り口には、TAROオブジェのガチャガチャ(by海洋堂)が!
「一回につき5個までにしてください」という貼り紙まで。
コレクターがいるのかしらー。

作品が一堂に会したのを見渡すと、
やはりパワーのある人だったんだなあ…、と
その作品に込められた熱気にあてられっぱなしでした。

太郎語録(?)が展示してあるスペースもあって、
そこでは金髪カップルが
「えー?そこまで言っちゃう?」
「パンクだねえ、あははは!」
と大爆笑していて、
その光景は、岡本太郎の孤独な闘いを表しているようでしたよ。

しかし、展示をじっくり観ている親子のなかには
「(解説文を読んで)
前の絵で、勝手に意味を決められたのが嫌で、
この絵を描いたんだって。
いろんなものが描かれているでしょう。
観る人が好きなように解釈していいのよ。
この絵を観て、何を感じる?」
と、丁寧に説明しているお母さんもいて、
子どもはそれを聞いて一生懸命考えていて、
既成概念にとらわれない自由な発想の子どもが
増えるといいなあ、と暖かい目で見守りました。

感受性の強い人は感じるものがありすぎ、
弱いひともそれなりに面白い展示だったんじゃないでしょうか。

ミュージアムショップでは太郎格言集が
売れていたように見えました。


「逃げない、はればれと立ち向かう、それがぼくのモットーだ」

でっかいなーー! 
晴れ晴れと立ち向かう。
それはもう、弱った時の道しるべにしたいものですよ!

強く生きる言葉Book強く生きる言葉

著者:岡本 太郎,岡本 敏子

販売元:イーストプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 茅ヶ崎のMOKICHIに行ったよ | トップページ | フェルトスイーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/39478768

この記事へのトラックバック一覧です: 生誕100年 岡本太郎展:

« 茅ヶ崎のMOKICHIに行ったよ | トップページ | フェルトスイーツ »