« 非地デジ化 | トップページ | 知らぬ間に地デジ化 »

2011年7月25日 (月)

コクリコ坂ってどうですか?

宮崎駿アニメは大好きなのですが、
ジブリといえども「耳をすませば」とか「おもひでぽろぽろ」とかは
あまり好きではなかったわたしにとって、
吾朗氏だし少女漫画原作だし、という「コクリコ坂から」は
もう本当に面白くなさそうだなーーー!
と思うのですけど、
舞台が横浜なので観なければいけない気もします。
どうしようー。
学割効くから観とくかな…。


原作者の高橋千鶴さんは、絵がかわいくて、当時の「なかよし」でも
好きな作家さんのひとりでした。
この「コクリコ坂から」は覚えてないのですけど、
年下の番長(昭和…笑)の優男としっかり者?のヒロインの話
「GOOD MORNING メグ」と、
乗馬部の部長に恋した、病弱だけど前向きな女の子の話
「きゃらめるフィーリング」が大好きでした!

しかしマンガって、その時代の空気感を如実に表わすメディアですねー。
特に少女漫画は、主人公たちのファッションなども相まって
時代観があらわになってて。
文化研究という意味でもおもしろいです。

コクリコ坂から Book コクリコ坂から

著者:高橋 千鶴
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 非地デジ化 | トップページ | 知らぬ間に地デジ化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/40942053

この記事へのトラックバック一覧です: コクリコ坂ってどうですか?:

« 非地デジ化 | トップページ | 知らぬ間に地デジ化 »