« 2011年8月 | トップページ

2011年9月10日 (土)

東北に行ってきましたよ!

仙台で新幹線を降りて、そのまますぐにバスに乗り
秋田で泊まり→岩手の平泉観光→福島の郡山から帰りの新幹線
と、移動の多い旅でしたが、車窓からの景色が本当に
見渡す限り黄金色の稲穂が輝く田畑で、
ああ、日本の食を支えている土地なんだなあ、と
実感しましたよー。

日本の原風景を、守っていかなくちゃいけないよね。

Dscf2672
なまはげ伝説発祥の地・真山神社の、なまはげが降りてくる階段。
なまはげは、山から降りて来て人々の邪気を払い、
神さまへのお供えものを持ってまた山に帰るそうです。
なまはげ伝説はなぜ生まれたのか、きちんと調べてみたいです。

Dscf2679
慈覚大師のお手植えと伝えられる、
樹齢千年の榧の木巨木。
実が成ってました。まだちゃんと生きてるんですねえ。

Dscf2689
寒風山(冬は寒いのでしょうね…)から眺める展望。
パラグライダーの人たちも来ていました。
気持ち良さそう〜〜〜!

Dscf2661_2
昼は田舎そばを食べたよ。
どんだけそば好きだ、わたし。

Dscf2699
毛越寺の、極楽浄土の庭園。

中尊寺はすごく見応えがあって、でも時間がなくて
写真撮れなかった!
本堂の運慶作(といわれている)本尊を見たかったのですが、
ご本尊が遠ーーーくに置かれていてよく見えなかった!
残念ー(≧ヘ≦)!
金色堂の螺鈿がすごかったです。キラキラキラキラ!

平泉は、中国を模さずに初めて作られた
「全ての人に光を」という極楽浄土を元にした
日本オリジナルの都市だそう。
それが世界に認められたのが喜ばしい。
お昼を食べた食堂のスタッフさんが、
「世界遺産登録されてから、ものすごく観光客が増えて、
わたしは家でのんびりしていたのに駆り出されてるのよー」
と、嬉しげに話していました。
なんだか、すごくほっとした…(ノ_-。)

いずれにしても、日本史と日本美術史と東北民俗学を
きちんと勉強しなおしてから、
そして高橋克彦の「炎立つ」を全巻読みなおしてから
もういちどじっくり行きたい土地でありました。

東北に行くのならば、やはり被災地をこの目で
確認しておかなければいけないと思うし、
また行かなくちゃなのです!

| | コメント (316) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

平泉に行ってきます

あさってから、1泊で東北の世界遺産・平泉に行ってきます。
はじめてなので、わくわく☆

母と一緒なのでツアーなのですが、
夕飯のとき、なまはげショーを見るらしい。
落ち着かない…笑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ