« 日本語と神道 | トップページ | 横浜関内ハシゴ飲み »

2011年8月11日 (木)

ひらがなで読めばわかる日本語

先日読んだ、やまとことばの本が面白かったので
類書のこんな本を買ってみました。

ひらがなでよめばわかる日本語 (新潮文庫) Book ひらがなでよめばわかる日本語 (新潮文庫)

著者:中西 進
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これもまた、パラパラとしか読んでないのですが、
筆者は稀代の万葉学者とのことで
古語から現代語への変換が自然に頭に入ってきます。
博識な人と話しているとよく感じる、
「ああ、そうなのねー」とすんなり納得してしまうかんじ。
(「なんで?」「なんで?」と疑問に思う隙がないというか)

「芽」と「目」、「花」と「鼻」、「実」が二つで「耳」。
顔の中に、植物の成長過程、あるいは部分の名前が入っている。
それは偶然ではなく、根拠のあること。

とか、

「曖昧な日本人」などの「曖昧」は、漢字にしかない言葉、
すなわち、外来語だそう。
古代の日本人は、自分たちのことを「曖昧」だとは思っていなかった。
同様に、外来語を日本語だと思っている例がいっぱいある。

とか、

「自然」という言葉が、いわゆる「ネイチャー」を
意味するようになったのは明治以降。

だとか。

言葉は生き物だって、本当ですねえ!
現代では常識だと思われていた言葉が、
さまざまな変化の末のことだと思うと、
万事に対して「そんなの当たり前じゃん!」とか
「普通は~~でしょ!」とか言えなくなるです。
変化を受け入れるって大事ですねえ。

民俗学者の柳田国男は、「どんな字を書くの」と尋ねることを
「どんな字病」と名付け、警告していたそうです。
わたしもけっこう、「どんな字病」だなあ。
もっとありのまま受け入れて生きていかないと!

やまとことば本、あと何冊か類書があったら読んでみたいですー。

|

« 日本語と神道 | トップページ | 横浜関内ハシゴ飲み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24966/41162008

この記事へのトラックバック一覧です: ひらがなで読めばわかる日本語:

« 日本語と神道 | トップページ | 横浜関内ハシゴ飲み »