« 加賀料理 三ツ橋 | トップページ | てをつなごう だいさくせん »

2011年4月17日 (日)

博物館でお花見を

東京都博物館「博物館でお花見を」展へ行ってきました。

毎年この季節のみ開放される庭園と、
本館で開催されている「桜」をテーマにした名品の数々の展示のセット。
庭に咲く桜、絵画や焼き物に咲く桜を眺め、
この季節ならではの日本の美を堪能する企画です。

本日は最終日だったにも関わらず、
地震の影響からか? お庭も本館も人が少なく、
ゆるーりまったり、桜花の美しさを堪能しましたよー。

お庭ではほわほわの八重桜が満開、
ソメイヨシノはもう葉桜になっていてピンクと緑のコントラストが春らしく
本館の展示では、お花見の浮世絵に桜柄の着物、桜デザインのお茶碗…
などなど。
一堂に会してみると、桜の意匠がすごく可愛くて可愛くてheart04
桜柄のワンピース欲しいーー! と買い物に出かけたくなりましたよ。
(でもいまからじゃ季節外れか…)

桜づくし、どれもこれもかっこ可愛く、日本ていい国だなー!
と思いを新たにしたのでした。
あと、安土桃山時代に描かれた絵に比べると、
江戸時代の絵って色彩や線が鮮やかに残っていて
200年くらいだったらごく最近、みたいな気になっちゃいます。

博物館の常設展は埴輪や土偶から始まります。
二千年前の造形物が残っているんだもの、
美術史って奥が深いな……。

|

« 加賀料理 三ツ橋 | トップページ | てをつなごう だいさくせん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/39649786

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館でお花見を:

« 加賀料理 三ツ橋 | トップページ | てをつなごう だいさくせん »