« レポート中 | トップページ | ヒルトン小田原に行ったよ »

2011年5月 6日 (金)

天空聖龍 9

いやはや、レポートを書き上げましたのらー。
今月4本の予定が、2本しか送れなかった…。とほほ。
GWでこれじゃあ、これからの学習生活に不安が残るです…。

それはそれとして、ムリヤリ完成つながりで、
山口美由紀の「天空聖龍」が完結しましたよー。

花ゆめよりも少しおねいさん雑誌だからか、
少々物悲しい感じの、手放しの大円団ではないエンディング。
これが大人になるっていうことなのでしょうか。
いや、面白かったのですけど。

わたしとしては、この作者の「ドラゴン・ナイト」や「春告げ小町」のような
「ごん太(ぶと)女子が、へなちょこ男子を叱咤し、支え、そして共に生きて行く」
というお話がたいへんたいへん好きなもので、
ちょーーーっと、長(中?)編漫画の完結としては物足りなかったです。
いや、面白かったんですけど。
ヒロインのカナンが、もう少しごん太だったらなあ…catface

ところで昨日読み返した川原泉の「ブレーメンⅡ」の悪役側と
・悪いクスリにハマって、自分の意志ではもう抜け出せない下っ端
・自分の行動で破滅していく親玉
という部分が(ステレオタイプとはいえ)見事にシンクロしていて、
「こんな環境でなければ、普通の生活ができたのに…」weep
と、悪役サイドに涙。

悪役の描き方も、上手いのですよね、山口美由紀。
その安定した画力といい、「人を見る目」が本当に豊かなのだなあ、と思うのです。
なんにせよ、きちんとまとめて終わらせてくれる、安心して読める作家さんです。
次の連載が楽しみでーす!

|

« レポート中 | トップページ | ヒルトン小田原に行ったよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/39886854

この記事へのトラックバック一覧です: 天空聖龍 9:

« レポート中 | トップページ | ヒルトン小田原に行ったよ »