« 横浜関内ハシゴ飲み | トップページ | 濱コン申し込んだよ »

2011年8月17日 (水)

日本画どうぶつえん

山種美術館「日本画どうぶつえん」に行ってきました。

近代日本画が多く、だいたい明治~昭和の作家さんが多かったです。
(柴田是真とかもありましたが)
江戸時代の絵も数点あったのですが、比べてみると、
「どうぶつ」への関わりかたが身近になっているのがよくわかります。
江戸時代の動物の絵は、少し神がかっているというか
「畏怖するもの」として描いていて、
愛らしさを強調するように描いているのは最近になってからなんですね。

そんな近代日本画の中の動物たちも、やはり
生命力の象徴っぽくて、
たとえば同時代の女性を描いたものとかと比べて
力強く、生き生きと描かれています。
面白かったー。

今回見たかったのは竹内栖鳳の「班猫」(重要文化財)。
竹内栖鳳、あんまり連続して見たことはなかったのですが、
この企画展ではけっこう作品が出ていて、
「動物を描けば、その匂いまで描く」と言われた
京都画壇の王様の技をじっくりと見ることができました。

なんかこう、すごく安定感があって、「正しい」絵でありながら、
優等生的なつまんなさもなくて、すごーーーく安心する絵です。
ささっと描いたデッサンみたいな絵なんかは
一枚の書のようです。
もっと見てみたいなー。

あとは白熊(西村五雲)がすごかったです。
洋画の影響を受け始めたころの絵だと思うのですが、
野性性と毛のモフモフ加減のバランスが素晴らしい。
写真よりも本質をつかんでいるかんじ。

後世に名が残る人の作品は魂が宿ってるなー。

110817_1538551
入口に、大きな白熊のぬいぐるみがあり
一緒に写真が撮れますhappy01

|

« 横浜関内ハシゴ飲み | トップページ | 濱コン申し込んだよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/41250902

この記事へのトラックバック一覧です: 日本画どうぶつえん:

« 横浜関内ハシゴ飲み | トップページ | 濱コン申し込んだよ »